医療での放射線を動画で説明 | 医療映像.jp

DUMMY

医療での放射線を動画で説明

放射線検査には、CT検査やMRI検査、マンモグラフィ検査などがあり、放射線の利用は、患者の副作用が懸念される一面よりも、利益のほうが勝ると判断されるときに実施されます。放射線治療は、X線やガンマ線、電子線などを利用して、患部に放射線を照射することにより、がん細胞を死滅させる効果をねらう治療法です。放射線に関しての解説を動画で行う際に、一体どのようなことに気を付けて説明をしていくことが最適なのでしょうか。今回は、放射線に関する重要な知識を、動画で説明することの効果やメリットなどについて、詳しく見ていきます。

①なぜ放射線の解説に動画が欠かせないのか?

放射線治療は、患者への身体的負担が少ないため、臓器機能や形態をキープしながら治療を行うことができるといったメリットがあります。放射線治療も手術も、疾患部まで作用する治療法でありますが、手術以上の利点としては、下記の3つが挙げられます。動画を活用して解説をするときには、これらのポイントをしっかりと押さえておくことが大切です。
1.通院治療が可能である
2.手術よりも身体的負担が下がる
3.身体機能や形態をキープしながらの治療が可能である
手術自体が負担となる高齢患者や、がんの進行や転移などから、全身の状態の良くない患者や、がんが進行し、手術の難しい患者であっても、治療が可能であるケースが存在します。また、治療での痛みを伴わないというポイントも利点であり、その他に、肺がんや前立腺がんに対する大抵の定位放射線治療は、通院することで治療を行うこともできるのです。

それだけでなく、手術では、切除の難しい箇所であっても、治療をすることの可能な場合もあります。患者の症状やがんの種類によって、放射線治療の効果や、回復にかかる期間も異なり、治療する臓器や部位により、副作用の症状も大きく変わってきます。

放射線治療の副作用の起こる時期としては、治療中あるいは終了直後の急性期や、終了後から半年または数年経ってからの晩期である場合もあります。また、放射線治療の適合性については、患者のがんの種類から、状況や進行度、今までに行われてきた治療の内容によっても異なりますので、担当医や、専門医の相談が必要となります。

放射線治療に関する効果やその主な副作用、治療期間などに関しては、動画を利用して説明をしていくことがひつよう有効です。口頭で伝えることも有効ですが、その場合に、医師が患者に伝えた内容を、患者が覚えきれず忘れてしまったりするというようなことも考えられます。そうなると、患者によっては、何度も同じ内容の説明を行う必要のある可能性も否めません。

そうした状況は、効率的であるとは言えないのではないでしょうか。そのようなときに動画を活用することで、口頭で説明するよりは時間を省くことが出来、患者にとっても繰り返し動画を視聴し、疑問点を解決してもらえるため、大変有益な伝達技術であると言うことができます。

②記憶に残る放射線動画をつくるために

妊婦や子どもがX線検査を受けるときに、放射線による影響はどの程度あるものなのでしょうか。まず、妊婦の場合、一般的なX線検査による被ばく量は少ないため、胎児への影響も低いとされています。また、妊娠に気付いていない段階であっても、X線検査を受けて被ばくをするといった心配もありません。次に、子どもの場合を見ていきましょう。

子どもの放射線における感受性は、妊婦などの大人よりも高い傾向にありますが、身体そのものがまだ小さい分、検査のために必要とされるX線量も少量で済みます。また、皮膚の表面線量についても、少量のものとなりますので、X線の影響を不安に感じるような必要もないわけです。大人が付き添いで検査中近くにいる際には、放射線をガードするプロテクターを着用することにより、おおよその被ばくを防ぐことができます。

妊婦や子どものような、放射線量の気になる患者に向けて、X線検査を受けても特に問題はないということを分かりやすく伝えるために、やはり動画の活用が効果的です。放射線量と人体への影響について、伝えたいポイントを動画の中にまとめていくことで、説得力がさらに増加し、X線検査に抵抗を持つことなく、スムーズに検査を受けてもらえるという効果があります。

放射線治療は、大きく分類をすると、外部照射と内部照射の2種類に分けられます。これらは対象の疾患によって使い分けられますが、がんの治療においては、外部照射が主流とされています。この外部照射では、リニアック等の放射線照射装置を利用し、身体の外側より放射線をがん患部へと照射していきます。一方、内部照射では、身体の内側に放射線の出る針や密封小線源を入れ、体内からがん細胞へと放射線を照射していきます。

内部照射に利用される小線源には、カプセル等で密封された放射性物質を使用する密封小線源、そして密封されていない放射性物質を使用する非密封小線源が存在します。

この小線源を利用した小線源治療では、放射線源が患部付近に導入されることにより照射がなされていきます。がんにもさまざまな種類がありますが、患者一人ひとりの状態やがんの大きさなどにより、医師が最も適切であるとされる治療法を、選択していきます。

放射線を利用するときに、しきい値の決定している確定的影響と、しきい値の決まっていない確率的影響の2種類が存在しますが、確定的影響については、白内障や脱毛などの影響があり、これは一般的な放射線検査の中では、まず影響の出ることのないものですが、血管撮影検査のような一部の特殊検査であったり、放射線治療ではこれに限らず、内蔵や皮膚などにまで影響の出ることもあります。

一方で、確率的影響には、遺伝要素や発がんなどがありますが、200ミリシーベルト以上の大量被ばくをしていなければ、一般的ながんの発生率と変わりはないとされています。その他に、遺伝的要素からの発生は、科学的に証明されている事例は存在していないことからも、放射線検査を受けての被ばくにより、がんになる可能性が高まるというような心配をする必要はないわけです。

放射線治療中の日常生活は、基本的に通常通りで構いませんが、治療開始後よりしばらく経つと、身体に疲労を感じ始めたりすることがありますので、そんなときには、ゆっくりと休息をとるようにすることが大切です。

食事面に関しては、バランスの良い食事を心掛け、栄養のある食べ物を摂取していきましょう。入浴は、出来る限りぬるめのお湯に浸かり、睡眠はたっぷりと取るようにしてください。また、治療を受ける部位の皮膚には、以下の変化が生じることもあります。
1.紅斑・・・日焼けをしたように皮膚が赤くなる状態
2.湿性落屑・・・皮膚が水ぶくれのようになる状態
3.乾性落屑・・・皮膚がカサカサと痒くなる状態
こうした症状の起こったときには、以下の点に気を付けましょう。
1.掻いたりこすったりしないように注意する
2.治療部位に直射日光が当たらないようにする
3.治療部位を締め付ける服用を避ける
4.ひげ剃りに電気シェーバーを使用する
5.塗り薬は事前に担当医に相談を行う
6.化粧水は使用しない

放射線治療中の日常生活に関しても、積極的に動画を活用していくことが効果的です。動画にすることで、多くの時間をかけることもなく、本当に伝えたい情報だけを伝えられ、患者の記憶に残る動画を見せることができるため、非常に合理的であると言うことができます。動画は、実写で解説を行うのも良いですし、CGなどを取り入れることもまた有益です。

放射線に関する具体的な内容を説明したいときには、動画の活用が欠かせません。そして動画の制作には、映像制作企業へと依頼を行うことが必要です。映像制作企業へと依頼をすることにより、動画のプロならではの高い技術力のもとに、鮮やかで美しく、イメージ通りの動画を制作してくれます。

弊社では、放射線に関する動画の制作依頼を承っております。放射線におけるPR動画の制作や、映像配信サービス、動画制作のコンサルティングなど、多岐にわたる映像制作を、低価格にてご利用いただけます。放射線治療に関する動画制作のご依頼は、是非弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています