医療業界もインタラクティブ動画を | 医療映像.jp

DUMMY

医療業界もインタラクティブ動画を

医療業界で動画を取り入れることは、既に多くの病院や薬局などで浸透している事実です。その上で近年は、インタラクティブ動画も注目を集めています。インタラクティブ動画とは、動画内でクリック・タップといったアクションを起こすことのできる動画のことをいいます。従来型の動画であれば、配信側が流す動画に対し、視聴者は受け身での視聴を行っていましたが、現在需要の高いインタラクティブ動画では、より積極的に視聴することができるようになっています。今回は、医療業界にインタラクティブ動画を活用するメリットや効果について、分かりやすく解説します。

① インタラクティブ動画の活用事例で導入を促進

インタラクティブ動画は、最近医療界で活用されることが大幅に増えています。その背景には、インタラクティブ動画を活用すると、視聴時間が伸びることや、動画への接触回数の増加が挙げられます。ユーザーとのつながりの強さを示す指標であるエンゲージメントを向上させる効果に注目する企業が多いことを示唆しています。では、具体的には、どのようなインタラクティブ動画を導入すれば良いのでしょうか?ここで、実際にインタラクティブ動画を効果的に活用した事例をご紹介します。

◇病院の特徴・雰囲気、医師や設備などの院内紹介にインタラクティブ動画を活用。
インタラクティブ動画を活用したことにより、クリック・タッチパネルなどをタップしてすぐに診療科や病院内部の紹介へ進めるようになり、診療科に関しては医師の各プロフィールをタップして見れるようになった。さらにどういう医療機器や設備が整っているのかについても、その詳細を複数の動画の中から選べるようになった。これにより、患者(ユーザー)が本当に知りたい情報をどんどんタップして、スムーズに閲覧可能となった。

上記事例のように、インタラクティブ動画を活用すると、さまざまなプラスの効果が生まれるということが分かります。また患者の待ち時間を無駄にせず、治療への理解を深めてもらうために、インタラクティブ動画を効果的に活用することも有益です。受ける必要のある治療効果の紹介や、どのようなプロセスを経て何を使用するのかなど、患者が知りたいことをタップして選ぶことで優先して見られるという効果など、インタラクティブ動画活用の用途は多岐にわたります。

この他にも、医師や看護師等医療従事者に向けた作業プロセスにインタラクティブ動画を活用した事例もあります。施術の手順や必要なものを、インタラクティブ動画で説明したり、復習(確認)教材としてタップで答えを選択できる問題集を作成したりと、施術内容を疑似体験することができるのも、インタラクティブ動画の魅力です。また研修などのプロセスのおさらいとしての活用も相応しいでしょう。

②インタラクティブ動画の活用メリットを映像で紹介

実際にインタラクティブ動画を活用することで得られるメリットとして、以下の3つが該当します。インタラクティブ動画のメリットを、映像で紹介することも有益です。映像で紹介する際には、メリットだけでなく、インタラクティブ動画を活用する注意点に触れたり、専門技術が必要となることにも言及する必要があります。

◇1.インパクトのある映像を提供できる
動画を自由に選択することのできるインタラクティブ動画は、ユーザーに対し映像イメージを記憶しやすくすることができます。また、視聴者が自由に選択可能な動画を、興味深く注視するユーザーも多いはずです。SNSを利用して広めることにより、さらに多くの方に知ってもらえるという点において、ブランディング効果や認知度の向上を狙うこともできます。

◇2.インタラクティブ動画の改善に寄与
どういう選択や操作が多く、どのような経路でコンバージョンに結び付くのかなどの視聴動向のデータ分析をすることがインタラクティブ動画でもできるようになります。また、PDCA(「Plan=計画」「Do=実行」「Check=評価」「Action=改善」)を回しやすくなるというのも、この動画を活用するメリットになります。

◇3.エンゲージメントの向上
インタラクティブ動画に対してユーザーが興味のあることには、操作後にどのような内容が展開していくのか?ということが挙げられます。先の内容を興味深く視聴するため、視聴時間は増加します。これにより、動画のエンゲージメントが向上する結果となります。また動画の配信元は、操作後の最終目標を明確にしているため、病院や薬局・医療機器などの訴求を効果的に行うことで、目標へのエンゲージメントも向上されます。

③インタラクティブ動画における注意点も映像で分かりやすく

インタラクティブ動画には、従来までの動画制作とは異なり、ストーリーが複雑になりやすいという注意点もあります。最終的な目的を達成するためにも、視聴者の目線に沿った高度なシナリオの制作が要求され、従来型の動画とインタラクティブ動画の明確な違いには、ユーザーがタップできるか否かというポイントがあります。もちろん動画ストーリ上のタップを行うタイミングも大切ではあるけれども、物理的にタップが可能であるという認識があるか否か・タップしやすいかなどの点にも気を付けて制作をする必要があるのです。

インタラクティブ動画を多くの方に理解してもらうためには、映像を用いて伝える必要があるのです。映像は実写やアニメーション・CGなどさまざまな表現が可能であるので、誰にでも分かりやすい映像制作を実現できます。

④インタラクティブ動画に求められる要素とは?

インタラクティブ動画は、従来型の映像制作とは異なり、視聴者がストーリーを選択することができるため、動画制作が複雑になりやすい傾向にあります。最終的な課題の解決や目標への到達には、マーケティング目線でのシナリオの制作が必要になってくるのです。具体的なシナリオ制作には、ノウハウや活用法などが該当します。またインタラクティブ動画のケースでは、双方向性を叶えるためのプラットフォームも必要になります。以上の内容をまとめると、以下3つの要素が必須であることが見えてきます。

◇1.複数のシナリオ制作
◇2.マーケティング目線からのノウハウや活用法
◇3.インタラクティブ動画のためのプラットフォームの導入

上記3つの要素組み込んだインタラクティブ動画制作を実践するためには、映像制作会社への依頼を行う必要があります。インタラクティブ動画場合、選択肢の数だけ動画の本数が増え、テクニックと時間を要することになります。実績のある映像制作会社やヒアリングを通して構成(シナリオ)を作成してくれる映像会社など様々なタイプの企業があり、目的にあった映像制作会社を選ぶのが良いでしょう。

弊社では、医療業界のインタラクティブ動画の訴求に関する映像制作を行っております。医療業界のインタラクティブ動画の訴求映像制作の他、業界・業種問わず、さまざまな映像制作を致しております。各種プロモーション動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなどを、低価格でご利用いただけます。世界に1つの、最先端の映像技術。動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています