CGを駆使した手術シミュレーション | 医療映像.jp

DUMMY

CGを駆使した手術シミュレーション

初めて手術を受ける患者や、これから手術を受ける患者は、やはり不安に感じるものです。近年では、その不安を少しでも軽減できるよう、コンピュータグラフィックスを活用し、手術のシミュレーション映像を患者に見せるという方法を取り入れる病院が増加しています。CGを利用した手術のシミュレーション映像を、事前に患者に見てもらうことにより、今後手術を行う上での不安な点はないかということの把握や、具体的にどのように行われていくのかといった進行具合の理解が容易であったりと、患者自らの目で映像の確認を行うことは、安心して手術に臨んでもらうためにも、必要なプロセスです。今回は、CG映像を活用することのメリットや、CGを利用したシミュレーション映像が増加している理由に関して、詳しく解説を行っていきます。

①手術の不安を取り除くCG映像技術のメリット

しく、リアリティー溢れる映像に優れた技術と言えば、まさにコンピュータグラフィックスであると言えます。CGには種類があり、「2DCG」と「3DCG」に分類されますが、2DCGに関しては、紙に描写したものをデジタル化させたり、コンピュータ上での描写や作成ができるといったポイントがあります。2DCGは、平面的且つ、シンプルな表現方法を実現してくれます。代表的な例として、アニメのキャラクターなどは、この2DCGに該当します。3DCGというのは、コンピューター上で作成したイラストを撮影することによって、よりリアルで立体的な表現を実現する技術のことを指します。縦・横・高さの概念のもとに制作されますので、動画の中で、深みや奥行き感を表現したいというようなシチュエーションにも、多く使用される技法です。

3DCGの特徴としては、実在していても撮影が困難であったりする映像を、限りなく現実に寄せて映像化することが可能であるというポイントが挙げられます。具体的な例を挙げると、手術のシミュレーション映像として活用する他、人間の体内構造を3DCGを活用して映像化したり、細胞組織や各器官を3DCGを利用して表現したりするなど、さまざまな領域で活用されています。また、3DCGを利用することで、想像上の世界を映像化するということも可能なのです。まるで、現実かのような仮想空間を映像化することのできる3DCGが活躍するフィールドは、多方面へと広がりを見せています。

シミュレーション映像動画を制作する上での気になるポイントとして、やはり動画にかかる「費用面」というのは、誰もが頭に思い浮かぶことではないでしょうか。実は、CGを活用した映像動画の制作は、実写制作を行うよりも、低価格で済む場合が多くあるのです。具体例としては、実写での屋外撮影などの場合であれば、許可を取った上で安全に徹底して撮影するにも関わらず、思うような動画が撮れず、何度も撮り直すなどと、予想外に余計な費用や時間がかかってしまうといった事例は、意外と非常に多いものです。そのようなケースで、初めから実写ではなく、CGを活用していれば、予め微調整が行えるため、何度も撮り直すといった無駄なコストや時間が一切かからないという点で、CGを活用するメリットは、莫大であります。

また、CGを使用した映像動画であれば、不必要なパーツが映り込むといったリスクも全くなく、クリーンな状態で、常に必要とされるパーツだけを集めて映像化を行うことが可能ですので、無駄な映り込みに対する費用の削減にも貢献できます。これがもし、実写であった場合には、必要のない、余分なパーツまでもが映り込んでしまうことから、余計なリスクを抱える可能性もあるわけです。これがCGを活用したシミュレーション映像であれば、実写の場合にはリアル過ぎるという理由から、拒否反応を示す患者も存在する一方で、CGを活用した映像であれば、そういった過多なリアルを全て取り除くことが可能であり、最後まで患者に見てもらうことができ、映像自体のクオリティーや価値を高めることも、可能なのです。

3DCGの優れた点として、アニメーションを活用し、その映像物を自由に動かしたりすることのできるということが挙げられます。この技術を活用することにより、手術のシミュレーションが、よりイメージしやすく、説得力のある映像に仕上がります。また、マウスだけで、色や形を簡単に変更することも可能ですので、実写のような、余計な手間や負担がかかるといったことも、一切ないというのも、大変魅力的です。そして、対象とする映像物を、360度回転させたりすることも可能ですので、さまざまな視点から、対象物を見ることができるというのも、大きな魅力であります。前述の、2DCGと異なる点としては、2DCGを扱う場合に、その角度毎にCGを制作する必要がありますが、3DCGの場合には、その必要がなく、見たい角度から360度、自由に見ることができるという点で、2DCGとは全く異なるポイントであります。

②手術シミュレーションにCG映像活用が増えている理由

病院に足を運び、医師の先生方から、手術のシミュレーションに関する直接の説明を受けたいという患者は大多数です。しかし、仕事や自宅療養、付き添いの人とのスケジュールなどによって、医師から直接手術説明を受けるのが難しい状況になる場合があります。

手術日までまだ時間のあるという場合であっても、手術に関する追加説明を行いたいといった時には、CGを活用したシミュレーション映像の制作が最適です。映像を使用せず、実際に手術のシミュレーションを行えば、手術にかかわる方の貴重な時間を費やしてしまうことにもなり得ます。そこで、CGを利用して、手術のシミュレーション映像を制作することで、そういった時間の削減を実現でき、CGを使用することで、患者にも分かりやすく伝えることができるのです。

CGを利用したシミュレーション映像制作を増加させ、その需要は日ごとに高まり続けています。在宅療養などは長期的視野で捉える必要がありそのような時にこそ、CGを活用したシミュレーション映像という科学技術が、活躍します。

今後手術を受ける予定のある際には、在宅であっても、好きなときに何時でも見ることの可能なシミュレーション動画は、現在の医療界に旋風を巻き起こすほどの画期的な技術であると言われています。シミュレーション動画を取り入れることで、医師の先生方の時間的負担の削減だけでなく、心的負担の削減にも貢献することができます。それだけでなく、映像を通して分かりやすく伝えることで、患者の不安を和らげたり、軽減させることへと繋がるのです。

シミュレーション映像の制作には、映像制作会社へと依頼を行うことが最適です。CGという特殊な技術を扱う映像制作には、映像専門のプロへ依頼をすることで、理想通りのシミュレーション映像が、スムーズに手に入ります。シミュレーション映像を活用したいとお考えの際には、弊社へのご依頼をご検討下さい。

弊社では、CGを活用した手術のシミュレーション映像制作やモデリング動画制作、シミュレーション動画配信サービスや医療コンサルティングなど、様々なニーズに対応する映像制作を行っております。2DCG・3DCG問わず、細部まで鮮やかで優れた映像美を、低価格かつ短納期でご利用していただけます。映像や動画の制作に関するご依頼は、是非弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています