【映像を使うと何が変わる?】ヘルニア手術での映像活用方法 | 医療映像.jp

DUMMY

【映像を使うと何が変わる?】ヘルニア手術での映像活用方法

映像を医療に活用することは、最近では全く珍しいことではなくなりました。たとえば、ヘルニアの手術などでも、映像は活用されているのです。ヘルニア手術ではどんな風に映像が活用されているのか、御存じでしょうか?

ヘルニア手術の方法を映像で解説する

ヘルニア手術での映像の活用方法としてまず挙げられるのは、ヘルニア手術の方法を映像で解説するという方法です。

ヘルニア手術と一口に言っても、その方法は色々あります。

MEDという手術もあれば、PLDDという手術もあります。さらにはPEDなる手術もあったりして、患者さんにとっては何が何だかよくわからなくなるでしょう。

なので、手術に際しての不安もたくさんあるはずです。

しかし、そこに動画があればどうでしょうか?動画で逐一、MEDというのはこういう手術だと解説しながら、実際の手術映像を見せてあげつつ、同じく他の方法の手術に対してもそうしてあげれば、自分が行う手術がどんなものなのかが正確に分かるようになり、ポジティブな気持ちで手術にのぞめるようになります。

そんなポジティブな気持ちも、間違いなく医療においては大切なことでしょう。

そして手術方法の解説は、実際に映像を見せてもらわないとあまり伝えきれないものです。

病院での患者さんと言うのは基本的には緊張していることが多いですし、そんな時に何かを言われてもあまり理解できません。

ましてやそれが、難しい言葉がたくさん出てくる手術に対しての説明ともなればなおさらです。

だから、動画で分かりやすく理解させてあげるのは、すごく効果的になるのです。

また、こんな風にしっかりと映像を見せて、それぞれの手術方法を理解させてあげることで、患者さんは自分がどんな方法で手術をしてもらいたいかという意見もはっきりと持てるようになるでしょう。

もちろん実際にどんな方法で手術をしていくかというのは、医者側のスキル的なことや、ヘルニアの症状的なことも関係してくるので、完全に自由に選べるというわけではないでしょうが、選択がしやすくなることは間違いありません。

自分で理解してはっきりと方法を選ぶことが出来れば、それだけでその病院に対する満足度はあがります。

だからこそ映像を活用して、手術方法をしっかりと理解してもらっているというところもあるでしょう。

手術方法の指南も動画で行っている

ヘルニアの手術は、先述のようにたくさんの方法があります。

そうしてたくさんの方法があるということは、あまりヘルニアの手術をしたことがない人にとっては、勉強しないとならない事がたくさんあるということになります。

ただ、勉強しようにも文献だけ読んでいるのではなかなか成長はしないでしょう。

だから映像の活用がいまいち進んでいなかったこれまででは、ヘルニア手術のスキルはなかなか高まらなかったりしました。

しかし、映像の活用が進んだ今では違います。映像で手術の方法をしっかりと見ることが出来れば、十分に自主トレが出来るようになるでしょう。

まだやったことのない方法は特に、頭の中でのイメージもしづらいので、映像が無いと勉強が進みませんが、逆に言えば映像があればはっきりと鮮明に手術シーンをイメージすることが出来るようになるので、医者としてのヘルニア手術に対する腕も上がりやすいと言えるのです。

こうしてヘルニア手術の映像を活用しているところがたくさんあります。

病院側からしてみても、スキルの高い医者は一人でもたくさんいた方が良いですから。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています