アメリカにおける医療業界の映像活用状況! | 医療映像.jp

DUMMY

アメリカにおける医療業界の映像活用状況!

日本では、まだあまり医療業界で映像を活用しているところは少ないかもしれません。でも、アメリカでは、医療業界においても映像を活用しているところはすごく多いです。

アメリカでは全体の95パーセント超が動画を活用している

アメリカでは、法人相手の取引をしている企業の実に95パーセント超が映像を用いたセールスをしています。

それは、当然医療業界もいれてでの話になります。

ということはつまり、医療業界の95パーセント超も、たとえば病院相手の取引をする会社や、製薬会社を相手にする会社なのであれば、映像を用いているということになります。

動画があることで簡潔かつ正確に伝えられる

ではなぜアメリカではそれだけ医療業界で映像が用いられているのでしょうか?

それは、映像を用いることで正確に自分たちがアピールしたいものの良さをアピールすることが出来るからでしょう。

一般的に人は、言葉による説明だけではあまり物事を理解できないものです。

もちろん全く理解できないわけではないですが、説明に用いられる情報が増えれば増えるほど理解しやすくなるでしょう。映像を用いると、音に加えて動く映像の情報が加えられるので、グッと物事が理解しやすくなるのです。

静止画の資料でも情報は増えていきますが、やはりその情報量は映像に比べると減りますが、どこが大切でどこが大切でないかも、映像の方が分かりやすいでしょう。

だから、映像の方が理解度が高まるのです。

また映像は、いちいち話を聞こうとしたり、何かを読もうとしたりする努力をしなくても、自然と情報が入ってくるものです。

ただ再生ボタンを押してみているだけで良いのですから、すごく簡潔に情報が入ってくるのです。

ということはつまり、それだけ相手にそれを見てもらえる可能性が高くなるということです。

実際アメリカでは、メールに映像を添付しているという企業も多いです。このように映像はすごく合理的で使い勝手も良いので、アメリカでは医療関係でも映像が多々用いられているのです。

半数以上の企業が効果を感じている

もちろんアメリカでもこうした映像を用いた営業が広まっていったのは遠い昔の話ではありません。

なので、まだまだ取り組んだばかりだという企業も少なくはないでしょう。

しかし、そんな中でも映像を活用したことの効果を感じている企業は、実に半数以上もいるのです。

それが、いかに映像を用いたPRが効果的なのかということを証明しているのではないでしょうか?

なかなか半数以上の企業が効果を感じるようなPR方法等ないはずです。

日本では今こそがチャンス

このようにアメリカではもうほとんど企業が映像を用いたアピールをしているわけですが、日本ではまだまだです。

しかしそれは逆に言えば、日本もこれからそうした映像を用いたアピールをする企業がどんどん増えてくるということを意味していると言えるでしょう。

効果があるということはアメリカですでに実証済みなのですから、日本でもそれが主流にならない理由がありません。

そしてそれが主流になるのであれば、当然それに手を出すのは早い方が良いです。

早くやればやるほどまわりよりもオリジナリティのある映像を制作できて、より良い印象を与えられる可能性が高くなりますから。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています