親も子も不安をなくす小児歯科の映像活用 | 医療映像.jp

DUMMY

親も子も不安をなくす小児歯科の映像活用

歯医者が苦手であると感じる子供は、意外と少なくないですが、自分の子供の虫歯や噛み合わせ、歯の生え変わる時期などに問題を感じれば、やはり小児歯科クリニックへと通わせる必要があります。そのような時に、子供の親に小児歯科への正しい理解をしてもらい、またその子供にも、安心してクリニックを訪れてもらうためには、映像や動画を活用することが、大変重要となってきます。今回は、映像や動画を利用して、小児歯科クリニックに関して子供の親へと分かりやすく伝える方法や、子供に向けたアニメーション動画の効果などについて、詳しく解説をしていきます。

①親への詳しい説明には「映像」による訴求法が欠かせない

「歯」は、人間が健康的な毎日を送るために、必要不可欠な器官です。歯が健康であれば、身体全体のバランスが整うと言っても、過言ではありません。歯は身体全体への影響を及ぼすほどに、とても重要な器官であるため、小児歯科を訪れる子供の親は、子供の歯が成長する上での問題をまるで自分の事のように受け止め、当然ながら本気で心配をします。そして、小児歯科を選ぶ際や、新たな歯の治療を開始するというときに、そうした不安は、直接的に子供の親へと向かいます。それらの不安を解消するためには、映像を使った訴求法を意識することが、重要となります。

映像や動画を活用する上で、どのような訴求法があるのかというと、具体的な例を挙げると、小児歯科クリニックを選ぶ際の親に向けてのケースであれば、まず、クリニックの情報が視覚的に分かりやすい動画を制作します。クリニックの外観や、クリニック内の撮影を行うことによって、子供の親は、そのクリニックの雰囲気を掴みやすくなります。また、実際にクリニックへ通う子供と、その親の撮影も行い、クリニックに関するコメントをしてもらうことで、動画を閲覧する親からクリニックに対する信用度が増加します。さらに、そこに院長先生や、医師の先生方の撮影を行い、動画の中に取り入れていくことで、親は、子供がそのクリニックで治療を受けるイメージをしやすく、動画を閲覧した親が後に、先生方のクリニックの、新たな小児患者の親となる可能性もあるのです。

もう一つの具体例として、既に特定の小児歯科へと通っており、その小児歯科で、新しい歯の治療を開始するといったケースです。この場合に親は、新たな治療を行うことへの不安を抱くパターンが多く存在しますが、そう言った不安を取り除くことさえ出来れば、解決されるケースであります。これには、新たに始める治療に関する正しい知識を持ってもらうとともに、理解をしてもらうため、事前に親へとクリニックのオリジナル動画を視聴してもらうようにします。この動画には、新たな治療を行うことの理由やその必要性、新たな治療法までを、分かりやすく収録することが大切です。

子供にも大人にも多い「虫歯」ですが、従来の虫歯治療であれば、虫歯周辺を大きく削る技法を取っており、それにより虫歯の再発を防いできましたが、現在の虫歯治療では、医療機器の進化等により、歯を削らずに「残す」治療へシフトし、力を入れています。これはつまり、現在の小児歯科クリニックが、如何に小児患者や親の負担を減少させられるかといった内容へとフォーカスしていることを意味します。患者目線での治療が実現されているといったプラスの情報は、小児患者の親が求める情報であるため、これらの内容に、映像や動画を活用することで、子供の親へと分かりやすく、そしてスピーディーに伝えることが出来るのです。

歯医者が苦手な患者の割合として、大人よりも子供のほうがより顕著である傾向にあります。子供が歯医者を苦手であると感じる理由には、やはり治療を行う上での痛みなどが挙げられますが、現在の小児歯科治療は昔の治療と比べ、痛みを感じさせない治療を行う小児歯科クリニックが年々増加しています。この背景には、口腔状態の詳細な説明や、治療をする理由、そのメリット、それにかかるコストや所要時間などに関して、事前に詳しく説明を行うことで、患者の不安をなくしていこうと日々尽力されている、医師の先生方の意識の高さにあります。

こうした小児歯科クリニックの診療方法などに関する詳しい情報も、映像や動画を活用することにより、時間をかけず、効率的に説明を行うことが可能で、子供向けの分かりやすい表現をすることが出来ます。特に現在は、麻酔注射をする際の、針を刺す痛みに関して、その痛みを最小限に抑えるため、表面麻酔と呼ばれる塗り薬を取り入れたり、痛みへの配慮から極細の針を使用していたり、痛みを和らげるため、一度麻酔薬を温めてから注射をするというように、実にさまざまな工夫を行う小児歯科クリニックが増えています。これらの工夫に関しても、重要なポイントに絞り説明可能な映像や動画を活用することが、大変効果的です。

②子供への分かりやすい説明にはアニメーション動画を活用

子供に大人と同じ説明を行うと、理解の困難な場合が多々ありますので、子供に対し、効率的で、より分かりやすい説明を行うため、そして子供の興味を引きやすいという観点から、アニメーション動画を利用するといった工夫も、非常に有効です。麻酔に関する事前説明は勿論のこと、歯の仕組みや歯磨きの大切さ、歯科治療の重要性など、アニメーション動画を効果的に活用しながら解説を行うことで、子供の歯医者への苦手意識の改善や克服が、大きく期待できます。解説だけに留まらず、クリニックの紹介なども、アニメーション動画を利用することにより、ダイレクトに伝えることが可能です。

アニメーション動画の活用効果として、まず「圧倒的な情報量」が挙げられます。言葉や写真のみの実写動画との比較をしても、アニメーション動画を活用した際の情報量は、極めて多いのが特徴です。この特徴を利用し、伝達の必要性があると判断した情報を動画の中に全て収めることで、興味を引くに相応しい、最も適切なアニメーション動画を公開することができます。次に、アニメーション動画に、「字幕や吹き替え」を加えることで、日本人だけでなく、日本に居住する外国人小児歯科患者の獲得といった、グローバルな小児歯科クリニックの展開を視野に入れていくことも、大いに期待できるフィールドなのです。

日本のアニメーション動画は、海外の子供にも高い人気を誇っているので、アニメーション動画を利用すれば、日本人の小児歯科患者だけでなく、外国人小児歯科患者への説明も、大変容易になります。字幕には英語だけでなく、中国語や韓国語、スペイン語などのさまざまな言語に対応することで、さらに多くの患者獲得の可能性が高く、吹き替えにも、日本語からその他の言語へと変更を行うことで、字幕のケースと同様の効果を生む可能性が期待できます。

最後に、アニメーション動画を活用することによって、小児歯科患者に「愛着を持たせることが出来る」という効果が挙げられます。アニメーション動画で使用されるイラストが好みであったり、そのキャラクターが親しみやすく、子供にとって身近に感じられる存在であるならば、クリニックの紹介や、日頃の適切な歯科指導、新たな歯科治療に対する説明などが、スムーズに進行しやすくなり、歯科医師の先生方や、スタッフの負担軽減に直結するといった、大きなメリットがあるのです。

医療動画や、アニメーション動画などの高度な動画制作を、個人で行うことには限界が生じるため、やはり映像制作のプロへと依頼を行うことが最適です。弊社では、クリニックに関する映像制作や、医療用アニメーション動画の制作、医療動画のコンサルティングなど、幅広い映像制作を行っております。色鮮やかで圧倒的に美しい映像を、低価格でご利用いただけますので、是非お気軽に、弊社までご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています