調剤薬局の薬剤師が伝える薬の大切さを動画で説明! | 医療映像.jp

DUMMY

調剤薬局の薬剤師が伝える薬の大切さを動画で説明!

用法用量を守り、適切に薬を服用することは、患者がより健康で、安心して暮らしていくために、とても大事な習慣です。しかし、何らかの習慣の変化から、つい薬を飲み忘れてしまったり、既に使用する必要のない薬の誤った処分方法を実行してしまうといった声も聞きます。今回は、薬の飲み忘れへの対策や、薬剤師に関するサービスのご紹介、余った薬の処分方法から動画制作依頼の必要性まで、詳しく解説をしていきます。

①薬の服用を怠ってしまったら?薬の大切さを映像で解説

薬の飲み忘れや、服用する回数、またその量を間違えてしまうといった事例は、意外と多く耳にしますが、うっかり飲み忘れてしまうことの原因には、生活習慣やそのリズムに変化のあったときや、自己管理徹底への過信などから起こる場合などと、さまざまな理由があります。それでも、薬を処方されているからには、その薬を服用する必要があります。もし万が一、薬の服用を怠ってしまったときには、一体どのようなことが起こるのでしょうか。

代表的な例として、本来、用法用量を守ることで得られる薬の効果が薄れてしまうということが挙げられます。薬の飲み忘れによって、血中の有効成分が一定に保たれないため、思い通りのペースで治療が進まなかったり、それが完治への遅れへと向かってしまう可能性が高いのです。この飲み忘れを防ぐための対策として、薬を服用した後に、きちんと記録に残すという習慣を付けることが大切です。

薬の飲み忘れは、服用する本人に病気の自覚症状がないとしても、薬剤師からすれば、大変な事態なのです。治療に真剣に向き合い、本当に完治させたいのであれば、当然ながら用法用量は、しっかりと守らなければなりません。つい服用を怠ってしまう患者には、そうした薬の大切さを、映像を用いて解説をしていくことによって、飲み忘れを防ぐことへと貢献し、薬そのものへの理解もしてもらえるので、薬の適切な服用に関する映像の活用は、必要であると言えます。

記録は、どのような方法で行っていただいても構いません。簡単に記録が出来て、いつ服用したかという情報の確認をすぐに行えるというメリットからも、飲み忘れ防止に大きく役立ちますので、つい服用を怠ってしまうという患者にとって、必要な作業です。記録方法の例として、服用後、手帳やノートに直接書き込んだり、スマートフォンやパソコンのカレンダー機能や、メモ機能を利用することも、効果的です。

②薬剤師訪問サービス説明に動画を活用

薬剤師訪問サービスとは、調剤薬局勤務の薬剤師が、処方箋のもとに調剤した薬を、家庭まで届けてくれるサービスのことです。薬局まで行くことの難しい方や、医療従事者の方であれば、本人の代わりに薬を取りに行く時間がどうしても取れないといった場合に、利用されることの多いサービスです。

薬剤師が薬をお届けする家庭で行うこととして、きちんと薬の服用方法を守れているかといった薬の使用状況の把握や、その効果の確認、服用後の体調変化や副作用などに関しての聞き取りを行います。これを行う背景には、その時々の体調や、ライフスタイルに合わせた薬を服用してもらい、薬による効果をさらに高めてもらうといった意味があります。

その後、処方された薬の丁寧な説明を行ってから薬を与え、次の訪問日の相談をします。このサービスの対象者には、「通院が困難で、医師が必要と認めた患者」という基準が存在しますが、これはつまり、自宅から薬局まで向かうことの困難な方が対象であり、そこに医師による訪問診療を受けているかどうかということは、関係ありません。クリニックに通院している方であっても、介護サービスなどを受けなければ通院が困難であるというようなケースであれば、この薬剤師訪問サービスの対象者となります。

薬剤師訪問サービスの紹介を、効率的に行いたいというときに、動画を活用した説明方法が、最も効果を発揮します。動画で本当に伝えたい情報だけを、コンパクトにまとめて、分かりやすく説明し伝えることが可能ですので、こういったサービスの説明には、動画の活用が功を奏します。その後の質問事項などを口頭で説明するとより効率的です。

③薬のプロ かかりつけ薬剤師の探し方

かかりつけ薬剤師とは、薬による効果や、副作用、健康に関する知識や経験に優れ、患者の不安や心に寄り添った相談やアドバイスを行うことのできる薬剤師のことを意味します。かかりつけ薬剤師は、患者自らが選ぶことのできる存在です。理想のかかりつけの薬剤師を見つけるために、まずは、かかりつけの調剤薬局を見つけることが重要です。

使用するさまざまな薬を、1箇所の調剤薬局で統一してしまうことにより、他の医療機関から処方されている薬と同じ薬を処方されている場合などにも、素早く気付くことができたり、急な風邪などで市販薬が必要なときに、薬剤師が状況に応じた市販薬の選定を行ってくれたり、症状によっては、医療機関への受診を促したりと、その都度状況に応じた的確な判断で、患者の薬に関する全てのお手伝いをしてくれるのです。また、こうしたかかりつけの調剤薬局や、かかりつけ薬剤師に関する詳しい情報も、映像に収録をすることで、さらに分かりやすく伝えることが可能です。

かかりつけの薬局を見つけた時点で、かかりつけの薬剤師を探していきます。かかりつけ薬剤師を探す中で多いケースとして、薬を処方してもらった薬剤師に、少し質問をしてみたり、何度か顔を合わせることで顔見知りとなり、自然とかかりつけの薬剤師となっていたというケースが多く見られます。またその他に、薬の説明会や相談に関するイベントを開催している調剤薬局があれば、積極的に参加してみることも、かかりつけ薬剤師をスピーディーに見つけやすいと言えます。

④余った薬の正しい処分方法と動画制作依頼の必然性

処方箋を受け取る患者に意外と知られていない情報として、薬の切り替えなどで、今後使用することのない、余った薬の処分に関する話題が挙げられます。

街の薬局や薬店で購入した薬を処分する際は、容器から取り出し、錠剤であれば、封筒などに包み、可燃ごみとして処分をすることが、正しい薬の処分方法です。軟膏なども、紙に包んで処分をすることが適切です。
液状のドリンクや、目薬といった薬であれば、容器内の液体を、布や新聞紙などで吸い取ってから、可燃ごみとして処分します。噴霧剤や消毒スプレーなどのエアゾール剤であれば、屋外に出て、火気のないことを十分に確認した上で、スプレー容器に記載されているガスの抜き方法に従って、中身を全て出し切ってから不燃ごみとして処分をします。

医療機関(病院・診療所・薬局など)で出された薬は面倒がらずに、その医療機関や調剤各局に持参して処分してもらうのが一番です。専用のごみ箱を用意しているところもあります。間違って他の方が服用すると重篤な症状が現れたりする危険性も含んでいます。

こうした薬の処分方法に関する注意喚起にも、映像の活用が有効です。薬の効果効能を十分に理解してもらい、症状に合わせ薬が変更になった時の対応の仕方など薬に対する映像があればより安心感につながることでしょう。

動画の制作には、技術的なテクニックを必要とするため、動画専門企業へと依頼をすることが必須であります。個人制作では限界のある編集技術や、映像に関わるさまざまな技法に関しても、映像専門のプロであれば、安心して任せることができて、想像を絶するほどにパーフェクトな仕上がりを、実現してくれます。

株式会社ナインフィールドでは、調剤薬局や薬剤師、薬に関する動画の制作を行っております。医療プロモーション動画の制作や、映像配信サービス、医療動画のコンサルティングなど、どこまでも美しく、色鮮やかな動画制作を、低価格で実現致します。動画制作のご依頼は、是非弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています