恐怖症克服にVRが効く | 医療映像.jp

DUMMY

恐怖症克服にVRが効く

恐怖症は、恐怖の対象と接することにより、強い恐怖や不安を覚え、場合によってはパニック症状を引き起こす心の病です。恐怖の対象には、雷などの自然現象から、高所や閉所、あるいは広い空間や、注射針の先端といったものが知られていますが、この恐怖症の原因は、未だ不明点も多く、幼少期の恐怖体験が関係しているとも言われています。恐怖症を根本から改善するためには、VRをどのように活用していくべきなのでしょうか。今回は、恐怖症克服のための具体的なVRの活用法や、VRに関する情報を動画にすることの効果などについて、分かりやすい解説を行っていきます。

①専門的な治療にVR心理療法を

恐怖症に有効とされる「暴露療法」では、患者に危険な行動を与えることなく、敢えて恐怖の対象となる事柄へと直面させることにより、恐怖の対象への適応をさせ、反応を緩和させていくといった治療法をとっていますが、この暴露療法は、恐怖の対象次第によっては、予想以上にコストが高くなってしまったり、危険を伴うことまであります。

そのため、病院での専門的な治療に向いているとは言い難いところがあるのも事実です。そこで、「VR」を活用することによって、安全に再現することができて、危険を伴うことなく治療に臨むことができます。VRは、今やメンタルヘルスにおける医療分野へも活発に進出しており、あらゆる恐怖症を緩和させるためのツールとして、国内外での研究が進み続けています。また、「VR心理療法」を導入すると、恐怖の対象次第で、予想以上のコストが発生するということもなく、病院における専門的な治療に、大変効果的であるとされています。

VR心理療法における詳しい情報は、動画を利用して、積極的なアピールをしていくことにより、情報を素早く拡散することができます。それだけでなく、動画を何度も繰り返し見てもらえるというメリットもあります。より多くの患者に動画を見てもらうことによって、病院の信用度の向上とともに、新たな患者の獲得というような効果まで見込むことができるわけです。

アメリカでは、VRを利用して、精神的な病を改善させる取り組みが、以前から行われています。アメリカ同時多発テロ事件の起こった際、その後事件からの生存者を対象とし、「VR治療」を施したところ、うつ病の症状は83%改善し、PTSDの症状においては、90%減少させることができたという研究結果もあります。この他に、イラク戦争でPTSDを発症した兵士に対してVR治療を行ったところ、2000人の兵士が助けられたというようなレポートも報告されているのです。

②スマホアプリで恐怖症克服の疑似体験

スマートフォン利用者に向けて、現在、実にさまざまなVRアプリが存在し、誰でも気軽にVRをアプリで体験することができるようになっています。VRアプリの種類も豊富で、VRアプリを存分に楽しむことが可能です。VRを活用すると、ハイレベルな没入感を体感することができて、まるで自分が本当にその場所にいるかのような臨場感や現実感を味わうこともできます。

自分が高所にいることを疑似体験することの可能なアプリもあります。実際に少しジャンプをしてみると、VRで地面から空に向かって舞い上がり、心地良い浮遊感を体感することができ、高所恐怖症の克服に役立つアプリとして活用することも非常に有効です。アプリの中には、日々慣れ親しんでいる日本国内の景色でもジャンプすることが可能なものもあり、極めて現実に近い空間の中で、疑似体験を楽しむことができるわけです。

恐怖症克服のための疑似体験がスマートフォンのVRアプリでも可能であるということを、拡散力のある動画を利用して発信することによって、多くの患者の目を引くことができます。VRアプリで恐怖症を克服する疑似体験ができるという情報を、まだ知ることのない患者もいることを想定し、そうした患者への説明も含めて、誰にでも分かりやすく、伝わりやすい動画を制作することが必要です。

また、衆人環視の中で言葉を発するアプリの活用では、あがり症の患者が長い間抱えていた、人前で冷や汗をかいたり、鼓動が早くなるような症状を改善し、あがり症そのものを克服することも可能なサービスとなっています。このアプリは、自宅でVRを活用し、いつでもスピーチの練習が可能で、実際に沢山の人々が目の前にいるかのような臨場感を感じながら、スピーチの練習を行うことできるような仕組みとなっています。

高所恐怖症もあがり症も、実際の日常生活の中では、すぐに改善することが困難な症状ではありますが、VRを日常的に活用することによって、早期に症状を改善する可能性があります。この他に、ジェットコースターに乗っている浮遊感を味わうことのできるアプリなども存在し、これらのアプリは、高所恐怖症の克服に大変有益であると言うことができます。

その他のアプリとして、世界の美術館や博物館のアート作品を、自宅に居ながら鑑賞することの可能なアプリもあります。アート作品にカメラをかざすと、その作品の解説を読むことができたり、専門家によるガイドも付いていたりと、実際にその場所を訪れているかのような体験をすることが可能です。海外では、こうしたVRを活用し、心理的な病を持つ患者にアートセラピーの一環として、心理療法を施す病院も存在します。VR技術は、疑似体験をすることができるという特殊な技術を駆使し、現在の医療分野にも、広く普及しています。

③今後VRは医療業界に必須の技術へ

将来的にVRは、治療のみに留まらず、検査などのフィールドにまで浸透し、成果を上げることが予想されています。VRを活用すれば、全ての体験者に同様の体験をさせることが可能であり、第三者的視点からの反応を得ることもできることから、恐怖症のみに限らず、うつ病やADHDなどの治療のための診断にも効果を発揮するでしょう。今後の心療内科全般において、VRは、まさに必須のツールとなるとされています。

もしも、今以上にVRを浸透させたいと考えるときには、動画を利用して、VRのプロモーション活動をしていくことが特に重要になります。VRを今以上に普及させるために、VR動画制作を視野に入れるとき、映像制作企業に依頼を行う必要があります。そして依頼を行うためには、まず映像制作企業を選定することが必要です。映像制作企業に依頼をするからには、絶対に損をしたくないという思いは、やはりあるものです。

映像制作企業の選定に悩まないために、確かなキャリアを持つ制作企業を選ぶことが大切です。また、VR動画を制作する理由や目的をきちんと明確にした上で、予算に見合う制作企業を選ぶようにしましょう。特にVRの動画制作をするためにはVR用の特殊なカメラが必要になってきます。機材の完備や医療映像の実績に優れていたり、長年評価されている映像制作企業を利用すると、決して損をするというようなことはありません。

弊社では、VR動画に関する映像制作のご依頼を承っております。VR動画を活用したプロモーション活動やVRコンテンツの配信サービスや販促キャンペーンなど、弊社独自の質の高い動画制作技術を、低予算でご利用いただけます。また弊社では、撮影スタジオの運営業務も行っております。VR動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています