“患者さんに優しい傷の小さな手術”実現へ「第32回日本内視鏡外科学会総会」開催 | 医療映像.jp

“患者さんに優しい傷の小さな手術”実現へ「第32回日本内視鏡外科学会総会」開催

2019年12月4日

今月5日~7日の3日間、横浜市のパシフィコ横浜で「日本内視鏡外科学会総会」が開催される。
「日本内視鏡外科学会総会」とは今年で32回を迎える“患者さんに優しい傷の小さな手術”を実現すべく、
外科系診療科などの専門領域や医学系または工学系などの
さまざま専門分野の人々が確実で安全な手技や技術開発について討論する会である。

今年の学会総会のテーマは“Challenge for Innovation”と題しており、
世界に向けて、誰しもが技術革新の発信者になるチャンスがある。

学会内の特別企画として、最先端の内視鏡についての講演や医療機器の展示会も設けてられており、最新の4K UHD解像度に対応した手術用57.5型液晶ディスプレイやシンプルな使いやすさと長時間記録など
機能性を兼ね備えたメディカルビデオレコーダーなどが展示されている。