ジェネリック医薬品への漠然とした不安を動画で解消 | 医療映像.jp

DUMMY

ジェネリック医薬品への漠然とした不安を動画で解消

国が活用を後押しするジェネリック医薬品は、価格も安価であるため、海外にも広く普及しています。新薬と同じ有効成分を使用していますが、所々異なる箇所もあります。また高齢患者には、「長年服用している薬を変えたくない」という思いも少なからず存在します。ジェネリック医薬品を安心して使用してもらうためには、そのための具体的な説明が必要不可欠です。今回は、ジェネリック医薬品の特徴を動画で紹介することのメリットや、シニア患者にもジェネリック医薬品を安心して使用してもらうための動画の活用法まで、分かりやすく解説をしていきます。

①動画だからこそ伝わるジェネリック医薬品の全て

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許満了後に販売される、用法や用量、効果や効能、有効成分やその分量が、新薬と同じ薬となっていますが、新薬の開発を行わないため、ジェネリック医薬品の開発までにかかる期間は短く、開発費も少額で済むといった特徴があります。ジェネリック医薬品の開発にかかる費用や期間が圧倒的に抑えられるので、その価格も新薬よりも低額に設定されており、その割合は、3割以上から、中には5割以上も安くなる薬もあるため、非常に良心的な医薬品であると言えるのです。

これらの説明は、対面して直接行うよりも、動画を活用した伝達方法が、最も効果的です。医薬品は、その種類も豊富であるため、たった1つの内容の説明を対面して行うときに、患者の理解度によっては、予想以上の時間を要してしまうことも想定できます。そのため、効果的にアピールすることのできる動画が、大いに役立つのです。ジェネリック医薬品の特徴に関する説明には、実写で行うことも有益ですし、アニメーション技術を取り入れながら解説を行っていくことも良いでしょう。それだけに留まらず、CGと実写を組み合わせたり上手に取り入れながら、ジェネリック医薬品の動画を制作していくことも有効です。

このジェネリック医薬品は、患者が服用しやすいように、味や香り、大きさなどを改良して、医療従事者の方が調剤しやすいように、色々な改良がなされているものもあります。この医薬品は、錠剤であったりカプセルであったり、あるいはそうした形状の薬を粉末や液体状に変化させたものなど、幅広い形状で製造されています。これらの形状に変化させることによって、加工を行いやすくし、一定の間保存することが可能であって、効き目に変化なく使用できるようにするために、添加物が使用されているのです。

この添加物には、多くの種類が存在しますが、安全性基準を突破したものだけが使用可能であるとされています。中には、添加物の違いから、薬品の溶出性が変わってしまうこともありますので、それにおいては溶出試験をきちんと行うことにより、溶出挙動が同じであると証明することが義務付けられています。ジェネリック医薬品は、この薬を服用する患者の需要に沿って、さまざまな工夫が行われていることも特徴であります。また、ジェネリック医薬品は、海外では日常的に服用されている薬であり、世界保健機構も服用を促すほど、一般的な薬とされています。

海外での普及率も勿論高く、アメリカでは90%という高水準で普及していて、イギリスやフランス、ドイツなどでも、70%以上の水準で広まっているのです。これらの世界の国々は、日本よりも遥か昔から、医療費削減が叫ばれてきた国々であるため、医療費削減に効果的なジェネリック医薬品が広まったというわけです。現在の少子高齢化社会の中で、高騰し続ける日本の医療費を抑えるため、ジェネリック医薬品の普及率をさらに上げる取り組みも、継続的に、そして活発に行われています。

海外でも広く使用されていることや、それに比例しての普及率の説明には、動画を活用することが適切です。ジェネリック医薬品が、世界的に普及率が高ければ、使用に不安を感じる患者であっても、安心感を覚えるものです。普及率に関する海外の統計は、グラフにまとめたりして映像を制作し、解説を行っていくことが好ましいでしょう。また、ジェネリック医薬品に関する疑問点などについても、動画の中でQ&A方式を取り、患者が疑問に思いやすい内容を取り入れることによって、患者の不安を軽減することが可能です。

②高齢患者への不安にも動画から働きかけを

ジェネリック医薬品の主な種類には、糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病から、アレルギー疾患や爪白癬、抗生物質や抗がん剤などがあり、通常の薬では、開発会社が特許を取得すると、20年から25年もの間に、その開発会社が独占化をして製造や販売することが可能となります。

この特許期限の切れた後には、開発会社と異なる他の企業が同じ有効成分を使用し、製造や販売を行う薬が、ジェネリック医薬品なのです。新薬の開発にかかる期間は、9年から17年となっている一方で、ジェネリック医薬品は、新薬で安全性や有効性の確認されている成分を使用して開発されるので、3年から5年という短期間で開発することができます。

シニア患者の中には、ジェネリック医薬品がどんなものであるのかということをよく知らないために、不安を感じる患者も存在します。そうした患者に向けて、ジェネリック医薬品に関する動画を制作することによって、ジェネリックがどのような医薬品であるかということを、しっかりと理解してもらうことができます。また、動画であれば、伝えたい部分だけを、効果的に伝えることが可能です。

対面での説明を行うことも患者のために有効ですが、医師や薬剤師の視点から見てみると、一人ひとりにジェネリックに関する説明を直接行っていくことには、大切なことですがそれにかかる時間や労力を考えると、業務の効率化を目指すことは難しくなります。そのため、伝えたい内容を効率的に、そしてピンポイントに伝えられる動画を活用することが、デジタル化された現代には、より一層求められているのです。また、動画を視聴した後に疑問があれば答えていくほうがジェネリックに対する理解を得やすいでしょう。

これらのことから、ジェネリック医薬品に関する詳しい解説には、動画の力を利用することが最も効果的です。特に、ジェネリック医薬品の解説には、細かい説明も多くありますので、動画を活用し、分かりやすく伝えていくことが重要です。動画の中では、ジェネリック医薬品の種類を一覧表示することも有益ですし、個別に紹介していくことも良い方法であると言えます。ジェネリック医薬品の動画の制作には、映像制作会社へと依頼をすることが最適です。

映像制作会社は、動画に関するあらゆる知識を兼ね備えたプロフェッショナルですので、個人制作では困難とされている、特殊な技術に対する確かな技術力も備えています。また、早めに動画を完成させて欲しいという要望に対しては、短納期で仕上げてくれるというメリットもあります。評判の良い映像制作会社では、動画制作のコスト面にも定評があり、出来る限り無駄なコストをかけずに制作をしてくれます。

弊社では、ジェネリック医薬品に関する動画の制作を行っております。ジェネリック医薬品におけるプロモーション動画の制作や、映像配信サービス、動画制作におけるコンサルティングなど、バリエーションに富んだ映像制作を、低価格にて承っております。ジェネリック医薬品に関する動画制作のご依頼は、弊社まで是非お気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています