懐メロを活用した介護コミュニケーションツール | 医療映像.jp

DUMMY

懐メロを活用した介護コミュニケーションツール

レクリエーションは、介護施設や老人ホームなどで日常的に行われている催し物であります。その中でも、歌を利用したレクリエーションは、非常に人気のあるジャンルとなっています。歌を使用するレクリエーションは、認知症予防や脳の活性化に効果を示すとされています。このレクリエーション法の1つとして、「懐メロ」を取り入れた交流手段をとる施設もあり、大変注目されています。今回は、懐メロをアピールすることの意義や回想法、音楽の持つ効力について動画で紹介すること等に関して、丁寧に説明を行っていきます。

①動画でアピールする懐メロ導入事例

歌のレクリエーション内容として、カラオケのように歌うスタイルであったり、ある歌を聴いて、そこからイメージすることをイラストで表現してみたり、文字にしたりするなど、バリエーションに富んでいます。そしてこれらイラストや文章等の作品の発表が、利用者の活力へと繋がることもあります。介護施設や老人ホームで懐メロを使用することは、既に多くの施設で導入されています。

ある介護施設では、各フロアでの音楽レクリエーションとして、あるいは日中の体操のBGMとして懐メロを取り入れたり、それらの音楽に合わせて体操を行ったりしています。また、ある老人ホームでは、音楽に合わせて手拍子や足踏みをしたり、腰痛予防の体操も行っています。この他、歌いながらボールを回すボール回しをして楽しんだり、神経衰弱のように歌詞カードとタイトルが合うとその歌を歌ってもらうというような、ユニークなレクリエーションを取り入れる施設もあります。

懐メロの導入事例を紹介する際には、動画の活用が最適であると言うことができます。懐メロの導入事例を、口頭で伝えたとして、その内容をどれほど利用者に記憶してもらえるでしょうか。効率的に、尚且つ効果的に理解をしてもらうためには、繰り返し視聴可能な動画の技術が必要です。動画は、何度でも視聴してもらえるため、利用者の記憶にも残りやすくどのようなレクリエーションを導入しているかという事をアピールすることができます。

②回想法が認知症へのアプローチに

1960年頃、米国の精神科医であるロバート・パトラー氏は、心理療法の1つである回想法を提唱しました。回想法とは、昔懐かしい思い出を振り返らせ、その経験などを語り合うことをいいます。昔の思い出を「振り返る」ときには、記憶力や集中力を必要であり、この回想法を実践することで脳が刺激を受け、精神面における安定や認知症の改善に効果が期待されています。

認知症の改善において、即効性のある方法ではありませんが、回想法を長期間継続すると、認知機能が改善するということは、実際に医療研究センターや学術総会などで、検証されています。そのため、認知症をケアする現場でも、多く導入されています。認知症を発症してしまったとしても、昔の思い出は記憶に残っているということも多く、回想法は認知症の持つ特性を活かした手法であると言うことができます。

回想法の導入は非常に容易なものもあり、昔の思い出話をするということです。これを歌に関する昔話に置き換えてみると、思い出を振り返り、さらに楽しい時間になるでしょう。話すこと・聞くこと・コミュニケーションを取ること、この3点が揃うことで回想法の成立となります。回想法を行う上で重要なことは、懐メロから思い出す記憶を長期的に語り合うことを繰り返し、認知機能の改善を目指すということです。

回想法に使用する歌は、利用者の思い出の懐メロにすることが一番ですが、利用者が何も思い浮かべることが出来ないというケースについては、昭和のヒットチャートの懐メロを使用するということも有効です。

回想法や昭和の懐メロ紹介に関する情報を、効果的にアピールをしたい時には、動画の力を活用しましょう。回想法や懐メロの解説を紙面や対話行うことは、決して合理的ではないかもしれません。その理由として、内容が一度では伝わりづらく、また歌を使用したレクリエーションなので実際の活動を見てもらうのが一番納得してもらえる情報だからです。その点、動画を活用するのであれば、いつでも視聴可能なので、何より合理的に、訴求をすることができるわけです。

③動画で伝える音楽の持つパワーとは

介護コミュニケーションにおいて音楽を利用することには、さまざまな効果があります。まず、情緒の安定が挙げられます。音楽の持つ鎮静と刺激の作用を、利用者の性格ごとに使用します。イライラしやすい利用者には鎮静効果のある懐メロを選び、塞ぎ込みがちな利用者には脳の活性化を促す懐メロを選ぶことで、精神面のコントロールを図ります。その結果として情緒が安定し、利用者の安眠にも効果があるとされています。

こうした音楽の力は、生活の質の向上にも役立てることができます。懐メロを利用者同士で歌ったりすることによって、満足感を得ることが出来、このレクリエーションを継続的に行うことで、充実した毎日に繋がっていくのです。それだけでなく、音楽に合わせて身体を動かせば、基本的日常生活動作の向上も期待できます。さらに大きな声で歌を歌うことにより、口腔機能の向上や肺機能の向上にも効果があり、良い姿勢で腹式呼吸をしながら発生することには、閉塞感や抑うつといった感情に効果的であるとされています。

また、歌に関する思い出を語ることには、回想法を導入することにも繋がりますし、歌を歌うということは、心肺機能の改善や向上を期待できるだけでなく、ストレスの解消ができるということにも直結します。回想法に比較的用意のしやすいテーマが歌になります。当時の歌についての記憶を思い起こすことで、その歌が流行っていた時代に利用者がどのような生活をしていたのか?など振り返る機会を持つことが出来、コミュニケーションを生むフィールドにもなるでしょう。

懐かしの音楽である懐メロを聴き、それに合わせて歌を歌ったり、時には踊ったりすることで脳内物質も分泌され、その結果としてストレスの解消や脳の活性化が実現し、リラクゼーション効果も与えてくれるのです。また、太鼓やカスタネットなどの楽器を使って音に合わせてリズムを刻んだり、身体を動かしてみたり、あるいは演奏をすることも有効です。

音楽の持つ力を、分かりやすく説明をしたいときには、動画を活用することが最も有益です。必要な情報だけを短時間で伝えることができる動画だからこそ、施設のアピールのために積極的に取り入れる必要があると言うことができます。動画の制作依頼は、映像制作のプロフェッショナルである映像制作企業に依頼をしましょう。理想通りの動画制作や視聴者に魅力的に映る映像を制作することができます。

弊社では、介護コミュニケーションツールに関する動画制作のご依頼を承っております。この他、プロモーション映像制作や動画配信サービス、ドローン撮影業務や動画コンサルティングなど、高品質な弊社オリジナル映像技術を、低価格でご利用いただけます。また、レンタルスタジオの運営事業も行っております。介護コミュニケーションツールに関する動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています