居心地の良い待合室にするために    待合室映像の効果とは | 医療映像.jp

DUMMY

居心地の良い待合室にするために    待合室映像の効果とは

病院において、待合室は必要不可欠な空間ですが、患者にとっては時にストレスを感じてしまうような、決して居心地の良い空間であるとは言い切れない側面もあります。緊急の場合でない限り、患者は病院を選んで来院する傾向にあることも踏まえて、居心地の良い待合室を作り上げておくことは、とても大切なことです。では、どうすれば、そんな理想の空間を作り上げることが出来るのでしょうか。今回は、居心地の良い待合室にするために重要なポイントや、待合室の映像効果について、詳しく解説を行っていきます。

①病院の信用度を上げるには待合室に映像を流すことが必須

待合室に映像を流すことには、映像の動きに注目することによって、待ち時間を効果的に利用することができるというメリットから、患者にとって居心地の良いスペースを提供できる効果があります。それだけに留まらず、病院としても、信用度をアップさせることができる効果もあるのです。待合室での居心地の良さが大切な理由には、医師やスタッフの対応、ブランドや雰囲気などから通う病院を決定する患者が多いため、そういった背景からも、待合室の居心地が良いということは、欠かせない要素であると言うことができます。

医学的な専門的知識を持たない患者としては、病院を選ぶ基準については拘らない場合も多く存在します。また、待合室では、医師と接することのないために、居心地が良くないと感じる患者もいます。そんなときに活躍するのが、待合室動画です。リラクゼーション効果の高い音楽を流す病院は無数にありますが、待合室動画を導入している病院は、まだそれほど浸透していないのも実情です。

居心地の良い待合室づくりのために、音楽よりも効果的な待合室動画を流すことは、どの病院であっても導入すべきです。動画は動きを伴いますので、患者の興味を引くことが容易であり、動画に興味のない場合であっても、待合室という特殊な空間でのストレスや負担を軽減しようと、あるいは暇な時間を避けるという目的で、自然と動きのある動画へと、目が行くようになるわけです。

このような形で映像に注目してもらえる状況は、待合室ならではと言えます。これらの映像に適切な内容として、病院の紹介から医師やスタッフの紹介、設備の紹介などが挙げられます。またこの他に、動画の中で、調剤薬局の詳しい場所や、行政や地域の情報を提供することも有効です。待合室動画は、病院と患者を繋ぐ新たな交流の手段として、病院の環境づくりにも、大きく役立っているのです。

②デジタルサイネージの活用で待合室をより快適な空間に

待合室は、さまざまな情報を分かりやすく伝えるために、デジタルサイネージを活用することも効果的です。従来であれば、雑誌や新聞などを読み、診察までの時間を過ごすスタイルが定着していましたが、デジタルサイネージを利用することで、従来のスタイルから全く新しい方法で、患者を飽きさせずに待ち時間を過ごしてもらえるようになりました。

大人が罹りやすい疾患の予防法などの大人の患者ための情報だけでなく、小児患者向けに、小児患者の罹りやすい疾患に関する動画コンテンツを流すことなども効果的でしょう。疾患予防情報の他に、時には美しい景色などの映像を流すことも、患者の心をリラックスさせるために有効です。

デジタルサイネージを利用することには、この他にもメリットがあります。病院内で販売を行う商品を、待合室で流す動画の中に盛り込むことにより、必要な情報だけを、簡潔に伝えることができます。これはつまり、売り上げを上げたいと思う商品があれば、その商品にクローズアップし、効率的にアピールをかけることが可能であるということです。特に待合室という空間では、流れている映像を、患者が無意識に目で追う可能性も高いので、そうした商品のあるときには、動画の中で積極的にアピールを行うことが大切です。

待合室だけにデジタルサイネージを活用できるのかというと、その活用法はさまざまなフィールドに広がっていると言うことができます。その一つが、面会室での活用です。面会室には、利用時間や規定などがその病院によって異なる場合があり、口頭の説明だけでは伝えづらいこともあります。そのため、デジタルサイネージを利用して、面会時間のお知らせをしたり、面会室を利用するときのルールや使い方の説明を行ったりすることによって、簡単に理解してもらいやすくなります。

またこの他に、各階のエレベーターホールにデジタルサイネージを活用することも適切です。エレベーターホールは患者だけでなく、医師やスタッフなども利用する場所です。毎日の診療内容や、担当医の情報のあるカレンダーなどの制作に、病院内の案内図や、地震などの緊急時の避難先に関する情報を映像にすることも、最適でしょう。

大きな病院であれば、患者が迷いやすいため、そうした案内図などが簡単に把握できるということも、重要なポイントとなります。カレンダーで担当医の情報を把握しておけるのは、患者の安心に繋がるだけでなく、医師やスタッフにとっても、大変便利な技術であると言うことができます。

③患者の説明資料や健康に関する情報も映像化することが効果的

待合室で流す動画には、病院に関する情報だけでなく、患者の説明資料や、健康における情報を流すことも有益です。待合室にいる患者が、待ち時間に負担を感じるときに、患者の説明資料を動画にして流すことで、医師と患者の双方で、時間を無駄にせず、患者にも効率的に伝えられます。また、分かりやすい説明に、患者に安心感を与えることも可能で、それが病院全体の信頼をさらに築いていくことへと繋がるのです。

説明資料と同様に、健康に関する情報を流すこともまた有益です。春であれば花粉やアレルギーなどの予防や対策などの動画を流し、夏であれば熱中症や食中毒に関する動画を、秋から冬にかけては、インフルエンザに関する予防対策方法をまとめた動画を流すことも最適です。

もちろん季節だけの疾患に限らず、日本人が多く罹ってしまうような、身近な病に焦点を当てて解説を行うことも、患者がより映像に興味を持つことができます。目であれば白内障や緑内障から、耳であれば中耳炎や外耳炎など、その他には肺炎や脳血管疾患、心疾患から癌に至る病まで、多くの病への予防対策法を動画の中で解説していくことには、実に大きな意義があると言えます。

待合室という非日常空間に、適切な動画を流すことにより、患者にとって居心地の良い空間を確保できるだけでなく、病院自体の信用を高めることにも直結するのです。そのため、待合室に関する動画を制作することは、必須であると言うことができるわけです。こうした動画の制作は、個人で行わず、制作を依頼する必要があります。

待合室動画の依頼には、医療映像専門のプロフェッショナル企業へと依頼をすることが最適です。何故、プロに依頼をすることが最適なのかと言うと、個人制作の動画と、プロの企業に依頼をした動画とでは、まず画質の美しさの違いから、テクニックの違い、その他にも、さまざまな相違点を生んでしまうからです。そういった相違点は、動画を見る視聴者にさえも、すぐに分かってしまいますので、待合室動画の制作には、動画制作企業へのご依頼をお勧めしています。

弊社では、待合室に関する動画の制作依頼を承っております。主な制作内容として、待合室のプロモーション動画や、映像配信サービス、待合室動画についてのコンサルティングなど、幅広い動画制作における全ての工程を、低価格でご利用いただけます。待合室に関する動画制作のご依頼は、是非お気軽に弊社まで、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています