どんな風に使われてる?【製薬業界においての動画活用の実例!】 | 医療映像.jp

DUMMY

どんな風に使われてる?【製薬業界においての動画活用の実例!】

製薬業界でも、最近では映像が活用されることが増えてきました。でも、実際どんな風に活用されているのかが分からないと、同じように映像を活用していこうとは思わないでしょう。実際のところ、製薬業界ではどんな風に映像を活用しているのでしょうか?

講演会の配信に活用

製薬業界では動画は、講演会の映像の配信に使われることが多いです。

それはライブ配信であったり、収録したものを編集しての配信だったり、形は様々になりますが、それをすることによっていちいちその講演会に出席してもらわなくても、その情報を伝えることが出来るようになるというメリットがあります。

講演会では、その薬がどんな風に作られてどんな有効性があるのかということを伝えているはずです。

そしてその薬を使う側も、その情報がしっかり頭に入っていないとソレを使おうとは思わないでしょう。

その正確な情報は講演会でないとやはりしっかりとは伝えきれないこともあるはずです。

しかし、医療に携わる人は忙しい人も多いですから、幅広い人にそれに出席してもらうのは難しいでしょう。

でも動画を活用していけば、そのスケジュールの問題はクリアしていけるのです。

動画があればさらに色々な人に、その講演会を聞いてもらえることになるはずです。

アメリカでは製品PR映像を作ることが多い

日本でもまずまず多いですが、アメリカの製薬業界では特に、製品のPRに映像を活用していることが多くあります。
そしてその製品のPR映像というのも、日本のCMのように凝ったつくりになっているというわけではなく、たとえばイラストを動かして説明するようなインフォグラフィック動画を作成してPRするものが多いです。

中には先述の講演会のもっと短縮版ともいえるようなインタビュー動画などをまとめてPR映像にしているものもありますが、より多いのはインフォグラフィック動画になるでしょう。

そういう動画は、実は紙の資料やWEBページとは比べ物にならないような情報量だと言われています。

一説によると1分の動画は、WEBページに換算すると3000ページ以上にあたる情報量だといいます。

3000ページ以上分ホームページを見てもらうことは出来なくても、1分動画を見てもらうことは出来るはずです。
だから、動画にまとめてPRする製薬会社が多いのでしょう。

こういう使われ方は、これからもっともっと日本でも増えていくはずです。

マニュアル動画での活用

医療に関係する業界の中では、特に介護業界で多いマニュアル動画ですが、製薬業界でも同じようにマニュアル的な動画を作成するところは増えてきています。

製薬業界の場合は、介護の様に身体を使ってどうこうするという仕事をすることはあまりないでしょうから、あまり動画でマニュアルを作成する意味はないように思うかもしれませんが、やはり映像でマニュアルを作成すると、記憶に残りやすいという利点があります。

だからたとえば自動車教習所などでも映像を用いた授業が行われているのです。

より早く一人前のビジネスマンを作り出すために、マニュアル作成に映像を活用するというのは理に適っているのです。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています