動画でフレイル予防 | 医療映像.jp

DUMMY

動画でフレイル予防

フレイルは、2014年に日本老年医学会が提唱した概念のことをいい、Frailtyの日本語訳のことを指します。Frailtyとは虚弱という意味であり、健康な状態と要介護状態との間に位置しており、身体機能や認知機能の低下がみられる状態のことをいいます。このフレイルは、適切な治療や予防を行うことにより、要介護状態に進むことなく済む可能性があるものです。加齢に伴い筋肉が落ちてくるような身体状況や、内蔵などの生理的機能の低下によって、心身の活力が低下した状態を、近年フレイルと呼ぶようになっているのです。今回は、フレイルを防ぐために動画で解説することのメリットについて、詳しいお話をしていきます。

① フレイルとは?動画で分かりやすく説明

フレイルの状態では、まだ健康の維持はしている状態ではありますが、要介護状態になる危険は高まりを見せています。多くの高齢者が、このフレイルのプロセスを経て、要介護状態となることが判明しています。介護の必要がなく、日常生活を無制限に過ごすことのできる期間のことを、健康寿命といいます。日本人の健康寿命は、平均寿命と比較をしても、男性は8.84歳・女性は12.35歳と短くなっています。そのため、健康寿命を延ばすことにより、平均寿命と健康寿命の差となる要介護状態の期間をどれほど短縮することができるのかということが重要になります。また、要介護状態に陥らないよう、フレイルを予防することも、健やかな老後生活を送るために必要不可欠です。

高齢者が注意したいフレイルの特徴として、体重の減少が挙げられます。思わぬ体重の減少は、高齢者が特に注意すべき症状であると言えます。この体重減少ですが、悪性の腫瘍や消耗性の疾患が隠れていることもあるので、注意する必要があります。例えば半年のうちに5%以上の体重減少があるときには、身体のどこかに病が隠れていないかどうか、きちんと調べる必要があるでしょう。体重の減少は、高齢者の健康寿命を奪う立派な要因になり得ます。そのため、早期の段階で、こうした兆候を見逃さないということが、大変重要になるのです。

フレイルの概念や平均寿命・健康寿命などの情報は、CGを活用し、分かりやすく解説を行うことが最適です。CGを活用すると、実際の数字を並べただけのデータより分かりやすくグラフ化することができたり、目を引くイラストなどを挿入して理解しやすくなるというメリットがあります。また、CGを活用するほうが修正や更新が生じた場合に、コストを抑えて制作をすることが可能であるという利点もあります。これらのことから、CGを活用することのメリットは多大であると言えるのです。弊社でも、CGによる動画制作を致しております。豊富な経験と実績のある弊社ならではの強みを生かし、有益な動画制作を実現します。

② CGで伝わるフレイルの原因と構成要素

フレイルは、筋力低下などの身体的な要素から、認知症やうつ病などの精神的な要素・独居や経済的困窮といった社会的な要素から構成されています。フレイルの進行を予防するためには、これらの側面から総合的に見て対応する必要があるのです。加齢などにより、筋肉量や筋力が減少することを・活動量が減り、エネルギー消費量が低下することを、フレイル・サイクルといいます。この状態のときには、食欲が湧かないため、食事の摂取量が減ります。また、たんぱく質を始めとする栄養摂取の不足により、低栄養状態となります。

低栄養の状態が続くことで、体重も減少し、筋肉量や筋力の減少につながるわけです。このような悪循環を、フレイル・サイクルといい、転倒や骨折・または慢性疾患の悪化をきっかけに要介護状態となる可能性が高まります。この他にも、生活習慣病とフレイルは相互に関連しているとされています。加齢に加え、高血圧や糖尿病・脂質異常症や骨粗しょう症といった生活習慣病は、フレイルや認知症・脳血管障害や転倒・骨折などを招きやすいことで知られています。フレイルに関してはこれらの疾患を悪化させ、これらの疾患や症状が、フレイルをさらに悪化させるため、悪循環に陥りやすいと言えるのです。

このフレイル・サイクルに関しても、CGを用いて、分かりやすく映像化することが効果的です。フレイルには、さまざまな要因が複雑に絡み合っていることを説明するためには、CGで一つひとつ丁寧に解説を行いながらつなげていくとこが、重要になります。またCGは実写の映像とは大きく異なる性質を持ち、シンプルに分かりやすく表現できるという魅力を持っています。そのため、患者だけでなく誰の目も容易に引くことが出来、尚且つ最後まで見てもらいやすい映像を生み出すしやすいと言えるのです。

③フレイル予防に動画の活用は必須

フレイルが注目されているのは、フレイルの状態であれば、心身ともにある程度回復力が残されていて、適切なケアを行うことにより、健康な状態にまで回復できる可能性があるためです。フレイル予備軍のプレフレイルのプロセスから、本人やその家族がまずフレイルに気づくことが重要になります。フレイルは、早期段階で適切なケアを行うことで、予防や改善ができるようになるでしょう。1日の過ごし方を見直して、日々の食事に気をつけながら適度に運動を心掛けることにより、健康な状態に戻ることが可能となることが判明しています。

そのためにもまずは朝・昼・晩の食事と昼間の運動、就寝までのそれぞれの内容と量を充実させるようにし、規則正しい生活をするようにしましょう。また、積極的に外出をする時間を持つことも大切です。注意すべきこととして、転倒による骨折や、フレイルの進行予防のために、筋肉を減少させないようにすることが必要です。筋肉を減少させない対策として重要になることは、食事による栄養摂取と筋力トレーニングなどの運動を取り入れることになります。食事と運動のどちらか一方に力を入れるのではなく、偏ることなくどちらも行うほうが、筋力アップに効果的です。この他、たんぱく質とビタミンを豊富に含む食事をし、身体に負担をかけ過ぎることのない程度の運動を行うことも有効です。

これらの予防方法についても、動画を通して説明を行うことが有益です。栄養バランスのメニューの作り方や、筋力を落とさない体操などを、動画の中に組み込むと良いでしょう。動画は、人間の記憶に残りやすく、短時間で多くの情報を伝えることができるというメリットを持ちます。また、SNSによる拡散力にも優れているため、効果的に活用することによって、大きな利益を期待することもできるのです。動画の力を積極的に活用するためには、映像制作会社のサポートが欠かせません。映像制作企業に協力してもらうためにも、まずは医療映像に精通した映像制作企業に問い合わせることから、始めていく必要があります。

弊社では、フレイル予防に関する動画の制作依頼を、承っております。
フレイル予防における動画制作の他、さまざまな映像制作を行っております。
各種プロモーション動画制作や映像配信サービス、ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなど唯一無二の独自映像制作技術を、低価格でご利用いただけます。
動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています