動画で訪問看護を分かりやすく身近に | 医療映像.jp

DUMMY

動画で訪問看護を分かりやすく身近に

人は、病気や障がいを抱えてしまったとき、まず「しばらく入院しなければならない」と考える一方で、「それでも住み慣れた家で暮らしたい」という思いや希望を持つ利用者は多くいるのが実情です。そしてそれを実現してくれる医療サービスが、「訪問看護」です。この訪問看護の利用者数が増加するにつれ、訪問看護師の数や訪問看護ステーションの数も、増える傾向にあります。このニーズをさらに増幅させるためには、動画の活用が欠かせません。今回は、訪問看護と病院看護の違いから、具体的なサポート内容、訪問看護の利用方法から、動画の活用法までを、詳しく解説していきます。

①動画で分かる訪問看護と病院看護の違い

訪問看護とは、看護師が利用者の自宅を訪問し、担当医の指導や連携のもとに看護を行うサービスのことを意味します。勿論、病や障害があっても利用できるので、治療に必要な医療機器を使用しながら、サービスを受けられます。訪問看護は、住み慣れた自宅で生活をしていきたいと考える患者にとって、まさに最高の療養生活であると言うことができます。

病院看護は、担当医や看護師が常駐し、利用者との距離も近いことから、万が一患者の容態が急変したときであっても、すぐに対応することの可能なサービスになります。診療に必要な医療機器や設備の全てが揃う病院は、利用者にとっても大変快適な環境であるわけですが、訪問看護を望む利用者の多くは、他の利用者との距離間などへの不安を感じていたり、そもそも病院が苦手であるというような理由も見受けられるのです。

敢えて病院ではなく、より開放的でリラックスすることのできる自宅を選ぶ利用者の増える現代であるからこそ、動画を活用した訴求法が効果的です。訪問看護の利用者をさらに増やしたいというときには、こうした訪問看護と病院看護の違いに関する内容の動画を作成し、病院看護との比較を行っていくことによって、訪問看護の価値を高めていくこともできるのです。

②訪問看護の支援内容を映像化

訪問看護の支援内容は、具体的には健康状態のアセスメントから日常生活全般の支援、精神面での支援や医療的ケア、また利用者家族などの介護者にあたる人々の相談に乗ったり、病状悪化防止のための予防的看護を行ったり、認知症患者や精神障がい者の看護や、重度障がい者の看護、リハビリテーション分野の看護や、社会資源の活用支援や、エンドオブライフケアなど、実にさまざまな領域から、利用者を全面的に支援していきます。

担当医との強固な連携により、利用者の理想通りの訪問看護生活を実現していくこのサービスは、今後さらにニーズの増える分野であると言えます。上記の支援内容は、情報を知る方の中には、内容が少し複雑であると感じるような情報もあるかもしれません。そうした情報解説のときに、映像の活用が有効です。言葉だけでは分かりにくい情報も、映像化をすることにより、ストレートに分かりやすく伝えることが可能となります。映像は、自宅で視聴することも容易ですので、訪問看護を望む利用者やその家族にとって、まさに相応しい伝達方法ではないでしょうか。

また、多くの疾患の中でも、神経系の疾患や、結合組織系の疾患のために訪問看護を利用する利用者は、どうしても訪問看護が必要である理由を持つケースも多く存在します。訪問看護師は、そうした個々のセンシティブな疾患を持つ利用者にも十分対応できるため、この訪問看護サービスのために行っている日々の配慮など、そうした詳細な情報も、映像を通して伝えることによって、より理解されやすいということも、大きなポイントとなります。

③動画で説明する訪問看護の利用方法

訪問看護を利用したいと検討するときに、まず誰に相談をして、どのような看護師が来てくれるのかということが頭に浮かぶ利用者家族は、少なくありません。まず、誰に相談をするのかということに関してですが、これは、利用者の加入している保険によって異なります。利用者の加入する保険が「医療保険」である場合には、担当医もしくは自宅付近の訪問看護ステーションへと相談をします。担当医に相談をする場合に、担当医が医療機関や訪問看護機関への指示を行うことにより、サービスの提供が開始されます。訪問看護ステーションへと相談をする場合には、担当医より、指示書の交付を受けることで、サービスの提供が開始されます。

利用者の加入保険が「介護保険」である際には、まずは「ケアマネージャー」への相談を行います。介護認定を受けていて、要支援や要介護認定をされている際には、ケアマネージャーが利用者の要望を聞きながら、支援スケジュールを立てていくことによって、訪問看護サービスを取り入れていきます。ケアマネージャーに相談ができる他に、各地域の保健センターや保健所等の保健師への相談や、地域包括支援センターへの相談もできる他、病院の医療相談室や、地域連携室への相談や、民間の訪問看護サービス会社への相談も可能です。

また、訪問看護に、どのような看護師が来てくれるのかということに関しては、医療や看護に関するあらゆる知識や経験を持つ看護師が、訪問看護師として、自宅を訪問してくれます。基本的には、看護師や准看護師、保健師が訪れますが、健康保険法の指定を受けた訪問看護ステーションの場合に限っては、助産師も訪問看護を行います。その他に、リハビリテーションの治療を行うため、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が訪問看護師として、自宅を訪問するケースもあります。

訪問看護師がどの程度の回数で、自宅を訪れてくれるのかということも、気になる情報です。こちらも加入する保険によって異なり、医療保険に加入している際には、基本週3日までの訪問ペースで、訪問時間は30分から1時間30分程とされています。但し、病気や障がいの進行状態によっては、毎日訪問を行ったりと、臨機応変に対応してくれます。介護保険に加入の際には、支援スケジュールに沿った訪問時間とされていて、時間は20分・30分・1時間・1時間半と、4つの区分に分かれています。

訪問看護師は、訪問看護に必要な技術やトレーニング法を身に付けており、利用者や利用者家族の精神面に最大限の配慮をしながら、利用者の住み慣れた家で暮らしたいという、切なる願いを叶えるためのサービスを、提供してくれます。訪問看護のサービス内容や利用方法に関しての詳しい説明を口頭で行うと、時間を要する場合が多々ありますが、そこで動画を活用することによって、伝えたい情報だけを、コンパクトにまとめられて、分かりやすく伝えることができるのです。細かな説明を行う際にも、動画の活用が効果的ですので、積極的に取り入れていく必要があります。

動画制作には、高度な技術を要するため、映像制作会社へ依頼をする必要があります。個人制作では成し得ないハイクオリティー映像や、動画制作に必要とされるさまざまな映像技術も、映像制作会社のプロへと任せることで、動画の持つ映像美を最大限に引き出してくれます。

株式会社ナインフィールドでは、訪問看護に関する動画の制作を行っております。訪問介護のPR動画制作や、映像配信サービス、動画のコンサルティング事業など、幅広い映像制作を低価格にて提供させて頂いております。映像制作のご依頼は、弊社まで是非お気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています