「お薬手帳」の大切さや便利さを動画で | 医療映像.jp

DUMMY

「お薬手帳」の大切さや便利さを動画で

いつどこで、どのような薬を処方してもらったのかということを記録しておくお薬手帳は、複数の医療機関を受診するときや、転居をしたとき、あるいは災害に見舞われたときなどに、服用する薬を医師や薬剤師に、正確に伝えることのできる手帳です。医療機関にかかる際は、事前に言いたいことや伝えたいことを記述しておき、診察の際に持参をすると、安心です。今回は、お薬手帳の利便性の高さや重要性を、動画で解説することのメリットやニーズについて、分かりやすい説明を行っていきます。

①動画で情報の一元化を図る

お薬手帳を使用すると、旅行先で病気になってしまったときや、休日診療や救急病院を受診する場合、災害時に避難の必要になった際などに、薬の情報を正しく伝えることができるため、それらのシチュエーションでは特に役立ちます。このお薬手帳は、複数の医療機関や薬局に通っているときであっても、1冊にまとめて管理するようにしましょう。

1冊にまとめることにより、薬に関する情報の一元化を叶えることができるからです。そのため、お薬手帳は常に持ち歩くようにし、いつも同じ場所に保管をするよう、心掛けながら生活をしていくことが重要です。また、処方された錠剤が大きく、飲みにくいときには、お薬手帳にメモをしておくと、小さめの錠剤や、あるいは粉薬などに変えてくれるような場合もありますので、きちんとその旨をお薬手帳にメモをするようにしましょう。

お薬手帳の情報の一元化について、動画を活用して説明を行うことで、お薬手帳が本当に必要だという情報を、多くの患者に向けて効率的に伝えることができます。そのため、積極的に動画を使ってデジタルサイネージなどでアピールをし、情報を広めていくことによって、病院や薬局の更なるイメージアップに繋がります。またそれだけでなく、信用度を高めることにも直結していきます。

②携帯アプリの紹介に映像をフル活用

現在のお薬手帳には、利便性の高い携帯アプリも存在しています。医療費3割負担の患者でお薬手帳を持参すれば、約40円薬代が安くなります。医療費が安くなるこのシステムは、おおよその携帯アプリでも同様に適用されます。そのため、ついお薬手帳の持参を忘れてしまうという患者は、携帯アプリのほうにシフトすることも、視野に入れると良いでしょう。

近年では、さまざまなお薬手帳携帯アプリが出ていますが、健康を管理するシステムの付属されたアプリや、患者の家族のお薬手帳まで管理可能なアプリまであり、個々の生活にフィットするアプリを選択し、適切に利用していくことが大切です。お薬手帳の携帯アプリを利用することの利点として、お薬手帳を自宅に忘れてしまう心配がないという点が挙げられます。

また、旅行先で急な病気になり、すぐに病院へ行かなければならないというときにも、スマートフォンの中にお薬手帳が保管されていれば、現地の医師や薬剤師と、過去の服薬情報を容易に共有することが可能です。外出時に持ち歩いたり、身近な存在にあるスマートフォンであるからこそ、急な診療を必要とする場合にも、しっかりと対応することができるという点は、お薬手帳の携帯アプリとして、最大の利点であると言えるでしょう。

お薬手帳の携帯アプリに関する情報も、動画を活用することによって、効果的に宣伝をすることができます。実写映像での解説には、携帯アプリを使い、どのようにお薬手帳と同様の仕組みを利用することができるのかということの説明や、携帯アプリを使うことのメリットなどを、詳しく解説していくことが有効です。お薬手帳の携帯アプリを、実写動画で説明することの他、場合によってはアニメーションを活用し、解説を行うことも、適切です。

患者の家族のお薬手帳まで一元管理することの可能な携帯アプリは、高齢患者や小児患者の通院に付き添う際に、大変便利な仕組みとなっています。高齢患者や小児患者のケースでは、同時期に幾つかの病院に通っているというケースもあり、そうした患者の薬に対する正確な情報を、医師や薬剤師にきちんと伝えることは、とても重要なことです。

患者の現在の薬の飲み合わせであったり、アレルギーがあるかどうかという情報は、患者の健康に深く関係する、重要情報です。お薬手帳の携帯アプリによっては、処方箋そのものを写真撮影し、その写真を調剤薬局へと送り、次回の処方薬の受け取り予約が可能な携帯アプリもあります。このシステムを利用することによって、薬局での待ち時間を大幅に短縮させることもできるのです。

③薬の重複や相互作用を動画で解説

薬は、病を完治させるために必要不可欠なものですが、万が一服用方法をミスすると、薬の効果が弱まってしまうこともあります。特に、幾つかの薬を服用しているときには、薬の成分が互いに作用し合うことにより、予想を超える強い効果が出てしまったり、あるいは薬の効果が出にくくなったりということもあるのです。

このことを薬の飲み合わせといいますが、お薬手帳における動画の解説を行う際には、この飲み合わせに関する情報も欠かすことができません。動画を活用して説明を行う際には、実写動画での解説の他、アニメーションを活用し、より分かりやすく伝えるという方法も、効果的です。お薬手帳は小児患者も利用するため、実写映像だけでなく、アニメーション動画が役に立つ場合も、数多く存在します。

薬の飲み合わせは、以下の2種類のケースに分類されます。

(1)効き目が弱く、効果の出ないケース
・相反する作用を持つ薬の飲み合わせ=互いに効き目を無くし合い、治療効果が出なくなることがあります。

(2)効き目が強く、効果が出過ぎるケース
・類似成分の飲み合わせ=処方薬と市販薬の組み合わせなどは、胃腸障害や過度の眠気を引き起こします。
・分解を阻害する飲み合わせ=薬は通常、肝臓で分解され、適切な濃度となり、体内へ排出されますが、互いの薬の成分次第では、分解が阻害され、身体を壊してしまうことがあります。

また、互いの薬の成分だけに限らず、サプリメントや食べ物にまで影響することもあります。飲み合わせに注意しながら、薬の効果を高めるためには、服用する薬のことをよく知っておくことが必要ですし、薬を受け取る薬局で、きちんと管理をしてもらうということも重要です。例えば複数の薬局で処方をしてもらうと、薬の管理も薬局ごとに全く異なるため、相互作用が起こりやすくなります。そのため、薬局もお薬手帳と同じ1つに定め、かかりつけ薬局をもつことにより、薬のトラブルを予防することができます。

お薬手帳の利便性の高さや重要性を伝え、尚且つ効率的に説明するためには、積極的に動画の活用を取り入れていく必要があります。お薬手帳の動画制作は、映像を専門とする動画制作会社に依頼を行うことが、最も有益です。企画力と構成力のにおいて専門性を持った動画制作会社は、ハイクオリティーの高い映像を提供してくれるので、クライアントが動画制作のために多くの時間を使ったり、労力を費やしたりする手間なども、一切かかりません。

弊社では、お薬手帳に関する動画制作のご依頼を承っております。お薬手帳のプロモーション動画制作や映像配信サービス、動画コンサルティングなど、弊社だけが保有する高品質なオリジナル技術を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。またこの他に、弊社では、撮影スタジオの運営業務も行っております。お薬手帳に関するさまざまな動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています