アレルギー性鼻炎を動画で説明 | 医療映像.jp

DUMMY

アレルギー性鼻炎を動画で説明

花粉を原因として発症しやすいアレルギー性鼻炎は、アトピーや食物アレルギーよりも完治しにくいアレルギーであるとされています。この鼻炎の種類として、ダニやハウスダストなどを抗原とする通年性アレルギー性鼻炎と、スギ花粉などを抗原とし、特定の季節に起こる季節性アレルギー性鼻炎が存在します。小児のアレルギー性鼻炎については、放置をすると気管支喘息になってしまう可能性もあります。このアレルギー性鼻炎の治療法には、一体どのようなものがあるのでしょうか。今回は、アレルギー性鼻炎の症状や、有効な治療法を動画で伝えることの効果などに関して、詳しく解説を行っていきます。

①動画から知るアレルギー性鼻炎の主な症状とは?

アレルギー性鼻炎は、年間を通して発症する通年性のものと、ある一定の時期に起こる季節性のものとがあり、主な症状には、発作性のくしゃみや透明な鼻水、鼻づまりなどが挙げられます。アレルギー性鼻炎の特徴的な症状として、透明なさらさらとした鼻水が止まらなかったり、くしゃみが数回、多ければ数十回連続して出たりすることもあります。

また、鼻づまりの症状は長期的に続き、咳が出ることもあり、生活を送る上で困ることが多い症状でもあります。アレルギー性鼻炎が風邪と異なる点として、風邪は粘り気のある鼻水で、くしゃみは連続しても3回から4回ほどとされており、鼻づまりや咳は、数日続くなどの症状が特徴となっています。

アレルギー性鼻炎の主な症状や、風邪との違い等に関する内容は、動画を活用して説明を行うことが有益です。映像を使って解説を行うことによって、伝えたい内容だけをコンパクトにわかりやすくまとめることができるため、大変合理的であると言うことができます。また、実写映像などを活用し、アレルギー性鼻炎と風邪の異なる点に関する比較動画を制作することも最適です。

動画は、拡散されやすい性質を備えているため、SNSやインターネットを通し、より多くの患者に動画を見てもらえる可能性も高いのです。この他、アレルギー性鼻炎に効果のあるとされる治療方法や医療機器を紹介したいというときにも、動画を活用しない手はありません。動画を使って効果的に治療方法や医療機器をPRすることができれば、結果として売り上げアップへと繋がるわけです。

②高齢者でも発症するスギ花粉 診断法を映像で解説

スギ花粉など、決まった時期に発生するアレルゲンを原因とする季節性アレルギー性鼻炎は、高齢者であっても発症してしまうことがあります。アレルギー性鼻炎の原因が何なのかと気になるときに、その原因を調べる検査を行う方法として、血液検査や皮膚テストなどが挙げられます。

まず血液検査ですが、これには血清特異的IgE検査というアレルギー症状の原因となるアレルゲンが何であるのかということを調べる検査になります。検査の結果、アレルギー症状の確認される際には、保険で検査を行うことが可能となっています。検査アレルゲンを選択する方法として、一度に行うことのできる検査は、13項目にも上ります。

検査結果が出るまでには数日を要し、皮膚テストにおいては、皮膚にアレルゲンを投与することにより、反応を調べるものになります。これは腕で行い、アレルゲンを塗布した箇所に針先で傷を付けるスクラッチテストと、皮内注射でアレルゲンを注射する皮内テストの2種類に分類されます。皮膚テストは、低い費用で行えて、短時間ですぐに結果を見ることができるというメリットがあります。

効率的に検査を行いたいときには、この皮膚テストを行うことが適切でしょう。アレルギーの原因を特定する検査の細かな情報についても、映像を活用して分かりやすく伝えていくことが大切です。これらのアレルギー症状の原因を調べる検査等の情報は、種類の多さなど複雑な内容を含むことから、まさに映像の分かりやすさが必要であると言っても過言ではありません。

例えば、アレルゲンを塗布した箇所に針先で傷を付けるスクラッチテストと、皮内注射でアレルゲンを注射する皮内テストは、実写映像ではリアル過ぎるといったことから、患者によっては最後まで映像を見てもらえないかもしれない可能性もありますが、そんなときこそアニメーション動画を活用することが重要です。

アニメーション動画を活用すれば、リアル過ぎない上、表現を柔らかくすることができるため、アレルギー性鼻炎のための説明を行う動画を安心して最後まで見てもらえるという効果があります。また、アニメーションは検査方法や内容を保護者と共に聞いている小児患者に伝えるのにも適しています。

③動画で紹介する効果的な治療法

アレルギー性鼻炎の治療法として、まず抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエンなどの飲み薬が適用されます。これらの薬は、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの鼻炎における症状を抑え込むために使用します。くしゃみや鼻水の酷い際には抗ヒスタミン薬を、鼻づまりの酷い場合には抗ロイコトリエン薬を服用します。

また、鼻の内部に働きかける鼻噴霧液もアレルギー性鼻炎の治療法として使用される点鼻薬とされています。鼻への刺激を強く感じやすい患者であれば、入浴後にこの鼻噴霧液を使用します。この他、舌下免疫療法という治療法もあります。この舌下免疫療法は、抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬を服用しても症状の良くならない際に、医師から勧められる可能性のある治療法です。

舌下免疫療法は、ダニやスギなどの抗原の含まれるカプセルを、舌の下に1分から2分置くことによって治療を行っていきます。薬を増やしたくない方であれば、手術という選択肢も挙げられます。具体的な手術方法として、粘膜を残し、土台の小さな骨を取り出し、神経を処理する方法と、レーザーを照射する方法、粘膜を切る方法などがあります。

レーザー照射は毎年受ける必要があるため、一度で済ませることができる小さな骨と神経を処理する方法での手術が最も適切であると言うことができます。小さな骨を取り、神経を処理する理由としては、鼻水を減らすために行われるものとなっています。薬を増やしたくないときであったり、症状の酷いときには、小さな骨と神経を処理する手術が有力な選択肢として挙げられるでしょう。

飲み薬や鼻噴霧液、舌下免疫療法やレーザー、骨と神経を処理する手術など、これらの治療法にも動画を活用し、効果的にアピールをしていくことが必要です。動画であれば、手術解説の際に、医師のコメントやインタビューを挟みながら説明を行っていくことも、多くの患者に動画を見てもらえるという効果があります。特に花粉症などアレルギー性鼻炎の患者は増加傾向にあり、新しい治療法に興味を持ち情報を収集しています。

多くの患者に最後まで見てもらうための動画を制作するには、動画制作専門企業の協力が必須であると言えるでしょう。動画制作専門企業に依頼をすると、幾つかのプロセスを踏みながら効率的に制作してくれるので、クライアントは時間も手間も無駄にすることがありません。また、視聴者にわかりやすい映像を確実に作り上げてくれるのも、動画制作専門企業に制作依頼をすることの大きなメリットです。

弊社では、アレルギー性鼻炎に関する動画の制作を行っております。アレルギー性鼻炎のPR動画制作や映像配信サービス、動画マーケティングや映像コンサルティングなど、高い独自技術を、低価格にてご利用いただけます。アレルギー性鼻炎に関する動画制作のご依頼は、弊社まで、是非お気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています