動画で誤嚥予防を | 医療映像.jp

DUMMY

動画で誤嚥予防を

年齢を重ねると低下する嚥下機能。嚥下障害が起きると、食べることや飲み込むことに困難が生じ、生活の質が下がったり、楽しみだったはずの食事に苦痛を感じてしまう場合があります。嚥下障害を発症してしまっても、いつまでも食事を楽しめるよう改善するには、どのような対策を行う必要があるのでしょうか。今回は、嚥下障害の起こる原因や、誤嚥性肺炎になるメカニズム、食事の工夫やリハビリを、動画で分かりやすく解説することの効果などに関して、詳しく説明を行っていきます。

①嚥下障害の原因とは?

🔶加齢
加齢によって歯が欠けてしまったり、舌や咀嚼機能の低下、唾液分泌の低下等が生じることで、咽頭への食べ物の送り込みに遅れが発生するなど、口腔内でのトラブルが生じます。咽頭においても、咽頭の位置の低下から、嚥下する際の咽頭挙上が不完全となるだけでなく、上食道括約筋の閉鎖という不完全も生じることから、咽頭に食べ物や唾液が残りやすくなり、誤嚥をきたしやすくなります。この嚥下機能に関する加齢の影響には、個人差があるため、高齢になっても嚥下障害を発症しないこともあります。

🔶心因的要因
病院を受診しても、嚥下障害に繋がる原因の見当たらない場合があります。この場合に、うつ病や心身症、ストレス性障害などの心因性疾患が原因となっている可能性があります。特に、日頃より精神的ストレスを抱きやすい環境にある現代人にとって、この心因的要因というものが大きく関係するケースも、多く見られるのです。

🔶病気
非常に多い病として、脳卒中が原因となり引き起こされる嚥下障害が存在します。その他に、進行性の神経筋疾患やサルコペニア、パーキンソン病なども嚥下障害の原因として挙げられます。全く別の分野では、腫瘍によって嚥下障害の起こることもあります。

嚥下障害になってしまう原因を明らかにすることによって、ではその次にどのような行動を起こせば良いのかということへの手助けとなる可能性も高いでしょう。このような内容には、動画を取り入れて説明を行うことによって、効率的且つ効果的に理解してもらうことができます。

②誤嚥性肺炎のメカニズムを動画で解説

認知症患者や高齢患者、神経性の疾患から寝たきりといった患者は、口腔内の衛生面が十分ではない場合もあり、口腔内で肺炎の要因となる細菌の多く増殖することがあります。また、嚥下機能の低下より、口から食道に入るものが、気管へ入ってしまうことで誤嚥を発症しやすくなります。誤嚥で唾液や食べ物、胃液とともに細菌が気道に侵入することにより、肺の内部で細菌繁殖が起こり、そして炎症を起こすことによって誤嚥性肺炎へと繋がります。

食べ物の誤嚥の他、口腔内や喉の粘膜に存在する細菌を含む唾液の誤嚥や、就寝中に食道と胃の逆流といったことから、胃酸を含む胃の内容物を誤嚥して発症することもあります。一度この誤嚥性肺炎を起こしてしまうと、気道の粘膜に傷がつき、異物への反射機能が鈍化し、誤嚥しても咳の発生しにくい状態となります。誤嚥したものを排出することが困難となることで、肺炎リスクの上昇といったことが起こります。

何故、誤嚥性肺炎になってしまうのか。それを知りたい患者は多く存在します。そのような患者に向けて、動画を活用して解説を行うことによって謎が解けます。誤嚥性肺炎の予防対策法を、動画を使って説明することもまた有益でしょう。所々でCGやアニメーションを活用して解説をすることも効果的です。

③動画で学ぶセルフリハビリ

誤嚥性肺炎を発症しないためにも、誤嚥を起こさないということがとても重要になってきます。誤嚥しやすい食べ物として、口や喉にくっつきやすい生野菜やお餅、焼きのりなどがあります。歯で噛み切りにくい蒟蒻やきのこ類、タコやイカなども注意が必要です。水分の少ないパンやゆで卵、イモ類、口の中に散りやすい豆類やひじき、ひき肉やナッツ類も気を付ける必要があります。

これらのことから、誤嚥予防のためには、まず食事の工夫を行うことが必須であると言うことができます。スムーズに飲み込みやすくする工夫として、生野菜は塩もみし、しんなりとさせてから食べるようにしましょう。タコやイカは、細かく隠し包丁を入れ、食べやすく一口大に切り分けます。

パンは、基本スープなどで水分を含ませてから食べるようにし、ひき肉は丸く固めるなどし、スープに入れると食べやすくなります。大根おろしや山芋、絹ごし豆腐などと和えて食べるのも、誤嚥予防に有効です。さらに飲み込みやすい形状とするために、市販のとろみ剤を利用することも効果的です。

この他に、食べる姿勢にも気を付けることによって、誤嚥を防ぐことができます。椅子に深く座り、顎を引き、口を閉じてしっかりと噛んでから飲み込みます。意外と多い間違った食事の仕方として、口に食べ物を頬張りながら喋ることがありますが、これはむせてしまったり、誤嚥を起こす原因にもなり得ますので、喋るときは決して口に食べ物を頬張らないことを徹底しましょう。

誤嚥予防に効果的であるとされる食事の工夫、誤嚥しやすい食材の紹介、誤嚥しにくくなる調理方法、食べるときの注意点など動画を活用することが最も適切です。食事に気を付けることの他、自宅での簡単なリハビリでも、誤嚥を防ぐことができます。主なリハビリには、以下の4つが挙げられます。

🔶口周辺や顔・首のマッサージ
入浴中や時間のあるときに、指や手の甲を使い、口周辺から顔、そして首を優しくマッサージします。このマッサージを行うことにより、筋肉の緊張を和らげ、嚥下予防に繋がります。この他、口周辺をや顔、首を大きく動かしてみたりすることも、食べ物を噛むときに必要な筋肉を鍛えることができます。

🔶首や肩のストレッチ
両手を上げたり下げたり、首を傾けたりするストレッチを行います。これを行うことで、飲み込みに必要とされる筋肉を鍛えられるだけでなく、食べ物が気管に入ってしまったときも、外に強く押し出す力をアップさせることができます。

🔶早口言葉
早口言葉は、口の筋肉の動きをスムーズにさせ、誤嚥予防に役立ちます。日頃から早口で話す習慣というのも、誤嚥を起こさないために効果的です。また、早口は脳を活性化させる働きもありますので、習慣化させることも良いでしょう。

🔶歌唱
歌を歌う習慣のある方は、まさに誤嚥予防が出来ていると言っても過言ではありません。歌うことは腹筋を鍛え、食べ物が気管に入った時にも、外へと強く押し出す力をさらに高めていきます。カラオケで日常的に歌う習慣のある方も、十分な誤嚥予防ができていると言うことができます。

口周辺のマッサージやストレッチ、早口言葉や歌唱など、自宅でできる簡単なリハビリ方法を映像から学ぶことによって、口頭よりも素早く理解してもらいやすく、繰り返し動画を見てもらえたり、リハビリ指導者への一助となったり映像活用効果は計り知れないものがあります。

誤嚥予防動画の制作依頼は、必ず映像制作会社へ依頼を行うようにしましょう。個人制作では限界のある誤嚥予防動画であっても、プロフェッショナルであれば、豊富なテクニックを駆使し、理解しやすいイメージ通りの動画へと仕上げてくれます。これは、映像制作会社だけが保有する特殊な技術であり、映像制作依頼を行うことによって、動画制作に対する不安も、解消することができます。

弊社では、誤嚥予防に関する動画の制作を行っております。誤嚥予防のプロモーション動画や動画配信サービス、嚥下予防動画のコンサルティングやマーケティングなど、色鮮やかで美しく、高品質な映像制作を、低価格でご利用いただけます。誤嚥予防に関する動画制作のご依頼は、是非弊社までお気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています