眼科クリニック情報制作にCGを活用 その効果とは | 医療映像.jp

DUMMY

眼科クリニック情報制作にCGを活用 その効果とは

眼科クリニックに来院する多くの患者に向けて、分かりやすく眼科クリニックの情報を伝えたいという時や、眼球の映像までもを鮮明に映し出して表現をしたいといった際に、コンピュータグラフィックス(CG)を活用してアピールする方法を取り入れてみるということには、どのような効果があるでしょうか。今回は、CG映像を利用して、眼科クリニックの情報制作を行うことの効果や意味、活用効果を期待できるフィールドやCGの必要性などといった点に関して、詳しく解説をしていきます。

①眼科クリニックにCG映像を導入することの意味とは?

眼科クリニックを訪れる患者の眼球そのものをCG化してみると、眼底カメラなどでは確認することの不可能な眼球の細部にまでビジュアライズすることが可能となります。眼底カメラによる映像でも、眼球の状態を患者に知らせることは可能ですが、それ以上に詳しく、そして分かりやすく眼球の仕組みを伝えたいといった時に、CG映像を効果的に取り入れることが必要です。

例として、眼科クリニック独自のプロモーション動画を制作し、そこに眼球の仕組みに関する詳しい説明を、音声や文字等を加えた上で流す時に、CG映像を活用した眼球そのものを映し出すことで、角膜や強膜など眼球に関する全ての情報を、色鮮やかで美しいCG映像を使用することで、患者に理解をしてもらうことが容易に出来るようになります。

クリニック独自のプロモーション動画の中に、CG映像を取り入れると、それは驚くほど鮮明で、クリアな映像を映し出すことが可能であり、眼球の仕組みに関しても、硝子体や水晶体、網膜や虹彩などと、色分けにして説明をすることが出来ます。CG映像を導入することには、クリニックの信用を高めたり、患者の増加や治療の増加のための訴求という、非常に大きな意味があるのです。

②CGというデジタルコンテンツを最大限に活用する効果

CG映像を、眼科クリニックの情報制作にフル活用することで、目の仕組みに関して、患者に分かりやすく理解をしてもらえて、眼底カメラよりもさらに鮮明で美しい映像を見せられる上に、生きた眼球の働きを視覚化したり、科学的な領域で、文字等での表現が不可能な場合には、そのような表現しづらい領域の可視化をするためにも、こうしたデジタルコンテンツを利用するということは、大変効果的です。

CG映像を、眼科クリニックのプロモーション動画などに取り入れることにより、その映像美から一瞬で患者の目を引くことが出来て、さらには患者に安心感を与えたり、クリニックへの信頼度の向上へと直結するだけでなく、前述したような、眼科クリニック患者の増加や、治療の増加といった相乗効果をも生むわけです。

患者が増加すれば、自ずと治療も増加することになりますので、このように、CGというデジタルコンテンツを最大限に活用をしていくことには、クリニックにとっても、大きなメリットがあると言えます。

③デジタルコンテンツ活用効果を期待できるフィールドとは

眼科クリニックの中で、CG映像をフルに活用し、その効果を実感することのできるフィールドというのは、大きく分けて3つありますが、まず1つ目のフィールドは、「眼科クリニックの待合室」です。

眼科クリニックの待合室には、たいていモニターが1つは設置されているところが多くありますが、この事を利用して、クリニックの宣伝をしたいという時に、映像の至るところにCG映像を取り入れて、クリニック独自のプロモーション動画を流すといった活用方法は、今後の眼科クリニックの成功のためにも、大変有益なアピール法であると言えます。

CG映像による効果を期待できる2つ目のフィールドとして、「診察室」が挙げられます。おおよその患者は、眼底カメラによる映像から、自らの眼球の状態を知るわけですが、ごく一部の患者の中に、眼底カメラ映像のみでの理解を深めることの困難な患者というのも、絶対に存在し得ないとまでは、言い切れないかもしれません。

そういったごく一部の患者に対しては、CG映像を利用して、基本的な眼球構造をした眼球映像を制作し、患者に見せながら説明をしていくといった伝達法も、眼球の仕組みを分かりやすく伝えるために、非常に有用です。

3つ目のフィールドとしては、「眼科クリニックの公式ホームページ」というのが挙げられます。近年、クリニックの公式ホームページ内で、クリニックのアピールを積極的に行う眼科は増加傾向にありますが、例えば、待合室や診察室で流しているようなクリニック独自のプロモーション動画などを、同じように、公式ホームページ内に置くといったことも、眼科クリニックの宣伝方法として、効果的です。

インターネットを利用したクリニックの宣伝というのは、無数に存在しますので、どのコンテンツをどれだけ利用し、クリニックのアピールを効果的に行っていくのかといったことを定め、宣伝をしていくという形が、効率化といった側面からも、適切であると言うことができます。

他の眼科クリニックとの差別化戦略を練ることも重要

クリニック独自のプロモーション映像を制作しているクリニックというのは、まだそれほど多い状況にはないのが実情です。こうした実情を利用して、他の眼科クリニックとの差別化戦略を練ることも、大切なことです。

他のクリニックが、CGを使った独自のプロモーション動画をまだ導入していない現状があるならば、尚更取り入れるべきツールであると言うことができます。クリニック動画の中で、院長先生のお言葉や、先生方の日常風景などを収録することで、他の眼科クリニックとの差別化を、さらに加速させることが可能です。

また、院内にバリアフリーを取り入れていたり、最新医療機器などを導入しているような場合に、それらは立派なアピールポイントとなりますので、患者にクリニックへの興味を持ってもらうといった意味合いからも、余すことなくアピールをすることが重要です。

CG映像を取り入れたプロモーション動画を制作しているクリニックがまだ少ないという現状や、CGという特殊な映像美から希少価値が生まれ、他のクリニックとの差別化の加速へと大きく貢献をすることから、CG映像を導入することには、メリットしか存在し得ないと言うことができます。

⑤眼科クリニックのアピールにCGを導入していくことの必要性

現代社会は、デジタル社会です。デジタル化された社会の流れを、より一層加速させたものとして、新型コロナウイルスが挙げられます。この影響により、自粛期間中のインターネット通信量は、大幅に増加したという結果が出ていることからも、デジタルコンテンツというものが、現代人にとって、極めて密接した関係にあることが分かります。

日常的にインターネットを利用する現代人の特徴を踏まえた上で、クリニックの成功のためにデジタルコンテンツを利用することは、大変有益であると言うことができます。眼科クリニック独自のCG映像を利用したプロモーション動画等を閲覧する患者が多ければ多いほど、患者の増加や治療の増加へと繋げることが出来るわけですので、眼科クリニックの情報制作にCGを積極的に導入していくことは、クリニックの成功や将来的も、必要不可欠であると言えます。

弊社では、医療に関するCG映像制作や、プロモーション映像制作、医療動画のコンサルティングなど、幅広い映像制作を行っております。色鮮やかでクリアな美しい映像を、低価格でご利用いただけますので、是非お気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています