【新型コロナウイルスとインフルエンザ同時流行を防ぐには】 | 医療映像.jp

DUMMY

【新型コロナウイルスとインフルエンザ同時流行を防ぐには】

新型コロナウイルスの流行は、第3波へと突入しました。本格的な冬の到来に向けて、インフルエンザの流行も懸念されています。コロナウイルスの影響で、病院の病床もひっ迫する中でのインフルエンザの流行は、医療崩壊すら招きかねません。コロナウイルスの治療薬は、まだ開発途中でありますが、インフルエンザには具体的な治療方法が存在します。そのため、今冬は特にインフルエンザ対策をしっかりと行う必要があります。今回は、インフルエンザの予防策や予防接種に関する詳しい情報、コロナウイルス対策に動画を活用することについて、詳しい解説を行っていきます。

①動画で深く理解するインフルエンザの予防策

毎年冬に流行するインフルエンザですが、関節の痛みや高熱が出、持病などがある場合には、さらに悪化する恐れもある感染症です。インフルエンザの本格的な流行を防ぐためには、ウイルスを身体の内部に侵入させないということや、周りの人にうつさないようにすることが重要です。インフルエンザの感染者を増加させないためには、基本的な予防策を講じることによって、感染を防ぐことができます。

インフルエンザの具体的な予防法として、正しい手洗い・うがい・マスクの徹底は、必須であると言うことができます。まず、正しい手洗いに関してですが、人は毎日、色々なものに触れて生活をしています。それらに触れることで、自らの手にもウイルスが付着してしまう可能性は、十分にあり得ます。そのため、外出先からの帰宅時や、料理前と料理後、そして食事の前などには、必ず手を洗いましょう。ウイルスは石鹸に弱いという特性がありますので、正しい手洗いを日々行うことにより、インフルエンザを予防できます。

手洗いやうがいに関する解説には、アニメーション動画を活用することが効果的です。手洗いやうがいといった基本的な習慣を苦手とする傾向にあるのは子どもに多い現象であると言うことができます。そのため、子どもが親しみを感じやすいアニメーションを、動画の中に上手く取り入れていくことで、手洗いやうがいを生活の中に習慣づける効果があります。アニメーション動画が苦手な子どもというのは、大変少ない傾向にありますので、アニメーションの持つ魅力や特徴を生かし、動画として活用していくことが大切です。

次に、正しい手洗い方法に関してですが、手を洗う前に爪は短く切っておき、時計やアクセサリーなども外しておきましょう。まずは、流水で手を濡らし、石鹸を手のひらに付けてよく擦ります。同じように、手の甲や指先、指の間や爪の間まで、入念に擦ります。その後、親指と手のひらは、ねじりながら洗い、手首も綺麗に洗います。水で流したところで、綺麗なタオルやペーパータオルでよく拭き取ります。

うがいも非常に重要な習慣であり、うがいを行うことによって、口腔内に付着している細菌やウイルスを、身体の外へと排出することができます。うがいは喉を刺激することで、粘膜への働きかけ、血行を促進することにも繋がります。そのため、外出先からの帰宅時などには、必ずうがいを行うようにしましょう。

インフルエンザの予防には、常にマスクをきちんと装着することも必要です。マスクは、人の呼気によりマスクの内側の箇所に湿り気を生じさせますが、このことによって、吸気の湿度が上がる結果、喉の粘膜が外気に向かうことがありませんので、適度に潤いを保つことが出来、インフルエンザの予防効果を発揮するのです。近年、常時マスクの装着をすることは、当たり前のこととされていますが、マスクの装着も、手洗いやうがいと同様に、正しい装着をすることが重要です。

マスクをしていても、予防効果のない例として、マスクから顎が出てしまっていたり、マスクから鼻が出てしまっていたり、あるいは鼻の部分に隙間が出来てしまっているような装着方法では、マスクの予防効果を期待することはできません。正しいマスクの装着方法には、しっかりと鼻から顎までをマスクで覆い、ゴム紐をきちんと耳にかけ、ぴったりフィットするように装着をします。こうしたマスクの正しい装着方法は、手洗い・うがいと同様に、アニメーション動画を活用した説明方法も、相応しいと言えるでしょう。

インフルエンザを予防する上で、予防接種をするということも、とても大切です。今冬は、高齢者のインフルエンザ予防接種を無料と定める自治体が存在していたり、子どものインフルエンザ予防接種にかかる費用の一部を助成する自治体があったり、病院によっては、予防接種の可能な日時を定めていたりもしますので、予防接種が可能な方は、積極的に接種をすることが大事になります。

自治体によっては、これらの助成が受けられるということを、動画を通して解説を行うことが有益です。また、病院で予防接種可能な日時を定めている場合にも映像を活用し、接種可能日時を一覧にしたり、地域の予防接種の助成情報表示したりと、必要な情報を分かりやすく伝えるために動画を活用することが大変有効です。この他に、日頃より十分な睡眠を取り、バランスの良い食事を取りながら免疫力を高めておくということも大切です。インフルエンザは、免疫力の弱っているときに感染しやすくなりますので、そうした生活習慣にも気を配るよう動画に加えるのもいいかもしれません。

②新型コロナウイルス対策にも動画を

予防動画が必要であるのはもちろんインフルエンザだけではなく、新型コロナウイルスに関する対策動画も、確実に必要です。コロナウイルス対策において、手洗い・うがい・マスクなど、インフルエンザの予防策と同様の対策が取られますが、その他に今冬はとにかく、不要不急の外出を避け、自宅で静かに過ごすということに重点を置いて、密になる場所には行かないということを徹底することが大切です。

また、大声で騒いだりすることも、ウイルスを飛散させ、飛沫感染といった危険な事態にもなり兼ねません。そういったことにも気を配り、十分気を付けながら、生活をしていくことが重要です。このような情報も、新型コロナウイルス対策動画の中でしっかりと注意喚起を行っていくことによって、今冬の感染症の流行を抑え込むことが可能となるのです。

今冬における新型コロナウイルスと、インフルエンザの同時流行を防ぐには、やはり具体的な治療方法の存在する、インフルエンザの対策に力を入れるということが絶対に欠かせません。一人ひとりが、インフルエンザ対策をきちんと行うことにより、今冬の同時流行は、大きく防ぐことができると言えます。

これらの予防対策動画を制作することによって、新型コロナウイルスやインフルエンザの予防啓発を、効果的に行うことができるわけです。こうした新型コロナウイルスやインフルエンザの予防対策動画の依頼には、映像制作会社へ依頼を行うことが最適です。映像制作会社へと依頼をすることで、最新機材の技術を活用し、レベルの高い動画を、短い納期で制作してくれます。

弊社では、新型コロナウイルスの対策動画や、インフルエンザの予防動画の制作を行っております。その他にも、新型コロナウイルスやインフルエンザ予防対策動画の配信サービスや、PR動画制作、コンサルティングにかかる事業まで、幅広い映像制作を行っております。ご依頼される理想通りの映像を、低価格にて制作させていただきます。新型コロナウイルスの対策動画制作や、インフルエンザの予防動画制作のご依頼は、是非お気軽に弊社まで、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています