PR動画を利用して介護施設を紹介 効果的なアピール法とは | 医療映像.jp

DUMMY

PR動画を利用して介護施設を紹介 効果的なアピール法とは

老人ホームや介護施設へ入所される利用者は、年々増加傾向にあり、高齢化社会のために、その需要は高まるばかりですが、老人ホームや介護施設への入所率をさらに高めたいというときに、PR動画を導入することが効果的ですが、介護施設などのPR動画というのは、まだそれほど多く導入されていないのが実情です。では、どのように宣伝をすることで、入所率をさらに向上させることができるのでしょうか。今回は、PR動画を活用して、介護施設の紹介を行う上でのアピールの仕方や効果、利用者と食の関連性についても、分かりやすく解説していきます。

①介護施設や老人ホームのPR動画を導入すべき究極的な理由とは?

介護施設や老人ホームを訪れる利用者の中には、軽度の認知症状から、重度の認知症状の入った利用者も訪れます。そのため、利用者が快適に過ごすことのできるよう、介護施設内の設備は、近年では、まるで高級ホテルやリゾートホテルのように、綺麗で洗練された、趣きのある施設が非常に多くなってきています。

介護施設の建物が綺麗であれば、それだけ施設のイメージアップにも繋がりますが、では、その施設をまだ知らない利用者やその家族に向けて、効果的にアピールをしたいというときに、飛躍的な活躍をするものが、「PR動画」です。

PR動画を利用して、効果的に介護施設の紹介を行うことができれば、施設のイメージアップへと繋がるだけでなく、現実感ある施設の日常や環境、そして魅力をPR動画の中で、スピーディーに拡散をさせることが可能であり、究極的には、施設利用者の増加へと結びつける効果が見込めるのです。

②PR動画を活用して施設の紹介を効果的に行う方法と食との関連性

介護施設の紹介動画を取り入れるときに、施設の魅力を伝えたいという思いは、施設長様やワーカーの皆様の中にはやはりあると思いますが、そのためには、やはり「工夫」をすることが必要になります。工夫をしながら撮影をすることによって、施設の魅力を、最大限に伝えていくことが可能です。

介護施設PR動画の中に、上手く工夫を取り入れるには、まず、誰に向けて伝えていく必要があるのかということを明確にすることが大切です。その動画を誰に対して見てもらう必要があるので、その後にどのような動画内容で撮影をしていきたいのかということを考えていきます。

今回の場合は、介護施設の利用者や、利用者の家族に向けてという中でも、特に、「利用者の家族に向けて」といった意味合いの強いものであることを前提に話を進めていきますと、利用者家族に向けての施設紹介動画を導入することは、とても重要になってくるということが分かります。

利用者家族へ向けて、何をアピールしていくのかということもまた重要です。介護施設の場合は、外観や環境、ワーカーの皆様の日常やコメント、施設内の雰囲気や施設内設備など、アピールポイントは豊富にありますが、その中でも特に、どのポイントを優先していくのかということを明確にすることで、介護施設の魅力そのものを、ありのままに伝えていくことができます。

また、利用者家族に、どのような施設であるかということの全てを、より「現実的に」伝える意味で、利用者家族の視点から、分かりやすく表現をしていくことも大切です。そのために、施設を利用する利用者の日常やコメント、または、施設に通う利用者の家族からのコメントというのも、PR動画を閲覧する利用者家族にとって、安心を感じたり、病院を信頼することへと繋がります。

介護施設のPR動画を閲覧する利用者家族の目的は、「介護施設選びの参考」にすることがほとんどですので、施設の日常を映し出すということは、PR動画を閲覧した利用者家族へと、施設を実際に利用をしてもらうためにも、大事な訴求法です。

効果的な病院の紹介方法としては、施設外観からの撮影を行って、その後に施設内の雰囲気が分かるような撮影をしていくことが効果的です。外観の撮影の際には、施設名の入った看板を映し出し、ドローンを活用して空撮を行うことも有効です。

ドローンの活用方法として、外観だけでなく、施設内の撮影に取り入れることもまた効果的です。施設内に関しては、どのように取り入れるのかというと、施設の玄関付近から、エントランスに入る部分までをドローンで撮影することにより、「動き」のある映像を撮影することが可能です。その他に、施設内の廊下などにもドローンを使用して収録をしたり、診療科の紹介を行うことといったことも可能です。

空撮を行うと、地上では決して撮影することの不可能な角度からの施設映像を、上空から鮮明に、そして立体的に映し出すことが可能となりますので、ドローンを使用した空撮映像を取り入れることも、一つの撮影方法として、候補に挙げられます。

施設内の撮影では、利用者家族に向けて、ワーカーの皆様の日常が分かるように、工夫をしながら撮影をしていくことも大切です。ワーカーの皆様と、利用者との交流を映し出している映像を流しながら、施設側が利用者家族へ伝えたい思いなどを「文字」にして、その動画の中に添えていくというようなことも、介護施設のPR動画への一つのアイデアとしては、適切であると言うことができます。

また、介護施設の魅力の一つとして、「美味しい介護食」が挙げられます。これは、利用者家族が介護施設を選ぶ際に、非常に重要なキーワードとなり得ますので、日頃の食事内容はどのような食べ物であるのかということや、献立、具体的な食事風景など、美味しい食事であることそのものが、映像を通して伝わるように撮影をしていくことも、大切です。

「食」というのは、人間が生きていく上で、欠かせない習慣の一つですが、利用者にとっては、日々の大きな楽しみであり、生きる支えでもあるわけですので、それに伴い利用者家族の食に対する見方や捉え方も、拘りのあるものとなります。

これは、施設に入所する、要介護高齢者の楽しい事の第一位が「食事」であると判明している事実からも、利用者が日々生活をしていく上で、食事がそれだけ重要な要素を含んでいるということの証明でもあります。

食事を行うことで、ただ食べるというだけに留まらず、ワーカーの皆様や、他の利用者との交流ができたり、自宅に帰宅してからでは、家族との食事を行うといった習慣から、周囲とのコミュニケーション力の向上にも結び付き、規則正しい食事習慣を身に付けることで、身体全体のバランスを保つことが可能であり、利用者の健康を維持する上でも、とても必要な習慣です。

利用者家族としては、どのような食事や献立であるのかということが分かるだけでも、その施設への興味や関心を持つことへも繋がりますので、施設PR動画の中で、介護食に関する詳細を撮影するということは、非常に大切なポイントになります。

介護施設内の動画の中で、意外に収録されていないところが、施設長様のコメントです。施設長様のコメントがあることで、利用者家族の施設に対するイメージアップにも直結しますので、施設長様のコメントを入れることは、施設にとってもメリットになり得ます。

どの業界であっても、清潔感というものは大事ですが、施設が清潔であることの説明として、エントランスや廊下、施設設備などの紹介も行うと、より効果的です。施設のキッチンが広くて綺麗なのであれば、十分に撮影ポイントとなります。

このように、介護施設に関するPR動画を撮るときには、工夫をすることで効果的なアピールをすることができます。さまざまな観点から見ても、PR動画を利用することは、メリットしか生みません。現在、施設PR動画をご検討されているワーカーの皆様は、是非この機会に、介護施設PR動画の導入を、ご検討されてみては如何でしょうか。

弊社では、医療に関するPR動画制作や、動画配信サービス、医療動画のコンサルティングなど、幅広い映像制作を行っております。鮮明で美しい映像を、低価格でご利用いただけますので、是非お気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています