【映像で危機感がアップ!】高脂血症への映像での取り組み例 | 医療映像.jp

DUMMY

【映像で危機感がアップ!】高脂血症への映像での取り組み例

高脂血症の改善の為には、基本的には食事を改善したり、運動習慣を持つなどの生活習慣の改善が必要になります。

しかし、生活習慣を改善するというのは、簡単なことではありません。

誰でも生活の中では楽をしたいと思うものですから。それを改善していくためには、病気に対する理解度を高めて、そして高い危機感を持たせないとなりません。

そこで活用されているのが映像になります。

病気の説明も映像でならば分かりやすくなる

高脂血症を改善するための動画は、基本的には図解を動かすようなモーショングラフィックで紹介されることが多いです。

そういうモーショングラフィックであれば、どこがどういう風になっていて、どう悪いのかと言うことがすごくわかりやすくなります。

それは文章だけで見ると、どうしても頭に入ってこないものですし、危機感を持つことにはつながりません。

しかしモーショングラフィックであれば、光らせたりSEを加えたりして目立たせたいところを簡単に目立たせることが出来るようになるので、理解度はあがります。

理解度があがるということは危機感を持つことに繋がるので、生活習慣を改善したいと思わせることが出来るようになるのです。

動脈硬化に繋がる過程も分かりやすくなる

高脂血症を改善したいのは、基本的には動脈硬化を防ぎたいからでしょう。

でも、「動脈硬化を防ぎたい」と言われても、「そうですか」くらいにしか思わない方もいるはずです。

では実際に、血流が固まっていく様子を表現されて、それが体にもたらす色々な危険を映像で見せていったらどうでしょうか?

そうすれば間違いなく具体的なイメージが持ちやすくなるでしょう。

具体的なイメージが持てれば、誰でも勝手に高い危機感を抱くようになります。

だから高脂血症においては映像が使われることが多いのです。

運動のやり方や食事の仕方もイメージしやすくなる

また、高脂血症の改善の為に映像を用いることによって、運動の仕方や食事のとり方もイメージしやすくなったと言います。

たとえば漠然と食事を改善したり、運動をする習慣を持つようにしろと言われても、どのような運動をどのくらいすればよいのか、あるいはどんな食事をどの程度とっていけば良いのか、それはなかなか分かりません。

しかし一連の高脂血症に対しての説明の流れに加えて、動画の中でこういう運動が効果的だと実際に実写で運動をしている様子を見せたり、あるいは食事のメニューを見せたりしていけば、運動のやり方や食事のとり方もぐっとイメージが出来るようになります。

そのイメージが出来なければ、いつまでも生活習慣は改善していかないでしょう。

何をしたら分からないでいたら、動くことは難しいですから。それなのに不安だけが高まっていたら、それが逆に動脈硬化を招いてしまうこともあるでしょう。

なので、こうしてイメージを持たせてあげるというのはすごく効果的になります。

そしてそれはつまり、高脂血症において動画を用いることがすごく効果的だということでもあるでしょう。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています