動画で四十肩・五十肩の緩和方法を | 医療映像.jp

DUMMY

動画で四十肩・五十肩の緩和方法を

四十肩・五十肩は、一般人口の2%から5%がかかる疾患であるといわれており、女性にやや多い傾向にあります。その理由として加齢によるものが多く、特徴として肩をあげたり水平に保つことが困難となっていきます。そのため、肩よりも上にあるものが取りづらくなったり、背中のファスナーがあげにくくなるなどの症状が現れるようになります。

四十肩・五十肩の炎症の起こる部分に関する解説は、動画の中に実写・CG・アニメーションなどを導入して分かりやすく説明することが最適です。実写ではリアリティある映像で実際の体感と似ていると共感を得ることができます。またCGやアニメーションでは、目立たせたい部分を強調したり、修正が発生した場合にコストを抑えて制作可能であるというメリットもあるのです。今回は、四十肩・五十肩の緩和方法と、動画を活用して伝えることのメリットに関し、詳しい説明を行います。

①四十肩・五十肩の特徴にアニメーションを導入

四十肩・五十肩は、痛みの強い急性期と、痛みは落ち着いているけれども思うように肩が動かせなくなる慢性期・痛みが改善する回復期に分類されます。急性期は、腕を上げた時だけに限らず、内側や外側とすべての方向に動かした場合に、痛みを感じます。その痛みは次第に強くなり、夜間時痛などもしばしば引き起こされるようになります。

痛みにより、睡眠障害に至ってしまうこともあるので、注意が必要です。次に慢性期は、夜間時痛や安静時痛は軽減されますが、過度に動かした場合に、強いつっぱり感を感じることがあります。急性期の痛みにより、動かさない状態が続くことで関節が硬くなり、動かせる範囲も狭まっていきます。回復期は、徐々に痛みが改善し、動かすことのできる範囲も拡大していきます。動かしても痛みが出なくなることから、肩こりと混同されやすいこともあります。

肩こりは、筋肉の緊張かたくる、血液循環の悪化が原因とされています。習慣化した姿勢の悪さや運動不足・ストレスによる筋肉疲労が起こることから、張りや痛みを引き起こします。肩こりは四十肩・五十肩とは明らかに異なるものです。四十肩・五十肩は、老化などによって肩関節をとりまく関節包や腱板に炎症が起こることにより、痛みが生じるといわれています。そのため、年齢の若い方よりも、中年以降に発症することが多い疾患です。

また、この疾患は、両肩同時に発症するケースはほとんど見られませんが、片方側のみ発症した後に反対側も発症するというケースに至っては、6%から34%もあるとされています。四十肩・五十肩は、肩の関節にある腱板という組織が炎症を引き起こした結果、関節包にまで拡大することにより、発症します。これは老化に伴い、筋肉や腱の柔軟性が失われることで、スムーズに動かなくなることから発症するとされていますが、実際のところはまだはっきりとした原因がない疾患でもあります。

四十肩・五十肩と、肩こりとの違いや症状のプロセスに関しても、動画を活用して解説することにより、誰にでも理解しやすく伝えられます。ここではアニメーションを導入することで、さらに分かりやすい内容で見せることができます。アニメーションには、実写などの映像とは異なり分かりやすく、親しみを感じてもらいやすい為、飽きることなく見てもらいやすいというメリットがあります。

また実写では表現が困難であるような技法も、アニメーションでは表現しやすく、届けたい情報を強調することもできます。インフォグラフィックなども、情報やデータを可視化して表現可能なため、視聴者に優しい映像であると言うことができます。また実写のように、人件費や機材費などのコストがかからないため、CGと同様に修正コストを抑えて動画を制作することが可能な場合もあります。

②実写動画の活用でリアリティーを最大化

四十肩・五十肩の治療法として、痛みと可動域制限を和らげることを目的とした保存療法が中心となります。保存療法には、運動療法や温熱療法・寒冷療法などがあり、症状別に適切な対策を行うことが必要となります。

◇運動療法
ストレッチや振り子運動などを行う治療法のことをいいます。これらの運動は、肩関節の緊張をほぐして痛みを緩和させる効果があります。四十肩・五十肩は、どちらか一方に発症することも多いため、痛みのない側における予防策としても、積極的に取り入れるべきであると言えます。
◇2.温熱療法
入浴や蒸しタオル温湿布、ホットパックやマイクロ波などの治療を行います。患部の血行を促進することにより、治癒や痛みの緩和を期待することができます。温湿布を使用する治療は、人により皮膚かぶれを起こすことがあり、注意が必要です。
◇3.寒冷療法
アイスパックを使用して、痛みや熱を持っている際に炎症を抑える治療法です。注意点として、凍傷を起こす恐れも考えられるため、自宅で使用する場合には冷湿布を使うようにします。痛みが軽減されたところで温湿布に切り替えて血行を良くしていきます。

上記のような四十肩・五十肩の具体的な治療法についても、動画を活用することにより、理解しやすく説明することができます。ここでは実写で解説を行うことで、どのような治療を実際に行うのかが分かりやすくなります。実写では、人物や器具などが全て実在し、治療の箇所や方法を視聴者にリアリティーを感じてもらいやすいというメリットがあります。またその場の雰囲気や臨場感を視聴者に与えることも可能であるという利点もあることから、まるで映像を見る視聴者までもその場にいるかのような空間を生み出すこともできます。

③医療情報の訴求には動画の活用が効果的

夜間時痛の緩和と寝方のコツとして、以下の方法が挙げられます。

◇枕の高さを調整
枕やバスタオルなどを使用して、肩の高さを補います。
◇痛いほうを上にして横向きに寝る
肩の関節は、身体の内側に向いているほうが楽になります。そのため、横向きに寝るのも、夜間時痛への対処法の1つです。横向きになる際には、肩が押し下げられないよう、高さを保つための抱き枕などを使用すると良いでしょう。
◇枕は高すぎず低すぎない
枕が高すぎてしまうと、首や肩周りの筋肉を引き伸ばし痛みが出てきます。反対に枕が低すぎてしまうと、首や肩周りの緊張を高めてしまうため、肩に負担がかかるようになります。枕から上半身・下半身にかけて傾斜をつけることで、首や肩への負担も緩和されていきます。

枕の高さの調節法などについても、アニメーションや実写を活用して、視聴者が理解しやすい解説を行うことが有益です。先述のようにアニメーションや実写には、多くのメリットが存在します。そのため、品質の良い動画を沢山の方に見てもらいたいケースでは、導入すべき映像技術であると言えます。動画の制作依頼は、動画制作を専門とする映像制作企業に依頼を行うようにしましょう。動画のプロである映像制作企業に依頼をすることで、高品質でイメージ通りの動画を短納期で制作してくれるはずです。

弊社では、四十肩・五十肩の緩和法に関する動画の制作依頼を承っております。四十肩・五十肩における映像制作の他にも、多種多様な動画制作のご依頼をお受け致しております。各種プロモーション映像制作や動画配信サービス、ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなど、弊社独自の映像制作技術を、低価格でご利用いただけます。動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています