家庭でも出来るリハビリのレクチャー動画 | 医療映像.jp

DUMMY

家庭でも出来るリハビリのレクチャー動画

リハビリテーションを行うため、病院へ通う患者の多い一方で、持病などで病院に足を運ぶことが困難な状況となってしまった患者もいます。リハビリでは、若者から高齢者まで、さまざまな年齢層の患者が存在しますが、その中でも高齢者の病院通院率は、現在減少傾向にあります。リハビリにおけるレクチャー動画の需要が高まっています。今回は、自宅で簡単に見てもらうことのできるレクチャー動画の活用法や、その効果までの詳しい説明を、行っていきます。

①確実に治療を進められるレクチャー動画

持病などで自宅で過ごす時間が多いという患者数は、徐々に増加しています。それに伴い、家庭でも病院と変わらず、そして気軽にリハビリテーションを行えるようにと、基本的なリハビリレクチャーや、個々の患者に合わせた映像内容を、「VR(バーチャルリアリティ)動画」や「アニメーション動画」制作のため、映像専門企業へと依頼をする事例も、顕著に増加を続けています。

この理由には、レクチャー動画というものが、病院外である家庭での適度な運動も、患者の障害改善や予防のために重要であるという観点から、導入の進む映像伝達法であり、現在多くの病院が、これらの方法を取り入れており、この動きは今後も加速するものと見られます。VR動画を導入したことにより、患者だけでなく、業務を遂行する医療従事者側の精神的な負担の減少にも繋がったとの研究結果も出ているほど、将来的にもさらなる活躍の期待される技術とされています。

リハビリに関するレクチャー動画の普及が加速すれば、医療従事者側の負担はより軽減され、常に多忙を極める医療従事者が、一定の業務に取り組む時間の削減も実現でき、それによって業務そのものの効率化が図れます。家庭におけるリハビリが、重要となってきます。必要なリハビリの内容をレクチャー動画に収録し、それを患者に自宅で見てもらうことで、いわゆる院内感染などの不安も、根本から取り去ることが可能ですので、こういった面からも、レクチャー動画を制作することには、大きな価値があると言えます。

②理学療法や作業療法にはVR動画の導入が効果的

リハビリテーションの種類は、主に理学療法と作業療法、そして言語療法の3つのフィールドに分類されますが、その中の理学療法と作業療法に関しては、「VR」を活用したレクチャー動画を取り入れることが効果的です。コロナ禍にある現在は、どうしても通院することの難しい患者にとって、病院での理学療法士や作業療法士からの直接的なリハビリを受けることが困難であるからこそ、VR動画を利用したレクチャー法が有効なのです。

理学療法分野においては、関節や筋力に関する基本的な日常動作能力の向上や、身体的な障害の進行・悪化の防止を目的としたVR動画を制作することが有益です。分かりやすい解説とともにレクチャーし、家庭で動画を見てもらうことで、患者にリハビリを行ってもらいます。作業療法分野においては、精神面と身体面の両方からリハビリを行うため、動作的なレクチャーだけでなく、動画の中で、学習に取り組んでもらうために課題を出したり、患者の趣味の活動に取り組んでもらうなどの工夫をすることも大切です。

VR動画の優れた点として、数多くの動画コンテンツの中でも、特にリアリティー溢れる映像を提供することが可能であるというポイントが挙げられます。最近では、レクチャーの他、主な手術内容を収めたVR動画を患者に見せることで、今後手術の可能性のある患者へと、分かりやすく伝えられ、きちんと理解をしてもらえるということも、スムーズに手術へと移行しやすいといった利点から、VR動画の導入が求められている理由です。

またそれだけでなく、VR動画を活用することで、通常の病院紹介動画よりもさらに高いクオリティーでの、限りなく現実に近い世界観を表現することが可能となります。そのため、病院の知名度や信用性を上げたいというときに、まさに取り入れるに相応しい技術であると言うことができます。また、理学療法や作業療法のレクチャーには、VR動画の他にも、アニメーション動画を取り入れるという方法もありますが、3つのフィールドの中で、アニメーション動画の導入が、より必要であると言われるのは、言語療法の領域であります。

③言語療法にはアニメーション動画を活用

言語療法では、円滑なコミュニケーションを図るために治療を行ったり、さまざまな精神疾患に対するリハビリテーションを行いますが、この時、患者の担当をする言語療法士自らのレクチャー動画を制作することも有効ですが、言語療法の必要な患者の中には、そもそも人との関わりが困難なために、病院へ行くことが出来ないといった理由を持つケースも、少なくありません。

このような場合には、「アニメーション動画」を活用して、レクチャーを行うという方法が効果的です。基本的に人との関わりが苦手な患者であるからこそ、アニメーション動画を利用する必要があります。それは何故かと言うと、こういったタイプの患者は、人との関わりは不得意であるとしても、アニメーションとの関わりであれば苦手ではないというケースがあるためです。言語療法は、理学療法や作業療法と比較をしても、センシティブな分野にありますので、アニメーション動画を利用することで、リラックスした状態で見ることが可能な上、患者に安心感を与えることも出来ます。

また、アニメーション動画は、日本だけでなく、海外でも人気を誇っているように、いわゆる万人受けする分野でありますので、実写などでは伝わりにくい箇所も、アニメーション動画を利用することによって、よりダイレクトに表現をすることが可能です。そして、アニメーション動画を制作する際には、動画の中にキャラクターを登場させる必要がありますが、そのキャラクターが、誰にでも親しみを持ってもらえるようなキャラクターであると、言語療法を受けている患者にも、容易に好感を持ってもらえます。

言語療法には、アニメーション動画のみが好ましいというわけではなく、VR動画を利用することも効果的です。例えば、発声法に関するリハビリを、VR動画を活用して行ったり、コミュニケーション能力の改善には、まるで実際に言語療法士と対面しているかのように感じられるVRを利用することにより、家庭でのリハビリであっても、確実にプラスの作用をもたらします。

④レクチャー動画を制作することは病院の信頼向上へと直結する

外出することの難しい患者がいるという状況を踏まえ、家庭にいながら楽にリハビリを受けることができる、そんな動画を制作することには、家庭であっても病院と変わらず治療を受けられるといった意味で、大変メリットを持ちます。患者としては、病院までは辿り着けなくとも、治療を受けたいという思いは強いものです。そういった患者に、自宅での治療も可能となれば、病院自体の信頼までもが、大きく上昇していきます。

リハビリテーションのレクチャーを、VR動画やアニメーション動画を活用して行いたいというときに、個人で作成をすることには、やはり限界がありますので、このような時には、映像動画専門の制作会社へ依頼をすることをお勧めします。また、動画制作会社へと依頼をすることで、決して個人作成では実現し得ない、理想通りのレクチャー動画を完成させることができるのです。

弊社では、リハビリテーションにおけるVR動画制作やアニメーション動画制作、レクチャー動画のコンサルティングなど、さまざまなニーズに対応した動画制作を行っております。美しく色鮮やかな映像動画を、低価格にてご利用いただけます。映像動画に関するご依頼は、是非弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています