「秋バテ注意」をデジタルサイネージ動画で | 医療映像.jp

DUMMY

「秋バテ注意」をデジタルサイネージ動画で

「秋バテ」という言葉を目にする機会も増えてきたのではないでしょうか。秋バテとは、夏場の生活習慣から、食欲不振になったり、自律神経が乱れたり、何となく倦怠感が秋になっても続くことをいいます。夏場は公共の場でエアコンが使用されており、外出の多い方は、急激な気温差で自律神経に支障をきたし、体調不良へと繋がる場合も実例として多くあります。今回は、食事や運動、睡眠などから秋バテを防ぎ、体調を整える方法をデジタルサイネージ動画で説明することのメリットについて、詳しい解説を行います。

①デジタルサイネージ動画で見せる秋バテ原因とその対策

秋バテの原因として、血行不良になることや、自律神経の乱れなどが挙げられます。食事面で見てみると、例えば、夏場に冷えた食べ物ばかり口にすることは、結果として胃腸に大きな負担がかかるようになります。そこから引き起こされる消化機能の低下もまた、秋バテの要因となります。このような食生活を続け、それに慣れることで倦怠感を覚えるだけでなく、食欲も低下していくことになります。また、肩こりや腰痛を訴える患者も、少なくありません。倦怠感や肩こり、腰痛などが慢性的に続く場合には、医師の診察を受けるようにしましょう。

食事だけでなく、入浴に関しても注意が必要です。シャワーだけでは疲労回復効果として不十分であるので、38℃~40℃の温度で湯船に浸かる習慣をつけるようにすることも大切です。そうすることによって、副交感神経が有利に働き、質の良い睡眠をとることにも繋がります。就寝前には腹式呼吸をしたり、マッサージをしたりすることも効果的です。就寝時には、暑さの和らいでくる秋ですので、出来れば冷房を使わずに、後頭部や首に保冷剤などを使用して冷やすことで、寝苦しさをカバーしてくれます。また朝方にはかなり涼しくなることもありますので、長袖の着用や、予め毛布を足側に準備しておくと便利でしょう。

この他にも、30分ほどのウォーキングをしたり、軽い運動を日々行うようにしたりすると、自律神経の機能が回復しやすくなりますし、その日の気温で服装を上手に変化させることも、秋バテ対策として有効です。生活習慣だけでなくおしゃれ(羽織ものを忘れずになど)をすることにより体調を整えることができるなど、多角的に秋バテ解消方法を動画で紹介することも有益です。秋バテの原因と対策に関する説明を効果的に行いたいときには、待合室などに設置したデジタルサイネージ動画の活用が最適です。デジタルサイネージとは、デジタル技術映像表示装置、ディスプレイやプロジェクターなどで映像を表示する広告メディアのことをいいます。デジタルサイネージ動画を活用すると、大きなメリットを享受することができます。

②デジタルサイネージで享受可能なメリット

◇1.患者の目を引きやすい
デジタルサイネージの特に大きなメリットとして、患者の目を引きやすいという特徴のある広告メディアだということです。視覚と聴覚から働きかけるデジタルサイネージは、患者だけでなく付き添いの家族であったり、クリニックを訪れる多くの人の目を引くツールでもあります。発色の良いディスプレイを使用しているため、一目見て美しいと感じさせる効果もあります。人がディスプレイを見たときに、美しいと感じるものには特に注目しやすいことや、デジタルサイネージで動きのある広告を送出することができることから、さまざまな表現法で訴求することが可能です。クリニックで積極的にアピールしたい情報や商品なども、デジタルサイネージを使用することで、健康情報もさらに分かりやすく伝えることができるのです。
◇2.情報や時間に合わせて変更可能
クリニック内にデジタルサイネージを活用するケースでは、クリニックに関するさまざまな情報を、時間ごとに変更することもできます。今この瞬間に必要とされる情報を伝えたり、また別の情報に変更を行うことも容易に可能です。時間帯の他に、晴天時や雨天時などの天気に合わせて情報を更新することも可能です。クリニックからの最新のお知らせなども、即座に対応できるデジタルサイネージは、クリニック側にとっても多大な利益を生む可能性の高い広告媒体となっています。
◇3.広がる設置場所の選択肢
デジタルサイネージ動画を活用するためには、設置スペースが必要です。最近は薄型のものや壁掛けのものなど、空いているスペースを有効に活用できるデジタルサイネージが登場しています。大きさも様々です。そうした選択肢が広がっていることもデジタルサイネージの魅力です。また紙面のメディアとは異なり、何種類もの情報を表示可能なため、置き場に悩むこともありません。このような理由より、クリニックのスペースを最大限活用し情報発信することができると言えるでしょう。
デジタルサイネージがどのようなものであるのかということは、実際にデジタルサイネージ動画を取り入れているクリニックでなければ理解しづらいところもあるのではないでしょうか。デジタルサイネージのメリットを知ることで、実際に導入をしてみるということも、1つの良い選択肢です。秋バテに関する注意喚起は、デジタルサイネージ動画を活用することによって、多くの患者やその家族に見てもらうことが出来、クリニックの信用やさらなるイメージアップを狙うことも可能であるため有益です。

③クリニックの待合室にデジタルサイネージ動画を導入

秋は、冬への準備期間であり、体調管理を徹底することにより、体調不良を防ぐことができます。食事・室温調節・入浴・運動・睡眠など日ごろの体調管理の重要性に関する動画を、クリニックの待合室で自然と目に入るよう、デジタルサイネージ動画として流すことによって、患者に注意喚起を行うことができます。デジタルサイネージに相応しい内容として、秋バテ注意の他、健康情報を流すことで早期段階から自主的に体調管理に気を遣う患者が増加し、健康診断などを希望する患者も増える可能性も高まるでしょう。

秋バテの注意喚起に関するPRは、デジタルサイネージ動画を活用してアプローチすることが最も効果的です。デジタルサイネージ動画はクリニックの待合室に限らず、エントランスやエレベーター付近などにクリニックの受付情報などと共に健康に関する情報を表示することも出来、大変利便性に優れています。デジタルサイネージ動画を導入する場合には、動画制作を専門とする映像制作企業に依頼をするようにしましょう。プロフェッショナルの制作するデジタルサイネージ動画は、入念に構成されたプロセスのもと、想像を超える映像美とともに希望の納期で納品をしてくれます。

弊社では、秋バテの注意喚起に関するデジタルサイネージ動画制作のご依頼を承っております。また、動画配信サービスや映像コンサルティング、ドローン撮影業務やレンタルスタジオの運営業務など、多岐に渡る事業展開も致しております。ハイレベルで美しい弊社独自の映像技術を、ご利用なさってみては如何でしょうか。秋バテの注意喚起に関するデジタルサイネージ動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています