オンライン診療を動画で分かりやすく | 医療映像.jp

DUMMY

オンライン診療を動画で分かりやすく

病院に足を運び、診療を行うことを「対面診療」と言い、パソコンやスマートフォンなどを使用して、病院の予約から決済までをインターネット上で行うことのできる診察方法や治療方法のことを「オンライン診療」と言います。初診では対面診療が基本ではありますが、対面診療の終了後、医師との相談を行うことによって、オンライン診療へと移行をすることが可能となります。また、初診であってもオンライン診療が解禁になる動きも出ています。今回は、オンライン診療に関する情報を動画で紹介することのメリットや、オンライン診療の詳しい内容までを、分かりやすく解説をしていきます。

①オンライン診療を動画で解説することのメリット

オンライン診療を行うと、全ての診察が予約制となりますので、待合室で待たされたり、清算のための待ち時間などがなかったりというメリットがあります。それらだけでなく、処方薬の送付に関する手配も、全てインターネット上で行えることから、時間や手間をかけずに、オンライン上で、薬の手配までをスムーズに行うことができるという点において、大変便利なシステムであると言うことができます。

また、パソコンやスマートフォンなどのオンライン環境さえあれば、自宅や出先であっても使用可能であるという点も、大きなメリットです。処方薬に関しては、自宅へ郵送してもらう方法と、処方箋をオンラインで受け取るという2パターンの受け取り方法が、現在主流となっています。郵送をしてもらう場合には、処方薬が自宅まで届けられ、薬局での受け取りには、オンラインで送られた処方箋を調剤薬局へ提出することによって、薬の受け取りが可能となっています。

この他にも、病院まで足を運ぶ必要がないことで、風邪やインフルエンザなどといった病の院内感染リスクを減らすことにも繋がり、患者自らの予定に合わせて診察を受けることができることなど、オンライン診療を利用することで、これらの多くのメリットを持ちます。それだけでなく、病院であれば、家族などの付き添いが必要となりますが、オンライン診療を利用することにより、家族の付き添いが不必要となりますので、受診のハードルも、引き下げることができるというわけです。

オンライン診療を受ける上で重要なことは、一度診察を開始したときには、最後まで継続して診察を受けることです。オンライン診療を開始すると「対面診療」よりも気軽に医師の診療を受けることができます。自覚症状が少なく途中で診察を放棄してしまったりすると、症状の悪化を招く場合もあり、悪化予防のために覚えておくべき知識です。

このように、効率的に処方薬までの手配ができてしまう非常に便利なオンライン診療ですが、初めてオンライン診療を受けるという方に口頭で説明する場合に長時間費やしてしまうという事態になりかねません。そうした際に、まさに「動画で説明」を行っていくという伝達方法が、最も適切で、効果的であると言うことができます。

伝えたい情報を、効率的に分かりやすく伝えることのできる動画は、オンライン診療の解説に適しています。

CG映像を活用してオンライン診療の説明をしていくことも有益です。具体的な例を挙げると、CG映像を利用して、保険適用される診療科の紹介をしたり病院の紹介を行ったり、また、オンラインでの治療方法を説明していく時もCG映像が効果を発揮します。実写であればリアル過ぎると感じてしまう動画も、CGを利用することによって、過度なリアリティを排除することが可能であり、要点だけをまとめて映像化をすることができるといった強みも、CGならではのメリットです。

オンライン診療を希望する患者は、パソコンやスマートフォンなどの通信機器の扱いに慣れているケースも多いですので、オンライン診療を受けたい患者のために、オンライン診療に関する動画を制作して解説を行っていくことは、プラスの効果を生むと言えるでしょう。また、通信機器に不慣れであったとしても、動画の中でオンライン診療について、特に知って欲しいポイントなどを上手く説明することができれば、オンライン診療を希望する患者のさらなる増加や、新たな患者の獲得といった効果を期待することもできます。

②オンライン診療導入事例や保険適用される疾患を動画で説明

保険適用される疾患の中で、限りはあるものの、オンライン診療を受けることができる疾患があります。場合によっては保険適用されている疾患であっても、疾患状況によっては、オンライン診療が難しいケースも存在しますので、オンライン診療を考えている方は、まず主治医に一度相談をされることが、その後スムーズにオンライン診療を行うためにも、安心です。

どのような疾患がオンライン診療可能とされているのかというと、例えば初診の段階からオンライン診療のできる疾患には、AGAや禁煙外来など、さまざまな疾患が対応可能となっています。再診からオンライン診療のできる疾患には、在宅診療や慢性疾患など、こちらも色々な疾患に対応しています。この他にも、皮膚科や精神科など、現在多くの診療科で、オンライン診療が可能となっていますが、こうした説明も、言葉や文字のみで伝えると、理解を示しにくい内容であったりすることから、動画を活用した解説方法が最適です。

動画の中では、1つの診療科ごとに説明を行ったり、診療科を一覧表示にして解説を行っていくことも効果的です。診療科なども、患者によっては、口頭説明を行ってみても、後に忘れてしまうといった可能性もありますので、そうした事態の防止も含めて、何度も見返すことのできる動画を用いて分かりやすく説明を行っていくことには、大きな効果があります。また、オンライン診療は、疾患によっては自費診療で受けることも可能ですので、そうした説明にも、動画を活用して伝えていくことが、大切でしょう。

また、現在のガイドラインによると、電話でのオンライン診療も受けられるようになっていますので、動画の中での解説には、電話での診療を受けている映像を映し出し、ナレーションやテロップを挿入しながら解説を行っていくことが効果的です。小児患者に見せることを想定し、アニメーション動画を活用して、電話での診察方法を説明するといった方法も、効果的です。
今後、初診でもオンライン診療が解禁された場合は、電話ではなく映像での診療が原則とされる動きもあります。オンライン診療は患者の利便性が高いため、患者に不安なく診療を受けてもらうためにも診察方法の説明に動画の活用が期待されます。

このガイドラインですが、また新たに制定されることがあれば、それに沿った新しい情報の動画を制作依頼する必要があります。オンライン診療のような多くの患者が視聴する可能性のある動画の場合は、きめ細かい情報の変更や理解しやすい映像が必要です。

③オンライン診療の浸透と拡大の可能性

病院に行く時間の取れないときであったり、感染症などが心配でなるべく人との関わりを持ちたくないときなどに、オンライン診療は活躍します。今後もオンライン診療という診療方法が浸透し、拡大していく可能性は高いでしょう。この診療法に関する詳細な情報を動画に収めて解説を行うことには、大きな意義があると言うことができます。

オンライン診療の動画を制作したいときには、やはり動画制作専門のプロフェッショナルへ依頼を行うことが最適です。プロならではの、個人制作では難しいハイレベルな技術を持ち、色鮮やか高品質で、オンライン診療に関する理解しやすい映像を実現してくれます。

弊社では、オンライン診療に関する動画の制作を積極的に行っています。オンライン診療のプロモーション動画制作や、映像配信サービス、オンライン診療動画のコンサルティングなど、さまざまな映像制作を、低価格にて承っております。オンライン診療に関する動画制作のご依頼は、是非弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています