夏かぜに注意 | 医療映像.jp

DUMMY

夏かぜに注意

厳しい暑さの続く夏は、体力や水分が奪われることにより、熱中症や脱水症状などに十分注意する必要があります。また、湿度が高く気温も高いので、食べ物も傷みやすく胃腸系の病気に罹ったり、暑さで眠れずライフバランスを崩しやすい点にも気を付ける必要があります。夏に子どもがよくかかる夏かぜと呼ばれるものには、主にヘルパンギーナ・手足口病・咽頭結膜熱・流行性角結膜炎の4つがあります。今回は、子どもを夏かぜから守るための特徴や対処法を動画で紹介しま

①夏かぜの解説に小児科医のインタビュー映像を

夏に多く流行する主な病気は、エンテロウイルスとアデノウイルスというウイルスが原因で発症します。ヘルパンギーナと手足口病は、エンテロウイルス属のコクサッキーウイルスが原因となり発症します。いわゆるプール熱と呼ばれる咽頭結膜熱と流行性角結膜炎の原因は、アデノウイルスとなっています。このアデノウイルスには、約50種類のタイプがあり、咽頭結膜熱になるものもあれば眼が赤くなって目ヤニが出るだけのタイプ・さらには胃腸症状として現れるタイプもあります。

アデノウイルスは感染力が強く、接触感染で容易に人から人に伝染します。飛沫や接触などにより、人から人に伝染し、どの疾患も特徴的な症状が現れます。しかし、命に関わることはほとんどありません。夏かぜは主に、子どもが罹る病気です。そのため、説明には理解しやすいよう動画を活用することが効果的です。動画内には小児科医のインタビュー映像を導入して原因を解説することで、信頼感が増します。

小児科医のインタビュー映像で信頼感が増す理由としては、1つ目に子どもが罹りやすい病であるということと、2つ目に子どもを対象に話すことが多い小児科専門の医師のインタビュー映像を入れることで、子どもにも子どもの家族にも納得してもらいやすくなるためです。その病気の症例を数多く診察してきている専門の医師のインタビュー映像は、子どもやその家族にとって信頼に値するものです。そのため小児科医のインタビュー映像を導入する事により、信頼感や安心感を持ってもらうことができます。

またさらに分かりやすいよう、動画内にCGを挿入することも効果的です。夏かぜにかかる割合が子供に多いことを示すグラフや感染する経路をCGで表現し、CGには目立たせたいポイントに絞って伝えられるという効果があります。CG映像は美しいことから、挿入効果は大きいと言えるでしょう。そのためCGは、病院や薬局などで多くの視聴者の目を引くのに相応しいツールであると言えます。これは、動画をオンラインで視聴する視聴者に対しても、言えることです。

②実写映像でアプローチする4つの病

夏かぜには、以下4つの病名があります。どのようなウイルスが原因で発症するのか、以下順に説明します。
◇1.手足口病
口の中・手・足を中心に水ぶくれを伴う発しんができる急性のウイルスの感染症のことをいいます。他に、38℃以下の発熱や食欲不振・喉の痛みなどが見られますが、一般的には軽症で、3日から7日で治まります。重症化は稀ですが、合併症として急性脳炎や心筋炎があります。主な感染経路は、咳やくしゃみなどによる飛沫感染・経口・接触感染となっています。
◇2.咽頭結膜熱(プール熱)
プールでの感染があることから、プール熱とも呼ばれます。39℃から40℃の高熱や喉の痛み、充血や眼痛・目ヤニなどの目の症状等急性のウイルス感染症のことです。この他、リンパ節が腫れることもあり、症状は1週間ほど続きます。稀に、重症肺炎を合併することがあります。主な感染経路は、タオルや物に触れた手を介した経口や接触感染・咳やくしゃみによる飛沫感染です。
◇3.ヘルパンギーナ
38℃を超える突然の発熱の後、喉の奥に水ぶくれが出来、水ぶくれが破れて痛みも伴うウイルス性の疾患のことをいいます。その後2日から4日で解熱し、7日ほどで治ります。合併症として、熱に伴う熱性けいれんと、稀に髄膜炎や心筋炎が生じることがあります。主な感染経路は、咳やくしゃみによる飛沫感染や経口・接触感染となっています。
◇4.流行性角結膜炎
俗に、はやり目と呼ばれる流行性角結膜炎は、アデノウイルスに感染することによる角結膜炎の一種のことです。子どもだけでなく大人も感染する病であり、1週間から2週間の潜伏期間を経て、片眼のみに発症しても両眼に広がることが多くあります。流行性角結膜炎は夏に拡大傾向にあり、小児から成人まで幅広い年齢層に発症します。
特に小児にやや多く見られ、症状は目の痛みや痒み・結膜の浮腫や充血・眼瞼の浮腫が強く、それに伴い涙や目やにも出ます。目に違和感が出たり、耳の前のリンパ節が腫れることもあります。2週間から3週間ほどで、自然に治ります。主な感染経路は、手指やタオルなどの物品を介した接触感染です。

夏かぜといわれている上記4つの病気の症状は、動画で伝えることが有益です。実写映像で説明することにより、保護者が夏かぜの症状に気づきやすいでしょう。実写映像を用いることにより親近感や臨場感が出てきます。そのため、病院や薬局にいる患者やオンラインの視聴者に説得力のある演出できます。また、感染経路なども紹介することで、夏かぜになるウイルスを予防する対策を行えます。

③アニメーションで分かりやすい夏かぜの対処法

夏かぜの主な対処法は、以下になります。
◇手洗い・うがいをきちんとし、乳児の世話をされる方は、特に石鹸で手をよく洗うようにする。
◇他人とのタオルの共有をせず、洗濯物は日光でよく乾かすようにする。
◇咽頭結膜熱(プール熱)は、プールからあがりシャワーを浴び、目を洗ってうがいを行う。
◇流行性角結膜炎は、患者が目ヤニや涙を拭きとる場合に、ティッシュペーパーや清浄綿を使用して目に直接手が触れないよう注意する。

夏かぜに特効薬はないため、治療法は症状に対する対症療法が中心となります。例えば喉の痛みで食欲のなくなったときには、食べられるものを少しずつ食べるようにします。また、喉にしみる酸味の強い食べ物や熱い食べ物は避けるようにします。脱水症状の予防には、こまめに水分や塩分をとるようにし、流行性角結膜炎には二次感染予防として、抗菌薬の点眼薬を使用する場合があります。

炎症がさらに拡大したり、濁りの見られるケースでは、ステロイド点眼剤を点眼する場合もあります。患者により症状に合わせた対症療法が行われます。夏かぜの対処法や治療法における解説にも、動画を活用することが最適です。動画にはアニメーションを取り入れることで、大人から子どもまで幅広く理解してもらえる動画になります。アニメーションは表現を柔らかくできる上に、誰にでも親しみを感じてもらいやすいという特徴があります。

夏かぜにおける動画制作は、映像制作を専門とする企業に依頼を行うようにしましょう。豊富な実績から理想とする動画制作を叶えてくれます。さまざまな映像制作企業がある中で、近年は高品質な動画を、低価格で制作してくれる企業も登場しています。動画制作を検討される際には映像制作会社への依頼も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。個人制作では難しいCGやアニメーション、理解しやすい構成などをヒアリングをもとにご提案することができます。

弊社では、夏かぜの注意喚起に関する動画の制作を承っております。夏かぜの注意喚起動画の制作の他に、業界・業種を問うことなく、幅広い映像制作を展開しております。各種PR動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなどを、リーズナブルな価格でご利用いただけます。唯一無二の弊社独自の映像技術を、この機会にご利用されてみませんか?動画制作のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています