【節炎治療では痛みの仕組みの説明に動画】が活用されている | 医療映像.jp

DUMMY

【節炎治療では痛みの仕組みの説明に動画】が活用されている

昨今映像・動画というのは、様々な病気・症状の改善の為に活用され始めているものになります。たとえば、関節炎の治療に際しても、動画は活用されています。関節炎の治療では動画は、もっぱら痛みの仕組みの説明に活用されていることが多いです。

どこがどう動くから痛いということが説明しやすい

関節炎の治療においては、ただ医療を提供する側が治療をするだけではなく、医療を受ける側もしっかりと自分なりに理解して行動したりトレーニングをしたりすることが求められます。

でも、それをするためにはまずしっかりと、関節炎とはどのようなもので、どこがどうなっていて、そして何がどう動くから痛みを感じるのだということを学んでいかないとなりません。

でもそれは残念ながら、口で説明されても分からないところがあるでしょう。

それを理解するために必要なのは、やはり動画です。

映像があれば、実際に骨を動かしてみせることが出来るでしょう。

そうして実際に骨を動かす際に、たとえば痛みを感じる箇所を赤く表示したりすることも、動画であれば可能です。

そうして流れの中で視覚的にわかりやすく説明することが出来るので、動画を活用することでグッと理解度はあがっていきます。

そんな風に理解度があがっていけば、当然自分でのトレーニングでもしっかりと痛みの仕組みを理解して取り組むことが出来るようになります。

それはモチベーションのアップにもつながりますし、変な風にトレーニングをしてしまい、結果逆に症状を悪化させてしまうということを防ぐことにもつながるでしょう。

理解度が低いと、どうしても変な風にトレーニングをしてしまい、悪化させてしまうということが起こります。

それでは治療も進みません。でも動画・映像を活用していけば、効果的にトレーニングが出来るようになり、関節の状態をより良く出来るようになるはずです。

だから、関節炎の治療の際には、動画・映像が用いられていますし、用いることが効果的だと言えるのです。

関節は特に動きがある方が分かりやすい

これがたとえば、癌などの細胞的な病気だった場合、それが良くないという事の仕組みについて動画で説明されても、結局よく分からないところも多いでしょう。

そもそも体内の細胞に関することなんて、一般人は基本的にはわかりません。だから何も分からないところから、さらに難しいことを説明されることになってしまうのです。

それでは分からないのも仕方ありません。しかし関節の場合はどうでしょうか?

関節の場合は基本的には何がどう動いているのかと言う動き方のようなものは、なんとなく分かるでしょう。

それはたとえばストレッチなどで身体を伸ばす際の身体の動きを感じていれば分かることです。

だから、基本的な知識は、少なくとも体内の細胞などのことと比べるとあると言えるのです。

そうして知識がある状態に加えて、実際にそれが動く様子を動画で見せることによって、改めて思っていた通りの動きをするものだと理解できるようになります。

そうした理解の上で、良い状態と比べるとどこがどう悪いのかと言うことを動画で見せていけば、その痛みの仕組みもすんなりと頭に入るのです。

だから、こと関節炎においては特に動画・映像を用いることが適切になります。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています