【5Gが変える遠隔治療】 | 医療映像.jp

DUMMY

【5Gが変える遠隔治療】

オンライン診療を活用した医療関連のソリューションは現在、大きな注目を集めており、5Gは現在の遠隔治療に革命を起こそうとしています。5Gの特徴として、「超高速」・「多数同時接続」・「超低遅延」この3点が挙げられます。特に、「DtoD(ドクターtoドクター)」での遠隔支援に向いていて、画像容量の大きいMRI画像等の伝送や、手術データを双方向リアルタイムでのやり取りなど、今まで遅延が発生していたトラブルが一気に解消され、高度な手術での遠隔支援や、僻地での診療の専門医診察支援なども、5Gが実現しました。今回は、5Gが変化させていく遠隔治療の真実や、それを動画で説明を行うことの重要性などに関して分かりやすく解説していきます。

①映像で見せる5Gの大きな魅力

5Gとは、第5世代移動通信システムのことを言い、さまざまな人やモノを結び、幅広い需要への対応が期待されているシステムのことを意味します。5Gの主要性能として、最高伝送速度10Gbpsの「超高速」は、現行4Gの10倍もの速度を可能とし、2時間の映画を、なんと3秒でダウンロードすることができます。その他に、100万台/㎢の接続機器数を誇る「多数同時接続」では、現行4Gの30倍から40倍もの接続機器数を叶え、パソコンやスマートフォンだけでなく、電子機器やセンサーなどのさまざまな機器を、インターネットに接続可能となりました。1ミリ秒ほどの遅延を実現した「超低遅延」においては、現行4Gの10倍とされる精度を高めることに成功し、これによって、遠隔での治療であっても、リアルタイムでロボット等を遠隔操作することができるよう進化しました。

これまでも、僻地に存在する診療所と都心部に存在する病院とをネットワーク回線で繋ぎ、治療を行うことは実行されてきましたが、5Gの誕生によって、僻地にある診療所から、撮影した患者の患部画像を、都心部の病院に高速伝送することが可能となり、画像容量の大きなMRI画像等の伝送もできるようになりました。それだけでなく、手術における重要なデータも、リアルタイムにやり取りすることが可能となり、これらのことから5Gは、DtoDでの遠隔治療に最適な通信システムであると言うことができます。また5Gの魅力の1つとして、画像の鮮明さにも優れていることも挙げられ、そのことにより、治療の質までも高められていることが、実際に遠隔治療を行った医師の間で、確認されています。

5Gでは、会話の遅延も発生することがありませんので、まるで相手の目の前で会話をしているかのように錯覚してしまうほどのリアリティーに溢れ、実際に遠隔治療を行った医師の間では、遠隔で治療を行うことに、全くストレスを感じないと言われています。この5Gの誕生により、遠隔治療に重要な通信システムであり、有益な治療形態の1つとなって、地域間での医療格差を断ち切ることへの貢献も期待されています。この5Gでの遠隔治療に関する解説には、動画を活用して詳しい説明を行うことが効果的です。5Gの特徴として、超高速・多数同時接続・超低遅延の3つが挙げられることの説明から、5Gではどのようなことが出来て、どう活かしていけるのかといったことも、しっかりと説明を行っていくことが大切です。この5Gの解説には、CG技術を活用した動画も有効であり、CG技術を活用することにより、さらに鮮明で美しい映像を見せながら、5Gに関する分かりやすい説明を行うことができるのです。

②5Gが叶える理想の世界を動画で

DtoDでは、遠方にいる医師同士で、CTなどの撮影画像を送受信することにより、遠隔治療を行っていきますが、このシステム自体は従来より存在し、従来のシステムでは、CTといった患者の画像情報はデータ量が重くなる場合もあり、情報の共有から実際の治療までの間にタイムラグがありました。それが、5Gという技術が生まれたことによって、高品質な画像の伝送を、時間を要することなく、スムーズに行うことができるようになったわけです。このことから、治療までの高速性は格段に上がり、見過ごしや見落としといったことまで防止することができます。

5Gは、手術現場でも活用が進められています。治療での活用として、実証実験を行った例を基に見ていきます。5Gで遠隔にある病院と治療室とを繋いで、リアルタイムで遠隔手術支援を行った実証実験の例ですが、結果的にこの実験は、無事に成功したと発表されています。5Gで、遠隔地にいても、手術中の内容やその様子を即座に把握することが可能となりましたが、遠隔地にいることすら全く感じさせない画期的なシステムであるため、医師の負担の軽減にも大いに役立っているといます。このことにより、その場に専門医が不在というシチュエーションであっても、執刀医が遠隔地にいる熟練の医師から助言などのサポートを受けることが可能となっています。

5Gは、遠隔治療の現場だけでなく、救急医療の現場でも活躍しています。救急医療は、素早くそして確かな治療が求められますが、病院と患者を搬送する救急車両との間では、電話音声でのやり取りが通用の連絡手段であるので、具体的な準備などは、患者が病院に到着後に行う場合がほとんどです。このような状況に、5Gを内蔵した救急車両を活用することにより、搬送中に患者の検査データやそれに付随するクリアな動画、マイナンバーカードに関連する情報等を、搬送先にリアルタイムで共有することが可能です。そのため、医師が最適な治療方法を瞬時に救急隊員まで伝えることができ、十分な準備をした中で、患者を受け入れることができます。

動画配信サービスや、動画共有サイトなどを利用する人の数は、年を追うごとに増加を辿っています。5Gで通信速度が高速化することによって、大変快適な通信を実現することができます。そして、1度に接続できる台数も10倍になることで、導入コストの削減へと結び付き、システムやサービスのさらなる普及を、推し進められます。また、使用環境の違いからネットワークの遅延なども頻繁に発生し、遠隔治療などの現場で多くの課題も見られた4Gでしたが、これが5Gへと進化したことにより、遅延は10分の1となり、信頼性を保証した、リアルタイムでの治療や対応が可能となりました。

このように5Gは、従来の遠隔治療に新たな旋風を巻き起こしており、そこには大きな価値があると言うことができます。5Gが医療現場の中に浸透した理想の世界は、遠くない未来に現実のものとなり、医師の不足や偏在といった医療格差を埋め、負担の多い医師やスタッフの業務を効率化させるといった意味でも、多大な影響を与えることが期待されています。こうした5Gの解説を行いたいというときに、最も適したツールが動画です。動画は、映像を見る視聴者に向けて、5Gに関する難しい内容も大変分かりやすく伝えることが出来、利便性に優れ、尚且つ合理的であるため、活用していくべきツールです。いままで、遠隔治療になじみがなかった患者への説明や、遠隔地での医師同士の引継ぎなど5Gの遠隔治療に関する動画の制作依頼は、映像制作会社へ依頼してください。映像制作のプロならではの技術を駆使して、望み通りの動画を、短納期で仕上げてくれます。

弊社では、5Gの遠隔治療における説明動画のご依頼を承っております。5G遠隔治療における映像配信サービスのご依頼や、プロモーション動画制作のご依頼、5G遠隔治療に関するコンサルティングのご依頼など、映像制作に関する全工程でのお仕事のご依頼を承っております。5Gの遠隔治療に関する動画制作のご依頼は、是非弊社まで、お気軽にご連絡ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています