【家庭介助の方法を動画で】コラムUPしました | 医療映像.jp

【家庭介助の方法を動画で】コラムUPしました

2021年5月31日

自宅で介助を行うときに、介助者が介助負担を誰にも相談することが出来ず、限界を感じてしまうというケースは、決して珍しくありません。住み慣れた自宅で、家族の最期の瞬間まで介護をしたいと思う気持ちはあっても、そこから発生したストレスや負担を、自分一人きりで背負ってしまうと、その精神的・身体的疲労は、想像を超えるものがあります。
介助の際の身体的疲労は、介助が必要な要介助者の健康状態により、時に過度の肉体労働を強いられるでしょう。このような状況下で介助者が倒れてしまったり、何らかの病を発症してしまうなど、介助者側が負担に耐えられなくなる場合も多くあります。実際に介助を行ってみると、要介助者をサポートしたり、移動させることで、介助者自身が身体疲労を感じながら介助を行い続け、遂に限界を迎えるということが、今現実として、起こっているのです。
それでは、どうすれば無理することなく、最小限の労力で、介助を行うことができるのでしょうか。今回は、介助者が出来るだけ負担感なく介助生活を送るための方法や、ボディメカニクスに関する説明を動画で伝えることの効果について、解説をしていきます。
続きはこちら