介護施設内の1日密着映像 | 医療映像.jp

DUMMY

介護施設内の1日密着映像

介護施設への入居をしたいと考えるとき、あるいは、家族の入居をさせたいと考えるときに、介護施設の詳細や、施設での流れを、事前に知ることのできる映像動画があると、利用者様も、気軽に入居をし易い傾向にあります。介護施設は、シニア世代の方の快適な暮らしのために、造られた住まいです。今回は、そんな介護施設ではどのようなサービスが受けられて、施設の1日の流れや、レクリエーションの内容はどうなのかということまで、詳しく解説していきます。

①介護施設で受けられる充実した最上級のサービス

介護施設をこれから利用したいと考えるときに、気になるポイントとして、介護の詳細な内容や、医療に関するポイントが、挙げられるのではないでしょうかどちらも、介護施設の1日の流れの中で提供されるサービスです。その施設により、実際のサービス内容というのは、やはり異なってきますが、ここでは、その詳細な内容や、医療に関して、具体的に説明をしていきます。

まず、生活支援に関してですが、これは、利用者様が、介護施設で豊かな暮らしを送るためのサービスです。お食事やお掃除、洗濯や入浴、リハビリといったサービスを受けることが出来ます。介護施設は、充実した食事内容や綺麗な施設設備、レクリエーションなどのイベントなどに力を入れている施設も多いので、そういったポイントも、施設選びの参考にして頂きたいです。

介護施設での1日の中でも、利用者様方の日々の楽しみとも言えるお食事ですが、こちらも施設によって食事内容は大きく異なります。栄養面での食事バランスや献立のバリエーションなど、ご希望の施設のサービス内容も、事前に確認をしておくと安心です。

介護施設で快適に楽しくお過ごし頂くために、医療面でのサポートも必要不可欠です。介護施設では、ケアワーカーや看護士が常駐し、お薬の服用時間にお渡ししたり、お薬の管理を行う他に、体温を測ったり、血圧測定などの健康状態の確認も看護師が行います。

利用者様に体調の変化が見られれば、いつでも医療的ケアが行えるよう、医療機関と連携をし、オンコールに備え、必要があればすぐにサポート可能なように備えている施設も多くあります。医療機関と協力関係を結ぶことで、急な対応にも冷静に対処することが可能です。介護施設を選ぶときには、その施設が、利用者様の急な病気や怪我などに対する医療的ケアや、予防対策をきちんと講じているかということを、予め確認しておくことが大切です。

また、看護師やケアワーカーだけでなく、理学療法士や作業療法士といった、医療従事者も介護施設に存在し、施設によって、常勤の場合と、非常勤の場合とがあります。介護施設での理学療法士や作業療法士の役割としては、主に利用者様のリハビリテーションを行います。

②介護施設での1日の主な流れとは?

◆起床

介護施設での1日は、起床から始まります。起床時間は、定められている施設が全てではなく、自由に起床できる施設や、利用者様の生活スタイルに合わせて、利用者様のご希望時間に、ケアワーカーからお声掛けを行う施設もございます。お着替えや、朝の洗顔等、施設によっては、スタッフがお手伝いをさせて頂くことも出来ます。

◆朝食

朝食時間までに、朝の洗顔や着替えなどを済ませて、朝食は、基本的にリビングルームや、介護施設オリジナルの食堂などに集まります。朝食時間については、定められている施設もありますが、決められた時刻までに、自由に食事を行える施設もあったりと、その施設によって異なります。

◆入浴

午前中に入浴可能な施設は、昼食前のこの時間に入浴時間を設けているところが多いですが、施設の中には、1日2回ほどの入浴を行うところもございますが、入浴時間や入浴回数は、利用者様の健康状態や、利用する介護施設のサービスにより、こちらも異なりますが、朝食時間と比べると、入浴時間は比較的定められていることも多いのが特徴です。また、施設によっては、個室浴といった入浴方法もございます。

◆昼食

朝食と同じように、リビングルームや、介護施設オリジナルの食堂などに集まり、全ての利用者様と昼食を囲む施設や、定められた時間の中で、自由に昼食を取ることのできる施設まで、さまざまな昼食の形がございます。

◆レクリエーション

レクリエーションは、介護施設での暮らしをさらに充実させるための、楽しいイベントです。このレクリエーションを、毎日楽しみにされている利用者様も、大変多くいらっしゃいます。お花見や花火鑑賞、ハロウィンパーティーやクリスマスイベントなどの四季折々の催し物から、スポーツやカラオケ、楽器の演奏や温泉旅行など、施設によって、実に充実したイベントが、日々行われています。

◆夕食

夕食も、朝食や昼食と同じように、リビングルームや、介護施設オリジナルの食堂などに集まって、利用者様全員と夕食を囲む施設から、定められた時間内で、自由に夕食を取ることのできる施設まで、さまざまな夕食の形がございます。その施設により、夕食のサービスの方法は異なります。また、夕食後の時間は、テレビを見たり、談笑したり、読書をしたりと、自由な時間を過ごすことができます。

◆就寝

1日の終わりの時間は、就寝時間になります。就寝時間は、個室でなく大部屋である場合には、消灯時間の定められている施設もございますが、基本的に個室での就寝のため、消灯時間も自由である場合がほとんどです。もし、就寝中に健康状態が悪化したり、緊急時にもすぐに対応できるよう、ケアワーカーが24時間体制で見守ってくれるので、安心して就寝することができます。

③バリエーション豊富なレクリエーションも介護施設の大きな魅力

介護施設の1日の流れの中で、「レクリエーション」がありましたが、介護施設は、このレクリエーションに、大変拘っています。お餅つきや盆踊りなどの季節に合わせた催し物から、歌舞伎を目的とするレクリエーションでは、実際に歌舞伎座を訪れて歌舞伎鑑賞を行ったり、アイスクリームを目的としたレクリエーションでは、実際にアイスクリーム店を訪れてアイスを食べたりと、利用者様が楽しいと感じられるイベントを、日々行い続けています。

施設内での催し物に関しては、毎朝の体操やヨガ、ピラティスなどを行います。これらは、利用者の健康維持や病気の予防といった目的があり、脳を活性化させるプログラムでは、クイズを出し合って盛り上がったり、指を使うことで脳を刺激する楽器演奏など、施設内でも実にバリエーション豊富なレクリエーションを取り入れています。

また、ここからは視点を変えて、介護施設の映像制作を行う側からの目線で、お話をしていきます。介護施設の魅力や雰囲気は、視覚を通すことで伝わりやすくなります。施設で働くケアワーカーの声を加えたりすると、よりリアルに施設の日常を伝えることが可能です。施設映像は、ご家族の方にも見て頂くことで、利用者様の安心感へも繋がることから、映像を制作するメリットは、確実にあると言えます。

このような映像制作を行うことで、最終的には利用者様の増加へと結び付けることが可能です。そしてそういった映像制作には、撮影や演出、それに伴う技術が必要となりますので、介護施設の映像制作は、プロの専門会社へと依頼をすることが、最良の方法です。弊社では、介護施設の映像制作も行っております。色鮮やかで美しい映像を、低価格でご利用いただけます。是非お気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています