医療現場でもARや3D映像を!スマートグラスの活用法 | 医療映像.jp

DUMMY

医療現場でもARや3D映像を!スマートグラスの活用法

遠隔治療は、スマートグラスと電子聴診器を持った看護師が存在することから始まりますが、この遠隔治療のメリットには、医師が在宅治療に向かう必要がなくなり、遠隔医療支援も可能となるという点が挙げられます。遠隔治療を行うことによって、医師の間で情報の共有を行うことができ、動画の配信もできることから、治療の向上にも役立ちます。遠隔治療に不安を感じる患者には、遠隔治療の解説動画を積極的に活用することで、そうした不安を取り除くことが可能となります。今回は、効果的なスマートグラスの活用法や、医療現場における動画の活用法に関して、詳しく解説をしていきます。

①スマートグラスとは何か?

現実世界にディスプレイ上の情報を表示する、眼鏡の形をしたウェアラブルデバイスのことを、スマートグラスと言います。両手を使わずに、求める情報やメール配信、マニュアルなどの確認を行うことが出来、スマートグラスの中には、声で操作可能なものもあります。その他に、ディスプレイ表示させるシステムではなく、音声通話用としてのみ使用することのできる、音のスマートグラスというデバイスも存在します。

また、スマートグラスに類似するものとして、AR/MRグラスというものがありますが、どちらも眼鏡の形をしたウェアラブルデバイスというポイントにおいては、スマートグラスと変わりません。しかし、スマートグラスと異なるポイントとして、このAR/MRグラスには、現実空間を認識するシステムが組み込まれているという点が挙げられます。これは要するに、現実空間を認識するシステムが備わっているのかいないのかというところの違いを意味しており、スマートグラスとAR/MRグラスの違いを明確に認識することができるポイントであると言えます。

遠隔治療をする場合に医師が装着しているウェアラブルデバイスがどのような働きをしているのかということ伝えます。特に高齢者はスマートグラス等になじみがなく、遠隔治療に消極的かもしれません。その時に、医師の診察がウェアラブルデバイスを通して対面診療と遜色ない診療を行っているという動画を事前に制作し、見てもらうことも患者との信頼関係を築くのに有効と言えます。

AR/MRグラスは、現実空間にある床や壁を、センサーやカメラなどで認識をし、情報を重ねることによって表示をすることができます。周りの環境をも認識可能であるので、3DCGのデータを床や壁、テーブルの上に配置をしてみたりといったことができるわけです。これが可能となることにより、まさに物体そのものがそこにあるかのように感じながら、見ることができるのです。このAR/MRグラスには、現実空間を認識するためのセンサーやカメラが、幾つも内蔵されていることが多くあります。

一方で、スマートグラスの中には、インターネットへの接続ができるものもあり、インターネット上のあらゆるコンテンツを見ることが可能となっています。3DCG映像も、遠くの風景を見るほど大きく見えるというシステムとして組み込まれていて、10メートル先であれば160型程で、20メートル先であれば320型程の大きなスクリーンを目で見て感じることができるようになっています。また、周りの状況も容易に把握できるので、医療現場で活用されやすい傾向にあります。

スマートグラスは、現実を認識するシステムではなく、グラスの一部分に情報を表示させるものが一般的となっており、センサーやカメラを内蔵していない分、デザインに工夫やこだわりがあるものが揃っています。そのデザインは非常にスタイリッシュで、普通の眼鏡と全く変わらないように見えるほどのデバイスも存在します。このスマートグラスの中には、ディスプレイを使用した表示システムに捉われず、音声のみを内蔵しているものもあります。

スマートグラスを活用することのメリットとして、患者が遠隔地にいても、在宅状況をリアルタイムでしっかりと把握することができるという点にあります。看護師は、スマートグラスを装着することによって、ハンズフリーの状態で業務を行うことが可能となるため、効果的に患者の支援を行うことができて、より効率的に業務を遂行することも可能となります。これらのことから、無駄なコストの削減や、人手不足の解消といった利点を生むということも、スマートグラスを利用する上で、大きなメリットであります。

電子聴診器を使用して、看護師がスマートグラスを着用し、在宅の患者へ向けて遠隔治療を行うことで、遠隔で診療する医師は、スマートグラスに内蔵されたカメラの映像をコンピュータで観察しながら診察をすることが可能となります。遠隔治療では、ヘッドフォンを使用し、患者の心音や呼吸音、腸音や動脈音などを聞き取ることができます。また、聴診器を当てる場所を示するときには、ヘッドセットを利用して、言葉で指示を送ります。この他に、コンピュータ上でポインター機能を利用して指示することも出来、看護師は、スマートグラス上に表示されるAR画像のポインターで、聴診器を当てる位置の確認を行うことができます。また、遠隔治療だけでなく、遠隔医療支援も可能です。

②医師間での情報共有や患者の不安に動画を活用

今まで直接病院まで足を運び、診察を受けていた患者としては、遠隔治療となったときに、多少の不安を感じることも少なくありません。そうした患者の不安を解消するには、動画を活用し、患者に正しい説明を行うことが効果的です。遠隔治療を行うときに、どのように診察を進めていくのかということや、どの先生に見てもらえるのかといった情報も、動画の中で詳しく説明を行うことが大切です。また、患者に対して、事前に遠隔治療に関する質問などを訪ねておき、特に質問の多かった内容を、動画の中で複数解説していくということも有益です。

医師の間では、遠隔治療の情報の共有や、動画配信が行えることによって、治療の向上へと役立てることが可能となります。遠隔治療を行った患者の情報を医師の間で動画として配信しておくことで、次に診察をする先生が、患者の状態を動画で把握してあるため、スムーズに診察に入ることができます。これだけでなく、患者の治療をさらに先に進められるという利点へも直結します。このことより、従来の技術では成し得なかったことが現代では可能となり、無駄な作業は省きながら、先生方の時間は有効に活用することができるようになりました。

今後遠隔治療を行っていく上で、スマートグラスの活用は、さらに欠かせないものとなるでしょう。スマートグラスに関する内容や、遠隔治療についての説明を、患者に口頭で行ってみても、その全貌を理解できないという患者も存在します。そうした患者に向けて、スマートグラスとはどんなものであるのかということや、遠隔治療とは一体何かということの全てを、詳しく解説した動画を制作して見せるということには、口頭での理解が困難な患者にとって、最も効果的です。そして、これらの動画の制作は、動画制作企業へと依頼をすることが一番であると言うことができます。
動画制作企業に依頼をした動画は、映像が鮮明で分かりやすく、品質の高い動画となるので、患者が最後まで見る可能性も高くなるのです。動画制作企業に依頼を行うことで、理想の動画を、確実に制作していただけます。また、個人制作の動画は、患者が見たときに、個人制作であるということはやはり伝わってしまいます。スマートグラスなど複雑な動画制作には、動画制作企業へのご依頼をお勧めします。

弊社では、スマートグラスに関する動画の制作を行っております。スマートグラスのPR動画や、映像配信サービス、スマートグラスの動画コンサルティングなど、高品質で美しい動画を、低価格でご利用いただけます。スマートグラスに関する動画制作のご依頼は、お気軽に弊社まで、是非ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています