【手術にも映像を!】ガン手術にもこうして映像が活用されている | 医療映像.jp

DUMMY

【手術にも映像を!】ガン手術にもこうして映像が活用されている

ガン手術と映像と言われてもあまり結びつかない方は多いかもしれません。

でも実は今既に色々なところでガン手術に映像が活用されています。

こんな風に活用すれば、色々な意味での手術のリスクを軽減できるのではないでしょうか?

手術中の動画を撮影することで医療ミスがないことを証明できるように

ガン手術は、残念ながら命を左右するような手術だと言えるでしょう。

だから手術を成功させるにはある程度の腕が必要になると思いがちです。

でも、そもそもガンという病気自体死亡率が高い病気なので、もしかしたら手術の腕がどうこうというのはあまり関係ないかもしれません。

しかしもし手術中に死亡したり、あるいは手術の結果死亡してしまったりしたら、遺族の心情的にはやはり病院のせい、あるいは執刀医のせいにしたくなってしまうものです。

病院あるいは執刀医には、そうなった時に明確に自分を守ってくれるものはないでしょう。

それはもちろん弁護士などもいるでしょうから、そうして守ってもらうことはできますが、出来ればそうなりもしないのが理想ではないでしょうか?

すなわち、医療ミスなどない事を証明できれば良い話なのです。

手術中の映像を撮影して、それを残しておけば、何かあった時それを証拠にすることが出来ます。

死亡率の高い病気を取り扱うような病院では、そうして手術中の動画を撮影しているようなところもすでにあります。それは何も手術が失敗した時だけに役立つものではありません。

成功した時だって、「こんな風な手術をした」と説明することが出来るようになるのです。それを見せることで安心してもらって、回復が早くなることだってあるでしょう。

ロボットを使用した映像の活用方法も増えてきている

ガン手術では、元来映像を活用した手術があります。それが、腹腔鏡手術などの内視鏡カメラを使いながらの手術になります。

いちいち切開しないで手術が出来るので、活用されることも多いそうした映像の活用方法ですが、それには一点欠点がありました。

それが、カメラや手術器具がぶれてしまったりするという点です。

医者だって人間ですから、カメラをもっている手が震えたりすることもあったでしょう。

でもそうするとやはり見づらくなりますし、なかなかうまく手術ができなくなるはずです。

そんな問題を解決するべく、アメリカでは今、ロボットを利用してカメラや手術器具を持たせて手術を行うという方法が採用されていっています。

ロボットに映像機器や手術器具を持たせると言うと、たとえば某携帯キャリアによくいるロボットのような自律型のロボットが手術を行ったり映像機器を動かしたりするのかと思いがちになりますが、アメリカで採用されているのはそういう方法ではありません。

そうではなく、ロボットは完全に自分が操縦するようなロボットで、そのロボットの腕を操縦して動かすことで、カメラの位置を変えたり手術を進めていったりするのです。つまり、車の運転などと似たようなものですね。

ただそうすることによって、手の震えによるカメラのブレや手術器具のずれがなくなるので、高度な技術がなくても手術がうまく行えるようになるのです。こんな活用方法も、これからどんどん日本で取り入れられていくのではないでしょうか。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています