【歯科医院のキッズスペースを動画でPR】 | 医療映像.jp

DUMMY

【歯科医院のキッズスペースを動画でPR】

現在の日本では、1歳6カ月児と3歳児に、公費で歯科検診を実施しています。妊婦歯科検診の際、子どもの歯の健康を守るための知識を教えている歯科医院もあり、母親は子どもを育てながら歯科予防の大切さを意識することができるような仕組みが構築されています。こうしたことからも、子どもの歯への関心は非常に高まっており、それと同時に家族の歯の健康を守ろうという思いも強まりを見せています。保護者が良い歯科医院であると感じると、ファミリーで通院してくれるというケースも増加します。今回は、歯科医院にキッズスペースを設置することの利点や、設置の際にチェックすべきこと、それらを動画でPRすることの効果に関して、詳しい解説を行います。

①PR動画から学ぶキッズスペース設置のメリット

キッズスペースは、顧客満足度を高めてリピーターへと繋げられることから、さまざまな病院で見かける空間となっています。歯科医院でも同様に、キッズスペースを置くことにより、多くの利点があることから、キッズスペースの活用が現在までに広く浸透しています。このキッズスペースですが、設置をする段階でのポイントとして、以下の点が挙げられます。
・保護者の通院利便性の確保
・待合室の環境すみ分け
・リコール率の向上
・子どもの歯科医院への抵抗感軽減
キッズスペースを設ける最大のポイントは、保護者の通院利便性の確保があるでしょう。小さな子どもがいる保護者は、歯科医院まで子どもを一緒に連れて行っても、子どもが安心して待っていられるような場所がないために、つい足が遠のいてしまいがちにもなります。そこでキッズスペースを設けることによって、子どもが一人きりであってもその場所で待っていることが出来、保護者も気持ちよく治療を受けることが可能なのです。どのようなキッズスペースがあるのかという事を動画でPRすることによって、予約を入れるプラスの要素となるでしょう。

また、保護者の目が届きやすい環境であるというのも、大きなメリットであると言うことができます。子どもを待たせる場所によっては、子どもが怪我をしてしまう可能性もある中で、キッズスペースという特別な空間があることで、保護者だけでなくスタッフの目が届きやすいという利点もあります。この空間があるというだけで、場合によっては通院する他の保護者や子どもとのコミュニケーションを取ることにも繋がるでしょう。

キッズスペースには相乗効果もあり、単に保護者が通院しやすいというだけでなく、子どもが喜んで通ってくれる可能性も高いと言うことができます。キッズスペースがあると、子どもは待合室で待つ間、リラックスした状態で待つことも可能となりますし、何より楽しいと思える空間と時間を体験することが可能であり、これが通院をする上でも、大きなモチベーションとなるわけです。キッズスペースのメリットに関する詳しい内容の説明には、画を利用して効果的にPRすることが最適です。PR動画を利用すると、最終的には増患という結果にも直結していきます。

子どものいる保護者は、どの歯科医院にするのかという選定をする際に、キッズスペースのあるクリニックに通うことを前提に考える保護者がやはり多いものです。そして保護者が関心のある歯医者を見つけ、その歯医者の情報をさらに知りたいというときに、歯科医院の公式ウェブサイト上でPR動画を公開しておくことで、その歯科医院の詳細な情報を分かりやすく知ることが出来、その結果として実際に何度も訪れてくれるようになるでしょう。

保護者は、公式ウェブサイトにある動画を見て歯科医院に問い合わせをしたり、実際に足を運んでみるというケースが大多数であると言えますが、これは動画という技術が、如何に現代社会に浸透しているかということの証明でもあります。PR動画制作を希望する際の依頼は、まさに動画のプロフェッショナルである映像制作会社へ依頼をすることで、納品までスムーズに完了させることができます。

②分かりやすく伝えられるためにPR動画を有効活用

幼少期から歯科医院に通院をしていると、治療をする必要が少なくなる利点があります。また、歯のクリーニングを定期的に行うことにより、痛みや恐怖感、通院への抵抗感も自然となくすことができます。子どもの心境にも変化が見られるようになり、歯科医院はいつからか、楽しく通院することのできる場所であると考えるようになりますし、予防歯科を親子間で共有することも可能となるため、歯科医院のリコール率を高めることにも繋がるのです。保護者に安心感を与えるポイントや、安全性の確保のためにチェックすべきこととして、以下の点が挙げられます。
・定期メンテナンス
・空間の確保
・事故トラブル回避(設置物・設置場所・電源コンセント等)
定期メンテナンスやスペースの確保、事故トラブル回避など歯科医院にとって必要な情報は、動画を利用して効率的に紹介をすることが重要です。歯科医院の定期的なメンテナンスが確実に必要であるように、スペース確保やトラブル回避といったポイントも、患者のリコール率を上げるためにとても大切なことなのです。トラブルへの注意点には、設置物と設置場所、そして電源コンセントが該当します。

設置物に関してですが、棚やテレビは子どもの転倒の際に危険でないか気を付ける必要があります。壊れ物などが子どもの近くにあり、万が一怪我になるようなことがあれば、その後のトラブルに発展する可能性も考えられるわけです。そのため、設置物には注意をするようにしましょう。次に、キッズスペースの設置場所については、歯科医院の外観よりキッズスペースが見えることで十分なアピールができるよう、自動ドアの内側をタッチセンサー式にしたり、安全柵をキッズスペースに配置するなどの配慮が必要となります。最後に電源コンセントですが、これは感電に気を付ける必要があり、子どもの視界に入らない場所や、手の届かない所に設置をするようにしましょう。このようにキッズスペースに対する配慮も動画の中に組み込んでおくことで保護者の安心感をけることができます。

この他に注意すべきこととして、歯科医院の他のスペースが狭まってしまうという点においては、気を付ける必要があります。キッズスペースの面積を設けると、やはり他の空間を工夫する必要があったり、場合によってはキッズスペースのために他のスペースを当初の予想よりも削らなければならない状況も想定できます。キッズスペースを置くことが既に決定しているのであれば、他の面積を広めに取るようにすることが適切です。そのすれば、歯科医院全体の空間バランスを取ることができるでしょう。

キッズスペース設置のためのポイントや設備のPRを丁寧に、分かりやすく説明したいときにこそ、動画を利用することは有益です。動画を利用すると、口頭では時間の必要な内容でさえも、短時間で分かりやすく伝えることができます。キッズスペースにおけるPR動画の制作依頼は、必ず映像制作会社に依頼をするようにしましょう。映像制作会社は、相談から納品までの一連のフローを、丁寧に且つスピーディーに行ってくれます。またそれに掛かる費用も相談できます。PR動画制作の際には、映像制作会社へ依頼をすることにより、満足度の高い映像を手に入れることができるのです。

弊社では、キッズスペースのPR動画の制作を承っております。ほかにもPR動画制作や映像配信サービス、ドローン撮影や動画マーケティングなど、唯一無二の弊社独自技術を駆使した映像制作を、リーズナブルな費用でご利用いただけます。この他、レンタルスタジオの運営業務も致しております。キッズスペースのPR動画制作のご依頼は、弊社まで是非お気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています