メンタルヘルスケアを動画で | 医療映像.jp

DUMMY

メンタルヘルスケアを動画で

ストレス社会である現代では、ストレスが蓄積されていくことによる心の不調に悩む人の多い社会となっています。この激動の時代を生き抜くために、ストレスは避けられないものであるということを認識した上で、ストレスと如何に上手く付き合っていくことができるのかということを考え、適切な行動をする力が必要です。今回は、メンタルヘルスケアに関する説明に、動画を活用して分かりやすく伝えることの重要性について、詳しく解説を行っていきます。

①動画から学ぶ正しいストレス対処法

ストレスの初期段階は、さまざまな症状が表れることがあります。ストレスから引き起こされる初期症状には、以下の症状が挙げられます。
🔶憂鬱な気分・落ち込みがある
🔶何をしても楽しめない
🔶すぐにイライラしてしまう
🔶漠然とした不安を感じる
🔶いつも何だか落ち着かない
🔶息切れ・動悸がある
🔶確認作業を繰り返してしまう
🔶誰もいない場所で誰かの声が聞こえる
🔶食欲がない・食べても美味しいと感じない
🔶寝つきが悪い・熟睡することが困難である
🔶深夜頻繁に目が覚めてしまう
上記に当てはまる症状がある場合には、メンタルクリニックを受診することも検討しましょう。動画を利用してメンタルヘルスケアに関する解説を行う際には、ストレスの初期症状の情報を動画内に取り入れることは必要です。

精神的な不調を感じていても、自らの症状に気付くことが難しいというケースは少なくありません。本人らしくない言動が目立ったり、日常生活を送る上で何らかの支障が出たりしたときに、家族や職場の同僚など、周囲の人が先に気付くことも多くあります。

こうしたときには、本人のためにも躊躇うことなく、相談に乗るなどの対応をすることが必要です。本人が応じない場合には、専門の医療機関を受診するよう、勧めてあげることも大切です。この他に、下記のような以前と異なる状況の続く際には、本人に対し身体の調子を尋ねてみることも大事でしょう。
🔶服装の変化が見られる
🔶以前と比べてかなり痩せた・太った
🔶最近感情の起伏が激しくなった
🔶表情が乏しくなった
🔶孤独を好むようになった
🔶独り言が多くなった
🔶周りの視線に過敏になった
🔶遅刻や欠勤が増えた
🔶トラブルが増加した
🔶間違いが多くなり、物覚えも悪くなった
最近極端に疲れやすくなったり、きちんと寝ているのに翌日だるさが残ったり、肩こりが辛いなどの症状がある場合には、セルフケアを行うことによって改善をすることが可能です。疲れやすさやだるさの改善には、起床時間を定め、同じ時刻に起床するようにしましょう。同じ時刻に起床することにより、脳内に存在する睡眠ホルモンの出る時刻も定まります。そのため、疲れやだるさの改善に効果的なのです。

バランスの良い食事を心掛け、適度な運動を行うことで、疲れやだるさだけでなく、不眠といった症状の改善にも、大いに期待することができます。肩こりの辛いときには、蒸しタオルで患部を温めたり、湯船に浸かる時間を持つようにしましょう。これは温熱療法といい、患部を温めることによって血行を良くし、筋肉のこわばりを取るために有効なセルフケア方法です。

疲れやだるさ、肩こりに関するセルフケア法を動画にすることは、多くの患者が求めており、需要が大きいと言うことができます。動画で解説を行うことで、どこにいても簡単にセルフケアを行うことが可能です。

②映像が導き出す思考と行動を変える方法

人がこの世を生きる上で、何かしらのストレスは必ず溜まるものです。これはつまり、ストレスそのものへの考え方や行動を改めていく必要があるということです。では、一体何をどのように改めていけば良いのでしょうか。具体的な改善点は、以下になります。
🔶ストレスに対する考え方を変える
🔶自分と他人を比較しない
🔶心と行動を常にシンプルに
🔶メリハリをつけた生活を心掛ける
🔶食生活を改善する
まず、ストレスに対する考え方を変えるということについては、基本的に物事をポジティブに捉えて行動をすることがストレスの軽減に直結します。起こってもいないことをネガティブに考えてしまっては誰でもストレスが溜まるように、今後のことを常にポジティブに考えられるよう思考をシフトし、少しずつでも確実にストレスを緩和していきましょう。

また、自分と他人を比べないことも大切です。自分と誰かを比べてみたところで、それが後に自分にとって何の得にもならない可能性は非常に高いのではないでしょうか。他人と比較をすることに貴重な時間を費やすよりも、自分の得意なことや夢中になれることへ時を費やすことで、時間の有効活用をしていきましょう。

こうしたポジティブな思考法は、精神面を支える意味でも大変有効ですので、動画として活用することによって、分かりやすく伝えることが出来、その後どのように行動すれば良いのかということまで、映像を用いて導き出すことができます。

この他、出来るだけ悩まずシンプルに決断をすることもとても大切です。心と行動を常にシンプルに保っていれば、大きなストレスを抱えて生きることもありません。過去の思考の仕方や行動を改め、シンプルに行動し、メリハリをつけた生活をすることが大事です。

職場と家庭のメリハリをつけた生活を送ることができれば、ストレスを大幅に軽減することができます。また、食生活を改善することもストレスの軽減のために必要です。ストレスと食生活は密接な関係にあり、食品添加物や加工食品、乳化剤やグルテンなどの摂取は、意識的に減らしていくことが重要でしょう。

食事が変われば内蔵への負担が減り、腸内環境が整います。それにより、免疫力も高まります。それだけでなく、バランスの取れた食事は、精神疾患予防にも関係してくるのです。

一見、メンタルヘルスケアと食事との関係は薄く感じますが、食事の重要性を動画で解説することにより、メンタルヘルスとの関係性をわかりやすく伝えることができます。

これらのことから、健康的な食事を意識して摂取することで、精神的な病でさえも予防することが可能であると言えます。野菜や果物を日常的に摂取するようにしたり、自炊を基本とする生活へ切り替えるといったことから、食生活の改善をしていきましょう。

③良好な人間関係の構築に動画の力を

職場や家庭でストレスや不安を抱える人の割合は、年を追うごとに増加傾向にあります。そうしたストレスや不安の多くに人間関係が原因となっているという事実も確かに存在します。人間関係という極めてデリケートな問題が身近にある中で、たった一人であっても誰かに相談できる相手がいるだけで、ストレスや不安、そして自分自身の心との向き合い方もまた変わってくるものです。しかし、全ての人が必ずしもそうした相談相手を見つけられるというわけではないということもまた事実です。

職場の上司や同僚の他、家族であっても心の悩みを打ち明けられないという声は、意外と多く耳にします。身近な相手だからこそ伝えづらい、あるいは理解してもらえるかどうか不安であるというときには、メンタルクリニックを利用することも検討する必要があります。メンタルクリニックの医師は、心の病の専門科ですので、たとえどのような内容の悩みであっても、すぐに理解をしてくれるでしょう。

深く抱え込んでしまうほどの悩みを、素直に打ち明けることのできる相談相手を見つけることは、重くのしかかるストレスを軽減させるために必要なことです。ストレス対策やセルフケアに関する動画だけでなく、こうした相談相手の見つけ方に関する動画を作ることも非常に有益であるのです。

メンタルヘルスケアに関する詳しい情報を分かりやすく効率的に伝えたいときには、動画の活用が最適です。メンタルヘルスケアにおける動画の制作は、映像制作会社へ依頼をする必要があります。映像制作会社へ依頼することによって、プロフェッショナルだからこそ実現できる優れた技術力を駆使し、鮮明で理解しやすい動画に仕上げてくれるでしょう。

弊社では、メンタルヘルスケアに関する動画の制作を行っています。メンタルヘルスケアにおけるプロモーション動画の制作や、映像配信サービス、動画制作のコンサルティングなど、幅広い映像制作を短納期で仕上げ、低価格で提供致しております。メンタルヘルスケアに関する動画制作のご依頼は、弊社まで是非お気軽に、ご連絡ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています