報道や自主発信映像で見えてきたコロナ渦 | 医療映像.jp

DUMMY

報道や自主発信映像で見えてきたコロナ渦

緊急事態宣言解除後より、新たな新型コロナウイルスの感染者数は、徐々に増加傾向を見せ、再び予断を許さない状況となっています。今回は、過酷な医療現場にあっても、ウイルスと戦い続ける医療従事者へと届けられている感謝や称賛の声や、それに対する医療従事者からのメッセージ、そして医療従事者と人々の絆を繋ぐ「映像の力」に関して、詳しく解説していきます。

①医療従事者へと送り続ける感謝や賛美の声

新型コロナウイルスの対応にあたり、奮闘し続ける医療現場の映像は、報道番組などで、誰もが毎日のように目にする光景ですが、こういった現場の映像が、人々の心に残り、医療従事者の方々へ向けて感謝をしよう!という声は、今も高まり続けています。

そして多くの人々が、感謝や称賛の意を込めて、企業で映像動画を制作したり、あるいは自主発信による映像にて制作を行いながら、医療従事者の方々へ、エールを送り続けています。映像の中で、人々は、医療従事者の方々への感謝の言葉や熱い思いを語ったり、また拍手を送るキャンペーンに参加するなどの活動を続けています。こういった映像動画が、報道番組などで放送されることもあり、映像を使った伝達方法というのは、デジタル化された現代において、大変重要なツールであります。

また、医療従事者への感謝を、イルミネーションやライトアップを利用して伝えようといった取り組みも、全国各地で行われています。公園などでは、医療従事者へのエールを送るイルミネーションを点灯していたり、ダムでは、ブルーカラーのライトアップを行って医療従事者への感謝を表現したり、海浜公園に浮かぶ屋形船では、50隻に提灯を点灯させて、医療従事者への日頃の感謝を送りました。このように、医療従事者への無数のエールは、さまざまな形で、日々送り続けられています。

②医療従事者から人々への応援メッセージ

人々からの声に応えるように、医療従事者から人々へ向けての応援メッセージも、続々と届けられています。病院の各公式ホームページを見てみると、医療従事者に寄せられた沢山のエールや拍手、そして寄付などに対する感謝の気持ちが文字として綴られていたり、また、温かみを感じるメッセージや品物などに対する感謝の思いを綴っており、そういった品物を、映像の中に映し出して紹介し、そういった映像を公開することで、人々に、よりダイレクトに伝わりやすい方法を取っています。

医療従事者へと届けられた品物の中には、実にさまざまな品物がありますが、その1つとして、人々が病院のために1枚1枚、手作りで作られたマスクの寄付が挙げられます。これは、医療従事者の方々にとって、非常に心に響くプレゼントであると、映像の中で語られています。マスクや防護服などは、再び感染者の増加している現状において、慢性的に不足する傾向にあるため、そういった医療現場に絶対的に必要であるとされるアイテムの寄付などには、特に大きな感謝をしたいと、医療従事者の方々は述べられています。

また、医療従事者が奮闘する姿を描いた手書きの絵であったり、救急車を描いた自作の絵であったり、そしてそういった絵のほとんどが、子どもの自主制作した絵であるということも、医療従事者にとって、心温まるプレゼントであるとのことです。その他に、食べ物や飲み物といった品物も、医療従事者から綴られた感謝の文字の中に映像を挟む形で、紹介されています。

医療従事者から人々への応援メッセージは、日本だけで留まらず、日本国外からも届けられています。海外で働く医療従事者は、人々に向けて、感謝の思いを語りかける動画を公開しています。映像の中では、自粛に協力してくれてありがとうといった感謝の気持ちを伝えたり、継続的な自粛のために、ストレスを溜め込んでしまわないよう、呼びかけています。そして、人々がエールを送ってくれたように、医療従事者から人々へも、大きな拍手が、映像動画を通して送られています。

こうした医療従事者から人々へのメッセージもまた、報道番組や自主制作された映像動画などで、紹介されることが多くなっています。人々が医療従事者へと、感謝や応援などのムーヴメントを起こしたことで、医療従事者から人々へ向けても、これらのアクションを得られたことで、双方間において、決定的なプラスの効果を生み出しました。ここで重要なポイントは、これらの相乗効果を実現することに成功した背景には、全て「映像」を活用しているという、紛れもない事実です。

③医療従事者と人々の絆を強められる方法は「映像の力」だけ

上記のことから、映像を活用することで、医療従事者と人々とを繋ぐことが可能で、双方間の絆を強めたりすることもできるという結果が証明されました。人間と映像が、今後も永遠に、切っても切り離すことのできない関係をさらに深めていくことは確実です。そのため、映像に関する知識や技術なども必要不可欠でありますが、そういった技法を習得するには、映像に関する高度な学習や、十分な時間を必要とするので、そう簡単に習得できるというわけでもないのが、現実です。そのような現状はあるものの、動画制作は行いたいという際には、どのようにすることが適切でしょうか。そこで登場するのが、映像制作のプロに依頼をするという方法です。

映像制作のプロに依頼を行うことには、どのようなメリットがあるでしょうか。まず最初に言えることは、質の高い映像制作を実現できるということが挙げられます。近年、映像コンテンツの需要や有益性は、日に日に上昇傾向にあり、このようなデジタル社会であるが故に、映像制作をきちんとした企業へ依頼をすることには、目に見えて映像効果を感じられるだけでなく、大きな意義があるのです。質の高い映像制作を行えるということは、個人制作であれば限界のあるプロセスであっても、プロに依頼をすることで、撮影や照明の節々ににこだわりを感じられて、ラストの編集作業まで、「魅せる映像」つまりはプロならではの見事な技術で、閲覧者を即座に魅了してしまう映像を、導入することができるというわけです。

また、映像制作会社に依頼をすることで、映像コンセプトの明確化を行えて、大まかな構成などを任せてしまうといったことも可能であるというメリットも存在します。個人製作であれば、企画力や構成面の段階で頭を抱えたり、途中まで制作したものの、想像した仕上がりにならず制作自体を諦めてしまうといったことも、実際に多くある出来事です。そういった経験をしないためにも、企画力や構成力に優れたプロに頼むことで、一連の流れをしっかりと順序を策定し、スピーディーに制作を行ってくれるのです。また、訴求力のある映像動画は、将来的にも大きな価値を生む可能性が非常に高いと言えます。そしてこういった技術は、やはりプロでしか引き出すことの出来ない技法のため、映像制作を行う際には、専門の会社へと依頼をすることをオススメします。

株式会社ナインフィールドでは、医療に関する映像制作や、プロモーション動画制作、医療動画配信サービスや、医療動画のコンサルティングなど、幅広い映像制作を行っております。色鮮やかで美しい映像を、低価格でご利用いただけます。是非お気軽に、弊社まで、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています