EPSON 映像を利用した社会福祉活動 | 医療映像.jp

EPSON 映像を利用した社会福祉活動

2019年11月20日

EPSONは2015年から社会福祉活動の一環として、全国の病院や特別支援学校などに、
プロジェクションによる映像表現を活かした映像空間「ゆめ水族園」をお届けしている。

「ゆめ水族館」とは日ごろ病室を出ることが難しい患者さんに「自然の映像に包まれた空間で、
生き生きと豊かに、ワクワクしながら楽しんでほしい」という願いのもと開催されている。

ゆめ水族館で使用されているプロジェクションは、映像の視覚性およびスクリーンの触覚性による外部刺激で、
ある人には自発的な行動を、ある人にはリラックス体験などを創り出す。
EPSONは、このプロジェクション技術をさまざまな場面において、人が人間として豊かな感覚体験をしていくことを未来に届けていきたいとのこと。