コロナで激変する看取りのあり方 | 医療映像.jp

DUMMY

コロナで激変する看取りのあり方

新型コロナウイルスの影響で、人々の生活様式だけでなく、最期を迎えるときの「看取り方」にも、大きな変化がありました。このコロナ禍の看取り方において、誰もが衝撃を受けたこととして、家族の最期を迎える瞬間に誰も看取ることが出来ず、別れの挨拶でさえも、モニターやタブレット越しという事実が挙げられるのではないでしょうか。例え、コロナ禍での突然の別れであっても、残された遺族の心を癒していく1つの方法として、出来る限り多くの映像を残しておくことが、その後の遺族の生活や精神を正常に保つためにも、必要です。今回は、急な別れであっても、家族に寄り添いながら行うことが可能な看取り方に関して、そして映像の力について、詳しく解説を行っていきます。

①映像の力で家族とともに永遠に生き続ける

映像は、いつ見返しても、撮影した当時の思い出や感情が湧き上がってくるものです。人間はいつか必ず、何らかの理由によって生命が絶たれてしまうものですが、映像の中の世界であれば、故人であっても確かにそこに存在し、永久に生き続けることができるように、ふと故人の生前の姿を頭に思い浮かべたときに、当時の映像を見てみると、そこにはいつまでも変わることのない、ありのままの家族の姿が映し出されます。

写真だけに全てを残すといった手段も、素晴らしい思い出として残すことができます。それに加えて映像となると、画像の中に「動き」が追加されることから、写真だけでは感じることのできない、故人の癖や雰囲気などが感じられ、特別な感情や親しみを、動画を通じて得ることができるようになります。それだけ動画の需要が拡大し続けていることの理由でもあるのです。

モニターやタブレットを使った別れの挨拶というのも、現在のコロナ禍の状況において、絶対にあり得ないとは言い切れず、それどころか、そうした看取り方が増加しているのが現状です。このような過酷な状況であっても、やはり家族としては、対面をしての別れを望むことが一般的であります。特にこの状況下であれば、自宅での最期を望む家族が増えるのも、無理はありません。

しかし、自宅での看取りを望むと一言で言っても、実際何をどのように進めていけば良いのかということや、自宅で看取る際にかかる具体的な費用なども、気になるところです。こうした詳細な情報を動画の中に収めて、家族に視聴してもらうということも、その後誤解を生むことなく、スムーズに自宅で体制を整えるのに大変重要なプロセスとなります。

文字や数字だけの説明では理解しがたいものも、CGやアニメーションを積極的に活用することにより、難しい説明や細かな内容であっても、視覚と聴覚から働きかけていくことができます。短期間で効率的に、伝えたいことだけを分かりやすく伝えることができるという点も、動画を活用することのプラスの効果です。

動画は、視覚と聴覚の両面から訴求を行うことによって、動画を見る視聴者に負担を感じさせることもありません。視聴者は、自宅で看取ることに関する本当に必要な情報だけを、時間をかけずに得ることができるので、何かと時間に追われる看取る側となる家族にとって動画という効率的で優れた技術は、負担が少なく必要不可欠であると言うことができます。

②自宅での看取り解説に動画を活用

コロナ禍にある今だからこそ、病院まで足を運ぶことに不安を感じる家族も少なくありません。そのため、家族の最期を、「自宅」という安らげる空間の中で迎えたいという人も増加しており、実際に自宅での看取りを希望する人の数は、感染症が流行し始めてから、日に日に増加傾向にあります。その背景として、院内感染を防ぐため、病院などで面会禁止措置がなされていることから、家族の最期に立ち会うことが不可能な場合が多くあることが挙げられます。

やはり、自分の大切な家族の最期であれば、どのような形であっても、顔を見て看取りたいという感情は、至って自然な感情であると言えるように、家族の思いを望む形で叶えてあげることが必要となってきます。また、自宅で看取ることが可能であるならば、患者も自宅という安らげる空間で、よりリラックスして最期を迎えることができ、家族もまさに旅立ってしまうその瞬間までを、まるで眠っているかのような映像として収めることも可能なのです。

自宅で看取ることの最大のメリットとして、突然容態が急変してしまったとしても、即座に対面することができ、すぐ傍でサポートをすることが可能であるという点が挙げられます。これがもし病院であれば、昼夜問わず、まず病院まで足を運ぶ必要があったり、現在のコロナ禍においては、面会をすることさえ叶うことのない状況となっています。その点、自宅で看取ることが可能であれば、そういった容態急変時であっても、傍にいるので慌てずに、冷静に行動することができるということも、自宅で看取ることのメリットなのではないでしょうか。

例えば、余命宣告を受け、最期の時までの時期の把握さえできていれば、自宅での来るべきときに対しても、落ち着いて臨むことが可能となります。また、自宅での看取りに関する情報を収めた動画を依頼することも、効果的です。日本では、自宅で看取るという方法が、主流であるというわけでもありません。そのため、自宅での看取る方やその方法について疑問に思う家族のために、自宅での看取り方に関する動画を依頼することも効果的です。自宅で看取ることに関心を持つ家族や、それを希望する家族に対し、正しい知識を持ってもらえるだけでなく、今後この看取り方が主流となる可能性もあることから、こうした動画を依頼することには、大きな意義があると言うことができます。

③故人を偲ぶ一助に動画編集を

人が人生最期の瞬間を迎えるときに、例え自分の生命が失われたとしても、心のどこかで自分のことを、「ずっと覚えていて欲しい」という思いは、口に出すことは不可能であっても、誰しもが持つ感情ではないでしょうか。また、残された遺族としても、故人の存在を、いつまでも心の中に残しておきたいものです。そのようなときに、まさに映像の力が役に立ちます。

生前の元気な様子を動画に収めて、日々の記録を積み重ねていくことも、後に立派な動画として残すことができますし、最期のときまでを、まるで1つの壮大なストーリー映画のように収めていくことも、後に素敵な作品のように残すことができます。それらの撮影した動画の編集などを行いたいという際には、迷わず動画制作会社へと依頼を行うことが必要です。

動画制作は、やはり動画のプロである専門企業へ依頼をすることが最も適切です。個人制作のような動画と、プロに依頼をした動画では、編集テクニックの違いやBGMの流れ方、その他にもさまざまな相違点を生みます。その違いは、動画を見る家族にも把握できてしまうでしょう。看取りに関する解説動画からメモリアルな動画まで動画制作は、動画専門企業へ依頼されることを、強くお勧めします。

弊社では、さまざまな動画の制作を行っております。看取りに関する動画の制作や編集、プロモーション動画制作や動画配信サービス、動画のコンサルティングなど、幅広い動画制作工程の全てを、低価格にてトータルコーディネート致します。看取りに関する動画制作のご依頼は、是非弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています