白内障の症状と手術を動画で説明 | 医療映像.jp

DUMMY

白内障の症状と手術を動画で説明

白内障は、早ければ40歳から発症し、80歳を超えたところで、ほとんどの人が何かしらの白内障の状態に陥ると言われています。放置さえしなければ、基本的には失明までいくような病ではありませんが、最終的には手術を必要とします。また、片目が問題ない場合に、直ぐに気づきにくいことから、手術以外の選択肢がないというケースも多く存在しています。白内障の手術は非常にポピュラーな手術ではありますが、顕微鏡を使用するなど、大変繊細な手術となります。今回は、白内障になる仕組みから、日帰り手術に関する情報を動画で説明するメリット等について、分かりやすく解説をしていきます。

①映像効果を白内障の解説へ応用

①映像効果を白内障の解説へ応用

白内障になると、靄がかかったように見えたり、乱反射で眩しく見えたりするようになりますが、白内障の進行状況から水晶体の濁りがさらに強くなると、光を遮ってしまうため、網膜にしっかりと光を届けることが出来なくなります。この辺りまで進むと、視力が低下することとなります。また、老眼になると、手元の見えづらさや細かな文字の読みづらさが主な症状として出てきますが、それらは通常、老眼鏡をかけることによって改善します。

しかし、老眼鏡をかけても改善の見えないときには、白内障の疑いがあるでしょう。眼鏡の度数が合わなくなっただけのように感じ、新たに眼鏡を作ろうと眼科へ行った際、白内障が発見されるということも、実は多くあるのです。白内障の原因として、全体の90%以上を加齢が占めていますが、その他の原因として、先天性の白内障であったり、糖尿病性の白内障、外傷性の白内障によって引き起こされるなど、色々と種類があり、年齢や進行具合によっても異なってきます。

白内障の種類の解説は、積極的に動画を活用していくことが重要です。言葉だけでの直接的な説明は、医師の先生方の時間を費やすこととなり、非効率的であると言うことができます。動画を活用した解説であれば、伝えたいポイントに絞って効果的に伝えることができて、理解するまで繰り返し見てもらえるという大きな利点があります。また、細かな内容も含むことから、動画を通して伝えることが効率的です。白内障の主な種類は、以下になります。

◇加齢性白内障
加齢が原因となる白内障は、誰にでも起こりうる現象の1つとされていて、長年の紫外線暴露の影響により活性酸素が増加し、水晶体内のたんぱく質が変化することで、加齢性白内障の原因となります。白内障は、早ければ40代から発症することも珍しくなく、水晶体の周りから濁りが発生し、中心に向かい少しずつ進行していくものが一般的です。発生初期段階では自覚症状がなく、眼科で検査をし、そこで初めて白内障と分かるケースが多くあります。

🔶先天性白内障
生まれつき水晶体に濁りのある症状であり、原因としては遺伝、あるいは母親が妊娠中に発症した風疹が、胎内で感染を引き起こすこととされています。症状は少しずつ進むため、経過観察することが基本ではありますが、水晶体の濁りが強く、見え方にトラブルの生じた際には手術となります。また、この先天性白内障を赤ちゃんが患う場合には、注意が必要です。
この場合、親が早期に気づく必要があるわけですが、もし万が一、赤ちゃんの白内障をそのまま放置してしまうと、視力の発達に影響を与えるため、成長段階で弱視となる可能性があります。生まれつき症状のあるケースと、成長過程において白内障の現れるケースとが存在し、後者であれば、発達性白内障ということもあるのです。

🔶糖尿病性白内障
糖尿病で高血糖値の状況が続くことによって、過剰な糖を排出するためポリオール代謝が進み、細胞内のソルビトールとフルクトースの濃度が上がります。このソルビトールは、水晶体内部に蓄積しやすいため、白内障の原因になるとされている糖分です。糖尿病性白内障は、水晶体後部にある後嚢の中心から濁っていきますので、視力障害というような症状が、初期段階より現れるのも特徴です。

🔶外傷性白内障
目の怪我が原因となって発症し、発症原因は目に強い衝撃を受け、水晶体が衝撃を受けることとされています。肉体労働で目を打ってしまったというような強いダメージを受けたときや、サッカーやバレーボールなどのスポーツ中、ボールが目に当たった衝撃などで、白内障を発症することがあります。この他に、眼内の手術中、水晶体が衝撃を受けることによって発症をするケースもあります。
ダメージの度合いによっては、水晶体嚢が裂けたり、水晶体亜脱臼を起こすこともあるため、状況次第では通常の手術で対応不可能な場合や、眼内レンズを挿入不可能となる場合もあり、外傷性白内障は進行の早いことが多く、即手術といったケースも多く存在します。また、怪我から数年経った後に、白内障の症状の出るケースも存在します。

🔶アトピー性白内障
アトピー性皮膚炎を発症する30%ほどの方が、白内障を併発させています。アトピー性皮膚炎による発症原因は、まだ明確に解明されていないところもありますが、アトピーとの関連について、免疫の異常と、痒みに対して掻いたり擦ったりというような刺激が挙げられます。

白内障の種類や原因の説明には、CG動画を活用したアピール方法も有効です。CGを活用することによって、実写動画のようにリアル過ぎてしまうということもないため、手術予定の患者に対しても、手術前に恐怖感を持たせることなく、動画を見てもらえるというメリットがあります。

②手術説明にも欠かせない動画の効力

日帰り手術は、体力に自信があり、生活のリズムを崩したくないという方や、入院をすると認知症の進む可能性のある方、不慣れな入院環境から身体を壊してしまうような可能性のある方にも、日帰り手術が相応しいでしょう。糖尿病や高血圧などの疾患があっても、通常であれば日帰り手術が可能であって、手術の終了後、付き添いを受けて帰宅できることから、身体への余計な負担をかけず、普段の生活スタイルをそのままに保つことができるといった利点もあります。

手術後の入浴に関しては、シャワーを浴びることは構いませんが、シャワーのお湯が顔や髪にかからないように注意し、浴槽につかることも術後1週間は避けるようにしましょう。お化粧も術後1週間は控え、毛染めやパーマは術後1カ月後から可能となる場合が一般的とされています。

アルコールは、基本的に術後2週間は禁止とされており、アルコールと同様に、煙草の煙も目への刺激が発生するため、控えるようにします。また、術後1週間の洗顔や洗髪も禁止されているので、術後はそうしたことに気を付けて生活をしていきましょう。

日帰り手術に関する情報の解説も、動画を活用することによって、多くの患者に効率的に、分かりやすく伝えられるという効果があります。術後に通常通り行って良いこと、そして禁止されていることを、動画の中で明確に分類をし、説明をすることも有益です。また、動画の中で比較表を制作し、術後何を通常通り行うことが可能で、何が不可能なのかということを説明するという方法も、一目で理解をしてもらえるため、最適です。

白内障の症状と手術における動画の制作依頼は、映像制作専門企業へ依頼を行うことが一番です。動画を自主制作するという方法もあるようですが、さまざまな点において、やはりプロの制作する動画とは、かなりの差が出ます。特にCGやアニメーション制作に関しては制作実績のあるプロに任せるのが、視聴者に理解しやすい映像に仕上がります。

弊社では、白内障の症状と手術に関する動画の制作を行っております。白内障の症状と手術についてのPR動画や映像配信サービス、CG動画制作やマーケティング・コンサルティング等、高い技術力を駆使した幅広い映像制作を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。白内障の症状と手術に関する動画制作のご依頼は、弊社まで是非お気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています