【高血圧予防に動画の活用を】 | 医療映像.jp

DUMMY

【高血圧予防に動画の活用を】

日本人の40代から50代の3人に1人、60歳以上の2人に1人が高血圧だと言われています。高血圧には、原因の特定できない「本態性高血圧」と、病気によって起こる「二次性高血圧」とが存在し、日本人の8割から9割の高血圧は「本態性高血圧」です。この要因には、遺伝子も関係していますが、全ての人が高血圧になるわけではなく、そこには生活習慣のほうが、大きく関係しているのです。今回は、高血圧を予防するためのさまざまな方法に、動画を活用する効果に関して、詳しく解説をしていきます。

①映像から学ぶ生活習慣改善方法

高血圧を予防する上で、食事に気を付けて生活をするということは、とても重要なことです。新鮮な食材を選んで調理をし、味は薄味であるほうが適切です。1回の食事の中で、きちんと味付けされたものは1品だけにして、その他の料理には、出来る限り塩分を使用しないようにします。味に物足りなさを感じるときには、かんきつ類などの付け合わせに、香辛料や薬味などで味にメリハリを付けることも良いでしょう。

味噌汁などの汁物は、1日1杯までとして、野菜の量を多めに加えるようにすると、汁の量を抑えられて減塩へと繋がります。減塩味噌や減塩醤油などの塩分の少ない調味料を使用することも、高血圧予防のために相応しいです。味付けには、煮干しや鰹節、昆布などの旨味成分を有効利用することが好ましいでしょう。高血圧にならないための予防動画を制作するときには、実際の食材を映像として映し出しながら、解説を行っていくことが最適です。調理方法やレシピを載せるだけでなく、血圧を下げる効果の高い料理を実際に作って見せるということも効果的です。

この他に、麺類やどんぶりものなどの味がついているご飯に関しては、小どんぶりにすることも、高血圧予防のために有効です。その際、麺類のスープは残すようにし、もしスープを飲んだとしても、少量で済ませましょう。また、調理を行うときの方法にも、ポイントがあります。豆板醤や辛子、コショウやワサビ、ショウガなどの香辛料を使用したり、ハーブやシソの葉、ミョウガや長ネギ、セロリなどの香味野菜を使ったり、ゴマやクルミ、アーモンドなどの実や種を使用することや、レモンやお酢、すだちや柚子などで酸味を生かすこと、干し海老や干し貝柱、干し椎茸などの旨味素材を使用したりすることが挙げられます。

積極的に取り入れたい食べ物として、野菜や果物があります。野菜や海藻、キノコに含まれる食物繊維には、コレステロールの吸収を抑え、食後の高血糖をコントロールする働きがあり、特に野菜に含まれるカルシウムやマグネシウム、カリウムやビタミンKなどは、高血圧予防や改善に、大きく役立つのです。果物を摂取することもとても大切です。果物には、血圧上昇に対する予防効果を期待することができます。1日1回は果物を取り入れるように心掛け、1日の摂取目安としては、200グラムとされています。これは、バナナ2本、キウイフルーツ2本、イチゴ16粒相当であって、長く食べ続けるようにするためにも、旬の果物を1日1回は摂取するようにしましょう。

その他に、飲み物に関しては、緑茶や無塩のトマトジュース、お酢のドリンクなどが、高血圧予防のために、お勧めです。こうした細かな解説にも、動画の力を活用することが有益です。動画の中で、伝えたい情報だけをピンポイントに伝えていくことによって、動画を見る視聴者に分かりやすく伝えることができます。注意事項として、糖尿病や高脂血症等の病を併発している場合や、服用中の薬によっては、高血圧予防に相応しい食品やその量が変化することがありますので、この場合は担当の医師に相談をしながら、予防対策を進めていく必要があります。

②食生活以外の生活習慣も動画で説明

高血圧を予防・改善するためには、運動を行うことも重要です。具体的な運動には、全身を使用する有酸素運動が相応しいでしょう。散歩やウォーキング・ストレッチなど、日常生活の中で、無理なく行うことの可能な有酸素運動を続けていくことが大切です。ストレッチを行い、筋肉とともに血管を伸ばし、血の巡りの良好な状態になれば、血圧の低下へも結び付きます。注意すべき点として、重い物を持ち上げるような運動や、力みながら行うような身体への負担の大きい運動は、心臓に負担がかかってしまいます。そのため、高血圧予防や改善のために、相応しい運動であるということは出来ません。重い物を持ち上げたり、力んだりするような運動は、行わないようにしましょう。

また、高血圧の予防には、睡眠の重要性も挙げられます。睡眠不足という状態は、自律神経の働きを鈍らせ、高血圧のリスクを高めるとされていますので、睡眠不足を改善するため、就寝前の食事は控え、ヒーリング音楽を聴いたり、アロマオイルを焚いたりしながら、リラックスした状態を作り出す必要があります。食事に関しては、アルコールやカフェイン、チョコレートなどに覚醒作用がありますので、就寝前は避けるようにすることが大切です。またこの他に、急激な温度の変化によって血圧が大きく変動し、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす、ヒートショック現象にも十分注意する必要があります。特に、高齢者で高血圧の人は、血管拡張による低血圧症が引き起こしやすいため、ヒートショックのリスクも上がります。この対策として、気温の上昇しやすい昼間のうちに入浴を済ませたり、41℃以下での温度設定での入浴を心掛けたりすることなどが挙げられます。

食生活以外でも高血圧を予防・改善する生活習慣の方法や、高血圧により発症しやすい疾患を紹介し予防法を動画で説明するのも有益といえます。

③動画の活用で病院情報も効果的にPR

高血圧の予防には、生活習慣の改善がとても重要になってきます。毎日の食事の中で、気を付けるべきポイントが存在しています。その全てを十分に理解した上で、その都度適切な判断をしながら改善をしていくことがベストですが、忙しい生活を送る現代人にとっては、全ての人が容易にできることではないと言えるでしょう。そうした人々に向けて、高血圧を予防する動画を制作依頼し、公開することにより、クリニックのアピールを行うことができるだけでなく、実際にクリニックにまで足を運んでもらうことも期待できます。動画の中では、クリニックに関する情報をきちんと収めておくことが、大変重要になります。

そのクリニックが何処にあり、どのような医師が在籍していて、どんなことを専門にしているクリニックであるかというところは、明確にしておくべきポイントです。特にアクセスは、クリニックを訪れる患者にとって、非常に気になる部分でありますので、例えクリニックが利便性の高い場所に位置していない場合であっても、最新設備や待合室の充実性など、その他の面で工夫をしていると分かるような内容を、動画の中で紹介することが出来れば、患者が増加する可能性は、十分にあり得るわけです。高血圧の予防動画を制作することで、患者さんに選ばれる病院になる可能性があるのです。こうした予防動画の制作は、プロの映像制作企業へと依頼をお勧めします。映像制作企業であれば、安心して動画の制作を頼むことができて、短期間で高品質な動画を、実現してくれます。

弊社では、高血圧予防に関する動画制作のご依頼を承っております。高血圧予防におけるプロモーション動画の制作や、映像配信サービス、動画におけるコンサルティングや、専用機材での撮影業務など、多岐にわたる映像制作を行っております。高血圧予防に関する動画制作のご依頼は、是非弊社まで、お気軽にご連絡ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています