動画で解説 地域包括ケアシステム | 医療映像.jp

DUMMY

動画で解説 地域包括ケアシステム

日本国内において、少子高齢化は加速の一途をたどっています。65歳以上の人口は現在3500万人以上存在し、2042年には3900万人にまで達する見込みとなっています。その後日本の総人口は減少する一方で、75歳以上の後期高齢者は、増加するという時代が続くとされています。そこで活躍する可能性の高いケアシステムとして、地域包括ケアシステムがあります。今回は、地域包括ケアシステムとは何かということから、このシステムを動画で解説することのメリットなどに関して、網羅的に説明を行います。

①地域包括ケアシステムとは?グラフやシステムをCGで解明

地域包括ケアシステムとは、高齢者が要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最期まで送ることのできるよう、総合的なサービスを地域一帯で支援する仕組みのことをいいます。戦後のベビーブーム時代に生まれた、いわゆる団塊の世代と呼ばれる人たちが、75歳以上の後期高齢者となる2025年を目途に、介護保険の保険者である市町村や都道府県などが中心となり、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて住まい・生活支援・介護・医療・予防が一体となったシステム構築を行うことを、地域包括ケアシステムは目標としています。

このケアシステムに想定されていることとして、おおむね30分以内に必要なサービスが提供される日常生活圏域を単位とされています。具体的には、中学校区がそれに該当します。少子高齢化のデータなどは、動画を活用しグラフCGで分かりやすく表示させることが効果的です。統計調査などにグラフとCGを融合させることにより、数字が苦手な人でも理解しやすく伝えられます。また、地域包括ケアシステムとは何かということを、専門家にインタビューを行った内容を動画内に挿入しインタビューに沿った内容をCG化すると、さらに分かりやすく効果的です。

地域包括ケアシステムのメリットとして、大きく分けて以下のメリットがあります。
◇一体的な医療サービス・介護サービスを地域で受けられる
◇要介護者・認知症の高齢者が自宅での暮らしを継続できる
◇高齢者の社会参加の機会が増える
◇家族の負担が軽減される
以上のメリットを知ることにより、地域包括ケアシステムを深く知るきっかけにもなるのです。こうした動画の制作には、映像制作企業に依頼を行うことが最適です。個人制作の動画などを、多くの方に視聴してもらうための動画として十分なクオリティに仕上げるのは容易ではありません。映像制作企業であれば、企画の段階から相談に乗ってくれたり、さまざまなリクエストに応えてくれたりオプションを用意しているケースもあります。

②構成要素の解説に実写映像やCGを活用

高齢者が増加することにより、その分医療や介護の需要は増加し、このまま医療や介護の需要が増え続けることで、病院や施設の数・職員が不足して現場が機能しなくなるといった状況は、目に見えています。地域の包括的な支援・サービス提供体制を整えることで、医療や介護を必要とする人々に届けられるようにするという狙いがあります。地域包括ケアシステムの構成要素は、以下の内容から成り立っています。

◇医療
かかりつけ医や地域の連携病院に加え、急性期病院・回復期リハビリ病院などと連携を行います。
◇介護
必要に応じて訪問介護・訪問看護などの在宅介護サービスや通所介護サービスの提供を行います。また入所施設で介護に切り替えることもあります。
◇住まい
自宅やサービス付き高齢者向け住宅など、人生の最期まで暮らす場所のことを指します。また、賃貸住宅入居時の支援も行います。
◇介護予防と生活支援
介護予防・生活支援は地域包括ケアシステムの土台となっています。自治体による介護予防サービスや、ボランティア団体による安否確認・見守り活動などを展開します。また、地域の交流や外出・家事援助などの生活支援・自立支援も行います。

上記地域包括ケアシステムの構成要素も動画を活用し、動画内にCGを導入することで有益な動画制作を実現していきます。CGには、目立たせたいポイントだけクローズアップさせることが出来、何に重きを置いているかということを、容易に視聴者に伝えやすいというメリットがあります。また、構成要素の内容は実写映像を使用すると、より身近に感じることができます。

この地域包括ケアシステムは、植木鉢に例えられることもあるものです。本人や家族の選択と心構えを土台に、生活の基盤となる住まいや住まい方を植木鉢、生活支援・介護予防を土と捉えて、専門サービスの医療・介護・福祉サービスを植物と捉えています。この植木鉢の内容解説にCGを使用することにより、地域包括ケアシステムを理解しやすく解説することができます。

③アニメーションで理解しやすい表現法に

地域包括ケアシステムの構築には、以下4つの「助」が大切になります。順番に触れていきます。
◇自助
自発的な自身の生活課題を解決する力を有すること
◇互助
家族や近所といったインフォーマルな社会資源の活用
◇共助
医療や年金・保険など、被保険者の相互負担により成立する制度
◇公助
生活保護支給などの行政サービス
上記4つの「助」を連携させていくことが大切です。これらの内容も、CGの他に、アニメーションを利用することも有効です。アニメーションを利用すると、視聴者にとって分かりやすい表現方法となるため、効果的です。アニメーションでは、オリジナルキャラクターの使用などにより誰にでも容易にアプローチしやすいというメリットがあります。この利点を活用することが重要になります。

④地域包括支援センターの説明にも動画の力を

地域包括ケアシステムを構築する上で欠かせないものとして、地域包括支援センターの存在があります。地域包括支援センターには、主任ケアマネージャー・保健師・社会福祉士らが配置された介護・医療・福祉・健康などの相談窓口があります。ここでは、以下の支援を可能としています。
◇介護予防ケアマネジメント
◇総合相談・支援
◇権利擁護
◇包括的・継続的ケアマネジメント支援
地域包括ケアシステムは、まだ歴史の浅い取り組みです。そのため、システムが完全に機能しているというわけではなく、いくつかの課題も生じているのです。例えば、以下のような課題を抱えています。
◇医療と介護の連携
◇地域格差
◇浸透率の低さ
◇人手不足
これらの課題を解決していくためにも、動画で地域包括ケアシステムを丁寧に解説していく必要があります。動画の制作には、先述のように映像制作企業に依頼を行うことが必要になります。長年の実績と豊富な経験を持ち動画のプロである映像制作企業であれば、地域包括ケアシステムの認知度を上げる構成を提案してくるでしょう。短い納期でパーフェクトな動画を制作してくれるのも、映像制作企業ならではでしょうし、何より動画の質や安心を買うことができるという点においても、大きなメリットになります。

弊社では、地域包括ケアシステムに関する動画制作を行っております。地域包括ケアシステムにおける映像制作の他、さまざまな動画の制作を承っております。各種プロモーション映像制作や動画配信サービス、ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなど、世界に1つのオリジナル映像技術を、低価格でご利用いただけます。この機会に、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています