4Dエコーでお腹の中の赤ちゃんのメモリアル動画 | 医療映像.jp

DUMMY

4Dエコーでお腹の中の赤ちゃんのメモリアル動画

赤ちゃんの発育過程や現在の状態を立体的に見ることのできる4D超音波検査ですが、妊娠後期になると、生まれてくる子どもの顔がほぼ認識できるレベルにまで進化をしています。従来型のエコーでは、発育状況の確認のために存在した超音波検査ですが、4Dにまで進化したことから、その技術力やクオリティーも格段に良くなり、現在では、出産記念や検診サービスとして記念動画を渡す病院も多くあります。今回は、4Dエコーでメモリアル動画の需要が増え続ける理由や、メモリアル動画を利用することの効果などに関して、詳しく説明を行っていきます。

①4Dエコーを利用したメモリアル動画が需要拡大を続ける理由

4Dエコーとは、お腹の中の赤ちゃんをリアルタイムに、そして奥行き感を感じながら見ることの可能な超音波検査のことですが、この4DのDとは、Dimensionの頭文字であり、2Dエコーや3Dエコーで成し得なかったポイントを足した形が4Dエコーになります。2Dエコーではモノクロの静止画、3Dエコーでは長さや幅・奥行きをプラスしたシステムで子どもを見ることのできる静止画、そして4Dエコーでは、2Dや3Dでは不可能であった時間軸を足すことにより、動きのある映像を実現し、より立体感を感じられるようになりました。

4Dエコーで、どのように子どもを感じることが可能なのかというと、おなかの子どもが動いている瞬間の状態をそのまま立体的に見ることができるので、映像を見た妊婦やその家族は、おなかの中の子どもにより強い愛情を持ち、より幸福感を高められます。4Dエコーで見る子どもは、お腹の中であくびをしたり、手や足を元気に動かしたり、指しゃぶりをしたりすることから、ずっと映像を見ていたいと思う妊婦や家族は多く存在します。そのようなときに活躍するのが、「メモリアル動画」です。

メモリアル動画は、1度制作依頼をするだけで、大切な一生ものの宝物として、いつまでも記憶に残しておくことができます。後から4Dエコー映像を振り返って何度見返してみても、特別な思い出として蘇る、大変素晴らしい記念動画です。妊婦や家族からの希望を考慮し、出産した記念に4Dエコー動画を渡したり、検診を受けてくれた妊婦へのサービスとして、動画を渡す病院もあるほど、メモリアル動画には、多くの需要があります。また、4Dエコーを撮影したいために4Dエコーのある産院を受診する妊婦もいるほどです。

近年のメモリアル動画は、メッセージを付けることが可能であったり、BGMを挿入できたりといった工夫も見られ、こうしたサービスが妊婦や家族に好評であるため、この記念動画の需要が拡大し続けている理由であります。また、妊婦の中には、検診ごとに大きくなっていく過程の中での全ての4Dエコー映像の動画化を望む方もいますので、そういった際には、検査ごとにその都度動画へと収めたり保存したりしていくことが必要です。

お腹の中で、手や足、あるいはへその緒に触れて遊んだりする自分の子どもを見ることができるのは、いつになっても飽きないものです。24週を過ぎてくると、顔つきや表情もしっかりとしてきますので、笑顔を見せている姿なども見ることが可能です。また、顔つきや表情が分かってくることで、どちら側の顔に似ているのか?ということの判断までできる場合があるのです。

②メモリアル動画の活用効果や魅力とは?

4Dエコー映像をメモリアル動画に収めることの効果として、妊婦だけでなく、その家族、延いてはその親族や友人までにも幸福の輪を広げられることがまず挙げられます。4Dエコー映像を妊婦や家族に見せるだけでも、その瞬間に歓喜の声が上がるわけですが、これを動画に収めて見ると、さらなる感動を巻き起こしたり、我が子への愛情がより強固なものへと変化したりと、記念動画を見ているだけで、通常とはまた異なる観点から、子どもを多角的に見ることができるという効果があります。

メモリアル動画に収められた映像を、家族だけでなく、親族や友人に見せたり、遠方に住む場合には、データのシェアをしたり、動画を送ってあげたりすることで、周りの人をも幸福感で包むことができます。親族や友人の中に、妊婦がいたり、今後子どもを望む夫婦のいる場合には、4Dエコー映像に記録した記念動画を見てもらうことによって、お腹の中に胎児がいるかのような世界観を感じてもらえるのも、メモリアル動画の魅力ではないでしょうか。

4Dエコーを実際に体験し、メモリアル動画の制作依頼をした方々の意見では、出産をした後に子どもの顔をよく見ると、顔の輪郭や唇など、4Dエコー映像と全く同じであると、複数の方々が実感をされています。また、そのどの意見にも共通していることとして、メモリアル動画を見返し、当時を振り返ると、思わず涙が溢れ、何度見返しても感動してしまうと言った声が、共通してありました。記念動画は、自分の子どもが大きくなったときに、その子どもに当時の映像を振り返って見せることもできるので、メモリアル動画を依頼して本当に良かったという声は、どの妊婦や家族からも上がるのです。これらのことからも、メモリアル動画は、自分たちだけではなく、周りの人をも幸せな気分にすることのできるほど、胸に残るスペシャルな動画であると言えます。

③4Dエコーを受診して初めて発見できること

4Dエコー映像は、メモリアル動画を作成することができるので、大変人気がありますが、検査を受けて分かることとして、子どもの顔や表情などだけでなく、万が一胎児に異常のある場合に、そうした異常の発見という用途としても、活躍します。4Dエコーで異常が見つかれば、それに関する適切な治療を受けられますので、妊婦であれば、4Dエコーは利用すべき検査であります。検査を受けた上で、メモリアル動画を依頼すると、将来動画を見返したときに、当時の心境などを思い出し、現在の子どもの健康により感謝できたりと、当時の思い出そのものをいつまでも大切に持ち続けておくことができるので、4Dエコーを受けるときには、メモリアル動画の依頼が必要であると言うことができます。

④4Dエコーメモリアル動画に付加価値を

メモリアル動画は、その瞬間だけでなく、多くの時間が経った後に見返しても感動することのできる、素晴らしい記念動画です。4Dエコー技術は、従来の2D・3Dエコー技術を超えて、動く子どもの表情までを確認できるため、レベルの高い動画の仕上がりを実現してくれます。メモリアル動画の需要は、妊婦や妊婦の家族から支持されていることから、この先もさらに拡大していくと考えられます。

メモリアル動画制作の依頼数は、年々増加傾向にあることからも、映像制作会社の需要も高まり続けています。プロならではのハイクオリティー映像の提供や、制作に使用される難解な技術も、映像制作のプロの手によって、この世にたった1つの感動的な記念動画へと仕上げてくれます。

弊社では、4Dエコーを利用した記念動画の制作を行っております。記念動画には、メッセージやBGMの挿入も可能でございます。その他に、記念映像配信サービスや、PR動画制作、記念動画のコンサルティングなど、思い出になるメモリアル動画の制作を、低価格にて承ります。メモリアル動画制作のご依頼は、是非お気軽に、弊社までご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています