【製薬でも映像を!】製薬業界で映像によるPRをするメリット | 医療映像.jp

DUMMY

【製薬でも映像を!】製薬業界で映像によるPRをするメリット

医療業界でも、最近では映像を使ってPRをするところは増えてきました。そしてそんな映像を使ったPRは、当然ながら製薬業界でも効果的と言えます。製薬業界が映像でPRをするメリットは、大きく分けて3つあります。

開発者の思いを伝え安心させられる

製薬業界で映像を活用するやり方としてまず、開発者のインタビューなどを撮影するという方法があります。

製薬業界が取り扱うのは、医療業界の中でも特に安心感が求められる、「薬」です。

そんな安心感が求められるものだからこそ、誰がどんな思いで、どんな風に作ったのかということを正確に伝えることが大切になるのです。

誰がどんな思いでどんな風に作ったのかということは、そのまま安心につながることですから。

そしてそれは、文章ではいまいち伝えきれないものです。

文章の場合は、これをこうしてこんな風に作っていると言われても、いまいち専門用語などが分からなかったりするのです。

しかし、動画があれば、わかりやすく動きで、何がどうなって作られているのかを簡単に説明できるようになりますし、実際に話している様子や声のトーンなども分かるので、より人間味を感じられて、より高い安心感を与えることが出来るようになるのです。

薬が効く仕組みもわかりやすく説明できる

当然ながらそのわかりやすさというのは、薬がどんな風に作られているのかという事を説明するだけではなく、薬がどんな風に効いていくのかということを説明する際にも役立ちます。

この薬のこの成分が身体のこんなところに効き、こんな風に症状を改善していくということを言葉で説明されても、ほとんどの人は分からないでしょう。

しかしそこに動くイラストがあればどうでしょうか?

何がどうなっているのか、感覚的にはまず理解できるはずです。

どうして効くのか理解して使用するのと、何も理解しないで使用するのでは安心感が全然違います。

そしてその安心感の違いは、効果の違いに繋がることもあります。

人にはプラセボ効果というものがありますから。

そういうこともあるので、こうしてわかりやすく理解させるためのアイテムというのはすごく大切になるのです。

単純に幅広くアピールが出来る

近年ではスマートフォンの爆発的な普及により、ほとんどすべての人が、1週間に1回以上動画を見るようになったと言われています。

それだけ見るわけですから、製薬会社が、自分たちが作成してきた薬をPRするための動画を動画サイトなどにアップしておけば、それが普段付き合いのない医者や一般カスタマーの目にとまる可能性も高くなります。

さらにいえば動画であればそうした動画サイトに、シンプルに広告として出すこともできますし、テレビCMで使うこともできます。

製薬業界ではアピールする対象が幅広くなることもあるでしょう。

だからそうやって不特定多数に向けてアピールしていくことが出来るということはすごく良いことなのです。

それでいてかつ、説明が分かりやすく安心感を与えるものでもあるのですから、動画を作成することは製薬業界にとってもすごく良いことなのです。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています