コロナと戦う医師の最前線 | 医療映像.jp

DUMMY

コロナと戦う医師の最前線

新型コロナウイルスが猛威を振るい続けている現代。感染者数は日に日に増加していく中で、医療従事者の身体的疲労や精神的疲弊も、懸念されています。感染者のために、日々新型コロナウイルスと戦い続ける医師の先生方やスタッフが、治療に挑みやすい環境づくりを実現するには、映像動画を活用した取り組みが重要となります。今回は、映像や動画を取り入れることで、医療従事者がさらに治療に臨みやすい体制づくりに関して、そして第2波への対応、感染者受け入れ病院を一般患者も利用するための工夫まで、詳しく解説をしていきます。

①医療従事者がより良く治療に臨める体制づくりに映像の力を

感染症と日々向き合う医療従事者が、少しでも負担を感じず、そしてより快適に治療を行っていく方法として、「組織内支援」が挙げられます。これは、長時間の業務を遂行する上で、病院という組織側からの支援を意味します。組織内での支援というのは、主に感染症に関する情報の共有は勿論のこと、担当業務やローテーション作業の徹底や、質問への統一的回答の準備等、組織側から医療従事者へ向けてサポートを行うといった意味で、極めて重要なサポートとなります。

担当業務やローテーション作業を徹底することで、医療従事者への時間外勤務等、過度な負担を強いられることのリスク回避を行うことが出来、結果として医療従事者の負担軽減へと結びつくのです。また、感染症に関する質問への統一回答を、予め組織内にて定めておくことにより、病院の信用や、統制のとれた組織といったイメージアップにも繋がります。この他に、医療従事者同士やスタッフ間での明るい声掛けも、組織の結束を強めるという観点から、とても大切なことです。

コロナ禍にある今だからこそ、充実した医療体制の構築が必要ですが、感染症の影響で、感染してしまった患者のみ増加を続け、業務量も必然と増えているにも関わらず、給与面への反映がなされなかったりすることで、退職をしてしまう職員が出ることは、現在多くの病院で、慢性的に起こっている事態です。またそれとは逆に、感染症の影響で、病院の患者数自体が減少したことによる減給なども、現在の病院で起こっている事態なのです。

こうした現状を食い止めるための啓発活動として、特に活躍を期待できるのが、映像や動画の活用です。医療体制や支援体制の内情を、医療従事者に対し、予め分かりやすく説明したサポート動画を制作することにより、スムーズに業務を進められて、スタッフの離職率も減少させることが期待できます。また、感染症の影響で、今までとは異なった医療体制を組んでいるとことの詳細を、来院する患者に伝える動画の制作も、医療従事者が滞りなく業務を遂行する上で、なくてはならない映像技術の活用法であります。

②映像や動画を活用したコロナへの警戒とその対策

予想を超える感染者数の増加傾向から、慌てず冷静に対処をしていくために、今からきちんと備えておく必要があるのです。夏に比べると、冬のほうが気温が低いという理由で、換気の回数も減少しやすいですが、気温が低下することで、喘息を引き起こしてしまったり、脳梗塞などの脳に関わる病を発症したり、あるいは心臓発作といった病が深刻化する可能性も高まります。それらの病を防ぐためにも、今からさまざまな予防策を講じていく必要があるのです。
その他に、警戒事項の中に、明確なキーワードとして浮上してくるのが、「クラスター対策」になります。クラスターとは、新型コロナウイルスにおいて、「集団患者」を意味しますが、このクラスターの発生する要因として、いわゆる「3密」と呼ばれる条件の揃った場所で発生する現象であると言われています。また、3密条件の揃わない環境にいたとしても、飲食店で大声を出したり、歌を歌ったりなどというようなことからも、引き起こされてしまうということが、実際に報告されている事例です。

そのため、こういったクラスター対策には、行動経路の特定を行うとともに、3密の揃う場所や、それ以外であっても、飲食店など感染の可能性のある場所へは行かないといった行動を徹底することが、何より必要であると言うことができます。クラスターを回避するための注意喚起として、映像や動画を活用することで、積極的に呼びかけていくということも、大変有効な方法です。

具体的に、映像や動画を活用して、どのような呼びかけを行うべきなのかというと、例えばクラスター回避のための注意喚起を行う動画を制作したり、あるいは、第2波に関する危機回避のための動画を制作・公開を行うことによって、効率的且つ効果的に、そしてよりスピード感を持って、それらの動画を拡散させることができるのです。こういった特別な注意喚起への最適なアピール方法には、映像や動画の力が、今や決定的に欠かせないツールとなっています。

③誰もが安心して受け入れ病院を利用することのできる工夫

コロナ禍の中であっても、感染者の受け入れ先である各病院では、自粛期間中は通常外来を休止していたものの、現在では、一般患者の受け入れを再開している病院が多く見られます。もともと、指定の病院に通院していた一般患者などは、再び診療を開始できるということは、大きな喜びを感じるわけですが、コロナウイルスの影響で、指定病院が再開されていても、感染予防のため、現在は通院再開を躊躇ってしまうという声もあります。では、どうすれば誰もが安心して、以前のように病院を訪れることができるようになるのでしょうか。そこには、いくつかの「工夫」を行うことで、改善される可能性が高いです。

まず1つ目に、「フロアを完全に分離する」という工夫が挙げられます。感染者は、上階のフロアに距てておき、一般患者は下階のフロアで診察を行うよう、完全にフロアを分離してしまうことを意味します。これは、受け入れ病院において、必須事項であるとも言うことができます。一般患者フロアの待合室では、マスクの着用を徹底し、間隔を空けて着席してもらうよう定め、感染者フロアでは、退院をするまで、他のフロアへの出入り不可能な隔離といった方法を取ることも、一般患者へ感染をさせないという目的から、こちらも必須事項であると言うことができます。

また、一般患者が病院を訪れた際には、病院玄関での検温や、アルコール消毒液による手指の消毒を行い、体温に問題が見られた場合に、病院の外に停車をさせた車の中で検査を行うといった対策を取り入れることも、効果的です。検温には、サーモグラフィーカメラを導入するなどの工夫をすることで、医療従事者側の負担を削減することができます。一般患者にも、安心して通ってもらうために日々行っている対策などを、効率的に上手くアピールしたいというときに、欠かせないツールとなるのが、「映像」の活用です。病院に関する新たな情報というのは、スピーディー且つ大多数に拡散する能力に優れた、映像の力を利用することでのみ、実現することができるのです。そしてこういった病院の情報映像制作は、プロの専門企業へと依頼を行うことが、理想の映像を形にするために、最も必要な伝達手段なのです。

弊社では、病院に関する映像制作や、プロモーション映像制作、病院動画のコンサルティングなど、幅広い映像制作を行っております。鮮明で美しい映像を、低価格でご利用いただけますので、是非お気軽に、弊社まで、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています