医療機器のマニュアル動画で経費を削減 | 医療映像.jp

DUMMY

医療機器のマニュアル動画で経費を削減

日本が超高齢化社会に突入したことや、薬事法の改正が施行されたことにより、医療機器を取り巻く環境に、大きな変化が訪れました。改正薬事法より、大型医療機器の認証手続きが迅速化したことで、医療機器市場への参入がしやすくなったのです。特に、MRIや放射線装置というような、大型医療機器の分野において、顕著にあらわれています。専門性の高いMRIや、放射線装置等の医療機器の製品や操作の説明には、マニュアル動画を積極的に活用することによって、大変分かりやすく伝えることができます。今回は、医療機器の解説に、マニュアル動画を取り入れるメリットなどに関して、詳しいお話をしていきます。

①マニュアル動画がもたらす効果とは?

誰に向けて何を伝えたいのか、そしてどのように理解してもらいたいのかということを明らかにするためには、まず動画制作の目的を考え、動画制作のストーリーを明確にする必要があります。医療機器は、今まで以上に製品の差別化が求められるようになり、医療施設への独自アプローチの必要性も高まり続けています。そこで最も有益なアプローチ法として、マニュアル動画の制作が挙げられるでしょう。

マニュアル動画は、直接対面での口頭のみでは伝えきることの不可能な、細やかな内容や複雑さを含む内容であっても、効果的に伝えることができるというメリットがあります。それだけでなく、動画を何度も視聴してもらうことで、さらに知識を深めてもらうということも可能です。また、医療機器のマニュアル動画を用意しておくことにより、スタッフが新たに増える度に説明を行う手間を省くことができるという点も、マニュアル動画の制作依頼をすることの大きなメリットとなります。

診断結果や検査内容などの専門的な医療機器の解説に、マニュアル動画を利用して解説をすることによって、理解度を高めることができて、医師の説明時間を大幅に短縮することも可能です。マニュアル動画では、医療機器の便利な操作方法を動画の中に収録することで、故障や破損に繋がる注意喚起をすることも出来、操作時の怪我の恐れや、重度の危険の起こり得る可能性についてきちんと説明をし、効果的にアピールをすることも可能なわけです。これらの事柄に対して、動画を通して事前に注意喚起を行うことができれば、それらの事故や怪我でさえも、未然に防ぐことができます。

また、医療界における製品の認知度を上げ、理解度を高めることにも直結します。営業の知識レベルやトークレベルの差を埋めるためにも、マニュアル動画は有効です。動画を活用することで、操作方法や細かい製品説明も全て網羅できるので、セールストークに隔たりがなくなり、セールス機会の損失を防ぐことも可能です。営業ツールとしても、マニュアル動画の重要性は高まっているのです。

この他、医療機器のマニュアル動画を制作することのメリットとして、院内ネットワーク上で共有することもできるため、紙面でのマニュアルのように大量印刷する必要もないという利点が挙げられます。紙面のマニュアルを制作するという場合には、印刷コストが発生しますが、マニュアルの種類によっては、大量印刷が必要なシチュエーションが多くあるでしょう。このような時に、マニュアル動画を活用することで、紙面のマニュアルのような大量印刷が不要となれば、経費の削減を行うことも可能となります。また、多少の修正や改訂となった場合にも動画ではその部分だけ差し替えれば問題ありませんが、印刷物の場合は全ページを印刷しなおす可能性もあります。

動画の制作は、映像制作会社に依頼をすることにより、高品質な動画を手に入れることができます。前述の紙面のマニュアルとマニュアル動画の比較をしてみても、マニュアル動画の果たす役割は大きいと言えます。

②より印象に残りやすい動画制作のポイント

動画は、視覚や聴覚に訴えるため、写真やイラスト・静止画などよりも、印象に残りやすいというメリットがあります。しかし、どのような動画であっても良いということでもありません。印象深い動画を沢山の方に見てもらうためには、思わず最後まで見入ってしまうほどに、飽きの来ない動画である必要があるでしょう。そうした動画制作の際に重要となるポイントが、「ナレーション」・「テロップ」・「効果音」になります。

まず、「ナレーション」を活用する利点として、情報を分かりやすく伝えられるという効果があります。視覚と聴覚の両方から訴求することのできるナレーションは、情報への理解度を高めることが可能であるということのみに限らず、共感度を深めることにも寄与します。また、ナレーションがあることで、動画を見る全ての方に向け、まるで実際にその場で説明をしているかのような臨場感を与えることもできるのです。

次に「テロップ」ですが、テロップを活用することには、より丁寧に解説を行うことができるというメリットがあります。非常に多くの情報量であっても、誰にでも理解のしやすい内容にまとめることが可能であるという点も、テロップの強みです。この他、音声をださなくとも分かりやすい伝達手段であるということも、大変大きなポイントです。動画の要点や状況説明をテロップにして伝えることで、理解をしてもらうことができます。

「効果音」は、まさにその場の雰囲気をリアルに演出することができるという利点があります。日常でよく聞くような馴染み深い音なども、効果音として聴いてみると、没入感がさらに増加するので、有効です。医療機器のマニュアル動画では、前述のナレーションやテロップ、そして効果音を上手く利用することによって、最後まで飽きさせることのない動画に仕上げられるでしょう。

マニュアル動画が特に効果的である分野こそ、まさに医療機器に関するマニュアル動画なのです。医療機器の操作方法など、医療分野には専門性の求められる内容や用語を非常に多く含みます。人は、ただ文字を読むことよりも、実際に映像を見て覚えていくほうが、理解しやすく記憶にも残しやすいという特性があります。その特性を有益に活用し、最新医療機器の解説なども、事前にマニュアル動画を制作し、スタッフに公開しておくことで、実際に機器を扱うイメージトレーニングをしてもらうことも可能なわけです。

多忙な医療現場や医療機器メーカーにおいて、医療機器のマニュアル動画を依頼することには、幾つものメリットがあることは確かな事実です。今後の院内業務の効率化を益々促進させるためにも、まずはマニュアル動画の制作依頼を行うことが必要です。動画制作の依頼は、映像制作会社に依頼を行うことが最適です。

映像制作会社に依頼をすれば、医療機器の持つ特徴や操作方法を分かりやすく引き出す映像制作を約束してくれます。どのようなマニュアル動画を制作していきたいのかという動画内容や目的をヒアリングすることから始まり、短納期でイメージ通りの動画を制作するのも、映像制作会社手腕です。マニュアル動画は需要の多い分野であり、操作方法だけでなく、新人教育の研修にも利用される等、幅広いフィールドで利用されています。

弊社では、医療機器のマニュアル動画に関する映像制作を承っております。医療機器のマニュアル動画制作の他、PR映像制作や動画配信サービス、映像マーケティングなど、高品質で美しい弊社独自の映像技術を、リーズナブルな価格でご活用いただけます。また、レンタルスタジオの運営業務も致しております。医療機器のマニュアル動画に関する映像制作のご依頼は、弊社まで是非お気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています