【4Dエコーでお腹の中の赤ちゃんのメモリアル動画】コラムUPしました | 医療映像.jp

【4Dエコーでお腹の中の赤ちゃんのメモリアル動画】コラムUPしました

2020年10月5日

赤ちゃんの発育過程や現在の状態を立体的に見ることのできる4D超音波検査ですが、妊娠後期になると、生まれてくる子どもの顔がほぼ認識できるレベルにまで進化をしています。従来型のエコーでは、発育状況の確認のために存在した超音波検査ですが、4Dにまで進化したことから、その技術力やクオリティーも格段に良くなり、現在では、出産記念や検診サービスとして記念動画を渡す病院も多くあります。今回は、4Dエコーでメモリアル動画の需要が増え続ける理由や、メモリアル動画を利用することの効果などに関して、詳しく説明を行っていきます。
続きはこちら