唾液の力で感染予防を動画解説 | 医療映像.jp

DUMMY

唾液の力で感染予防を動画解説

唾液は、99%以上が水分から構成されており、残り1%に抗菌・免疫・消化といった重要な成分を含んでいます。口の中を潤すことだけに限らず、それらの成分が総合的に働くことで口内細菌の増殖を抑制し、さまざまな口内トラブルから人を守っています。このように唾液は、全身の健康に対し大きな影響を与えるということが言えるのです。今回は唾液がどのように作用するのかということや、ウイルスの感染予防を動画で説明することの効果などに関し解説します。

① 唾液の仕組みにアニメーションを活用

気温が低く乾燥する冬は、ウイルスの好む環境となり、感染力も強まります。ウイルスだけでなく、インフルエンザの流行にも注意が必要です。ウイルスは、目・鼻・そして口の粘膜を介して感染します。ウイルスの予防には、マスクの着用や小まめな手洗い・うがいなどが有効です。また口の中の感染予防として、一役買っているものがもう1つあります。それこそが、唾液です。唾液は、健康な成人で1日に1.0~1.5リットル分泌されます。口の中を潤し、頬や舌の内側を滑らかにし、食べ物を飲み込んだり発声したりなどの機能をサポートすることだけに限らず、歯や粘膜の表面を防御する役割も担っています。

唾液の役割や分泌量などの解説は、動画を活用して伝えることが最も効果的です。認知拡大を目指して動画を活用するケースは大変多くあります。動画は静止画と比較をしても、膨大な量の情報を、短時間で伝えられるという効果があります。視覚と聴覚から働きかけることができる動画は、視聴者へのイメージ付けを行うためにも有益です。SNSと連携することにより、拡散効果も期待できます。このようなの特徴から、動画は認知拡大のための戦略として、必須の映像技術であると言えます。

唾液の役割などの動画を作成する際にはアニメーションを導入し、分かりやすく説明することも効果的です。アニメーションを活用すると、実写では表現の困難な映像などもアニメーションでは容易に描き出すことができたり、キャラクターを使用して訴求を行うことも可能です。また、実写では口内という多少グロテスクに感じられる部位で合っても、アニメーションを活用することにより、子どもから大人まで年齢問わず誰にでも親しみを感じてもらいやすい動画を制作することができます。また、実写のように人件費や移動費・機材費などのコストカットも行えるため、有益な動画制作の為に必要不可欠な技術となっています。

② IgA(免疫グロブリンA)の特徴を3DCGで分かりやすく

一部の病原体は、唾液に含まれる免疫物質や抗菌物質の働きにより、退治することができます。中でも、IgA(免疫グロブリンA)という免疫物質は、唾液や鼻汁・涙腺といった全身の粘膜に存在し、身体の中に入ろうとするさまざまなウイルスや細菌などの侵入を防ぐことで知られています。

病原体に対する抗体には、IgG(免疫グロブリンG)であったり、IgM(免疫グロブリンM)など、多様な種類があります。いずれも、特定のウイルスや細菌だけに特異的に反応します。これに対して、IgA(免疫グロブリンA)はさまざまな種類の病原体に幅広く反応し、生体を防御しています。唾液中のIgA(免疫グロブリンA)が低下すると、上気道感染症といういわゆる風邪を引きやすくなるなど、呼吸器系の感染症にかかりやすい状態になります。IgA(免疫グロブリンA)の免疫物質の特徴は、動画を用いて理解しやすく表現し、他の免疫物質とは異なる特徴を持つことを伝えましょう。

IgA(免疫グロブリンA)を解説するために3DCGを活用することも有益です。3DCGを活用すると、360度自由に表現することが出来、対象物を動かすこともできます。また色や形を変更することも可能です。IgA(免疫グロブリンA)は実際に目で見ることは出来ません。このような場合、ミクロな視点からの3DCGで映像化することができます。カメラでは決して撮影できない現象を映像化するために欠かせないのが3DCGという技術です。また一度3DCGをつくると、何度でも使い続けることが可能になります。コストパフォーマンスという点でも3DCGの活用が最適であると言えます。

③ 効果的なアプローチに動画の活用は必須

近年、唾液とその中に含まれるIgA(免疫グロブリンA)の分泌量が、食べ物の種類によっては増加するという興味深い研究結果が報告されています。例えばある研究報告では、被験者にヨーグルトを12週間・毎朝約100gずつ食べてもらったところ、唾液の分泌量とインフルエンザA型の防御に有効なIgA(免疫グロブリンA)の唾液中濃度が、ともに増加するという研究結果が得られました。

また食べ物だけに限ることなく、ストレッチなどの軽いエクササイズや有酸素運動により、唾液中のIgA(免疫グロブリンA)量を高めることができるとされています。口の中を唾液で潤し、乾燥させることのないよう注意することは、ウイルス感染を予防するために、大変重要であると考えられています。そのため、唾液の分泌量を減少させないよう、水分をよくとり、よく噛んで食べることを心掛ける必要があります。これらを実行することで、唾液力アップを目指すことができるのです。

IgA(免疫グロブリンA)を増加させる方法についても、動画を通して分かりやすく説明することにより、感染予防への高い効果が期待できます。IgA(免疫グロブリンA)の解説には、CGを活用し丁寧に伝えることも効果的です。CGには、体内映像などの実際には撮影の困難な映像を鮮明に映像化することができたり、実写のように人や物が必要以上に映り込んでしまう状況も、全て排除した上での映像化が可能です。またアニメーション同様に、人件費や移動費・機材費などが実写と比べて不要であるため、費用を抑えて動画制作を行うことができます。

この他にも動画で、集患を行うことも可能です。病院内の待合室などで患者に動画を用いて病院のアピールをすることで、予防医療に関心の高い患者の増患促進につなげることができます。また、待合室などで流している病院オリジナルの動画をHPなどに掲載することにより、より多くの視聴者に見てもらい、アプローチをかけていくことが可能になります。動画はどのような技術よりも情報伝達力に優れています。円滑にアプローチを行うことができることからこそ、患者が来院までに至るプロセスを増やすことができ集患へとつながります。

動画の制作依頼を行う際には、映像制作を専門とする企業に依頼をしましょう。映像制作のプロフェッショナルである専門企業は、長年の実績とキャリアから動画制作の際に、大変強力なパートナーとなります。また、さまざまな相談に乗ってくれたり、リクエストを聞いてくれることもあります。視聴者の視点からの見やすさや理解しやすさなども提案してくれます。具体的な企画や構成が未定の段階でも、映像制作企業に相談に乗ってもらうことにより、問題が早期に解決する可能性も高いでしょう。

弊社では、唾液の力で感染予防に関する動画の制作を行っております。感染予防における映像制作の他、バリエーションに富んだ動画制作のご依頼を承っております。各種PR映像制作や動画配信サービス、ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなど、弊社のオリジナル映像制作技術を、低いコストでご利用いただけます。動画制作のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています