耳鳴りの原因と対策を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

耳鳴りの原因と対策を動画で

中高年の方であれば、一度や二度は耳鳴りを経験したことがあるのではないでしょうか。耳鳴りは、キーンという高音や、ザァーという騒音です。この耳鳴りは、内耳にある蝸牛という聴覚器官の細胞に、何らかの異常が行ったことを知らせてくれるサインです。耳鳴りの多くは一過性のものであり、ある程度すぐに治まりますが、症状の程度によりそうではないこともあります。耳鳴りが起こる背景として、自らが気付いていないようなストレスや疲労の蓄積から、引き起こされているということも、実は少なくありません。ただの耳鳴りと放置をしてしまうことなく、まずは耳鳴りの特徴を知った上で、それに相応しい対処を心掛けることが重要になります。今回は、耳鳴りの原因と対策を動画で説明することの効果に関して、丁寧に解説を行います。

①動画で学ぶ耳鳴りの仕組み【突発性難聴のケース】

耳鳴りの中で特に気を付けたいことは、難聴を伴う耳鳴りであったり、慢性化するようなケースです。難聴などの場合には、年齢を重ねたことから、自然に発生するものであると決めつけてしまった結果、治療を諦めてしまう患者も多く存在します。しかし治療をせずに放置していると、さらに耳が聴こえにくい状態が継続的に続いたり、悪化してしまうこともあります。放置してしまった先に、耳鳴りそのものが大きなストレスとなって、最終的には体調を崩してしまうこともあるのです。

例えば突発性難聴のように、早期の段階で治療を開始するかどうかにより、その後の改善余地が大きく異なってくるものもあります。突発性難聴になると、朝起きたときに耳が聴こえにくくなっていたり、家族や友人が自分を呼ぶ声に気がつかなかったりということが起こります。この突発性難聴ですが、何の前触れもなく、突然ある時起こり始めるのが特徴です。

基本的に耳鳴りや難聴は、50歳前後から起こり始める患者が多く、高齢になるほどにその頻度も高くなっていきます。けれども、若い患者や30歳代~40歳代の働き盛りの患者にも見られることから、患者数は増加を辿っていると言えます。そのため近年注目度の高い症状でもあり、突発性難聴のケースでは難聴の程度は患者によりそれぞれ異なるものの、おおよその場合にまず片方の耳が聴こえにくくなります。また難聴の前後に耳鳴りを生じる患者も多く、中にはめまいや吐き気を感じることもあるとされています。

突発性難聴の原因として、ウイルス感染による説と、内耳の血液循環の悪化による説とが存在し、現時点で明確な原因が何か定かにはなっていません。ただし患者の多くが発祥前に、ストレスや疲労を感じていたことは明らかになっているところです。この他にも、風邪や胃腸炎・糖尿病や高血圧など、何らかの病を抱える患者なども発症しやすい傾向にあります。

これらの病をもつ患者や、あるいはストレス・疲労の蓄積している方が、少しでも耳に異常を感じたときには、注意しなければなりません。もしも実際に突発性難聴が起こってしまっても、早めに治療を受けることにより、その後の症状の悪化を防ぐことができます。しかし治療をせずに放置をすると、1カ月~2カ月でその症状が固定され、治らなくなってしまうこともあります。このような事態に陥らないためにも、急に耳が聴こえにくくなった場合には、すぐに医療機関を受診することがとても大切です。

このように耳鳴りの症状にも様々な場合があり、具体的な症状を動画にすることで耳鳴りや難聴への理解を促すことができます。また、動画を見ることであきらめていた症状の診察を受けたり、生活習慣を見直したりすることにつながります。

②動画だからこそ理解しやすい【老人性難聴のケース】

耳鳴りの原因として最も多くいわれることとして、加齢によるものであるということです。内耳の蝸牛にある有毛細胞が老化により崩れることにより、耳鳴りや難聴という症状が引き起こされます。難聴を伴うときには、基本的に老人性難聴といいます。一言で老人性とはいっても、聴覚細胞の老化には個人差があるものです。また老人性難聴は、両方の耳に起こることも多く、人の声などがこもったように小さく聴こえるという特徴があります。特に、周囲に音楽などの雑音があることで、さらに相手の声が聴き取りづらくなります。この他にも、大勢での会話が苦手になることもあるのです。

蝸牛の有毛細胞は、一度崩れてしまうと、修復することが不可能となってしまいます。そのため老人性難聴になると、根本的な治療というのが難しくなります。それだけでなく、日常生活に支障の出るレベルになると、補聴器が必要となるのです。耳鳴りの原因には耳の3DCGを活用し、内耳の蝸牛など普段気にしない部分を、動画で分かりやすく説明することが効果的です。耳の3DCGを制作することによって、老人性難聴における具体的なイメージを容易に起こすことができます。

また3DCGは、360度自由に動かすこともできるため、患者への難聴のメカニズムについても、分かりやすく伝えられます。3DCGはリアルな表現をすることができます。また、1度動画を作成すれば何度も使用することができ費用対効果を得ることができます。動画での説明の際には、難聴の種類や特徴をきちんと分類し、注意すべきことまで解説を行うようにしましょう。このような動画を制作することにより、患者に優しく有益な動画に仕上げることができます。

③音響療法とカウンセリング療法も動画でアプローチ

年齢を重ねたことで、耳鳴りの治療を諦める患者も多く存在しますが、耳鳴りについては近年、治療法や改善法において、かなりの進展を見せています。この進展により、個人差はあるものの、確実に治療の効果が見られることも多くなってきています。耳鳴りの治療として代表的なものとして、音響療法とカウンセリング療法が挙げられます。

まず音響療法とは、補聴器のような器具を装着し、小さな音を流しながら耳鳴りの音を気にならないようにする方法のことをいいます。日常生活の中で、冷蔵庫などのモーター音は聴こえていても、そのほとんどを気に留めることはありません。これと同じ仕組みを利用して、他の音に紛れて耳鳴りの音をあまり意識せずに済むようにする療法を、音響療法というわけです。

一方でカウンセリング療法は、ストレスや悩みなどの心因性の耳鳴りを対象とし、医師が患者の話を聞くことでその原因を調べ、メンタルケアを施しながら耳鳴りを軽減させる方法のことをいいます。近年はこれら2つの両方を併用するTRT療法(耳鳴り順応療法)を導入するクリニックもあります。こちらも個人差はあるものの、改善効果が見られます。治療のために要する期間は、1年~2年かかることもあります。そのため、医師とのコミュニケーションや信頼関係をある程度構築しながら、根気強く治療を続けることが必要になるでしょう。

音響療法とカウンセリング療法についての説明も、動画を活用して分かりやすく伝えることが最適です。また療法次第では保険の適用外であったり、TRT療法のケースでは、採用しているクリニックがまだ少数であるなど留意する部分も動画に収め、患者が理解しやすく正確な情報であることが必須になります。短い時間で多くの情報を伝達できる動画の力を有効活用するためには、メリットだけでなく注意点まで説明をすることで信頼感を得ることができます。動画の制作依頼は、動画制作のプロである専門企業に依頼を行うことが最良の選択になります。長年の実績やキャリアのもと、求める動画の理想形に仕上げてくれるはずです。

弊社では、耳鳴りの原因と対策に関する動画制作を行っております。
耳鳴りの原因と対策における動画制作の他にも、医療に関する多種多様な映像制作を致しております。
各種プロモーション動画制作や映像配信サービス、ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなど世界に1つのオリジナル動画制作技術を、リーズナブルな価格で、ご利用いただけます。
動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています