動画で解説「季節性うつ」 | 医療映像.jp

DUMMY

動画で解説「季節性うつ」

季節性うつは、精神科医のローゼンタールなどによって1984年に初めて報告された精神疾患のことをいいます。秋から冬にかけてうつ症状があらわれ、春先の3月頃になると改善傾向になるパターンを繰り返す症状であり、発症時期に季節性があることが特徴として挙げられます。忙しく働く現代人にとって、季節性うつは決して珍しい症状ではなく、ごく身近に存在する疾患でもあるのです。今回は、季節性うつに関して動画で説明することのメリットについて、詳しくお話を行っていきます。

① 季節性うつの主な症状とは?

冬になると何となく気持ちが落ち込み、あらゆる物事に対しやる気が起きないという人も多く存在します。これは季節性情動障害や季節性感情障害といわれ、ウインター・ブルーや冬季うつ・季節性うつなどと呼ばれる症状のことをいいます。これは気のせいなどというものではなく、体内に起こる明らかな不調であり、抑うつ状態や双極性障害などと類似する点が多いことが特徴としてあります。冬季うつの主な症状として、以下のような症状が挙げられます。
◇疲労を感じやすくなる
◇落ち込みやすくなる
◇集中力の低下
◇イライラの増加
◇物事を億劫に感じ始める
◇生活の中に楽しみを見出しづらくなる
冬季うつの特徴には、上記のような症状の他にも、過食や過眠・体重の増加などがあります。過食や過眠は、ストレスなどが一因となることも、少なくありません。また体重の増加は、過食や過眠を続けた結果であることが分かります。これらのデリケートな症状の解説には、口頭での説明では難しい側面があります。それでは、どのように伝えることが必要なのでしょうか。

一般的な冬季うつと抑うつの症状を分かりやすく説明するには、動画の活用が欠かせません。動画は、短時間で多くの情報を伝えられるため、冬季うつのような細やかでデリケートな内容の説明に最適です。テロップやナレーションを挿入し、効果的なアプローチを行うことが重要です。動画制作依頼には、映像制作会社への依頼が最もおすすめできます。数多くの実績と経験をもつ映像制作会社に協力をしてもらうことにより、満足できる動画制作を実現することができます。

②実写の他アニメーションや3DCGも効果的

冬は健康な人でさえ、セロトニンの分泌量は減少します。このセロトニンは、幸せホルモンなどといわれることがあり、人間の多幸感に大きく関与するとされています。睡眠ホルモンとして知られるメラトニンの原料であるセロトニンは、日照時間が短くなることによって、体内時計を司るメラトニン分泌のタイミングが遅くなります。その結果、抑うつを引き起こしやすい傾向となるのです。

この他、冬になると布団から出られずに長時間眠ってしまったり、寒い時期に炭水化物や甘いものが食べたくなることがあります。これらは寒さのせいであると思われがちですが、実際にはこれらも日照時間の短さが影響しているのです。このような変化に敏感な人は、普通の人以上に季節性うつに陥りやすい特性があります。また冬季うつは、北欧などの冬に日照時間の極端に短くなる高緯度地域に多いとされていますが、実は日本国内においても北国などの寒い地域で、数多く発症しています。

冬季うつならではの症状や原因も、動画を活用して伝えることが有益です。動画には実写やアニメーションを導入することで、より丁寧で誰もが理解しやすい動画に仕上げることができます。またホルモンバランスに関する説明には、3DCGを積極的に活用しましょう。3DCGは、縦・横・奥行きの3方向空間の中で物体を作成し、目立たせたい部分を光るように表現したり、モーションを使いを動かしたり、光の生成から陰影をつけることも可能です。日照時間との関係性についても、アニメーションを活用することにより、親しみを感じさせながら分かりやすく伝えられます。

先述のように、動画の制作依頼には、映像制作会社に依頼を行うことが最適です。映像制作会社に依頼を行うと、企画のプロセスから親身になって相談に乗ってくれます。またスピーディーな納期にも出来る限り対応してくれることも多く、大変効率的に時間を使うことができます。映像制作会社によっては、ローコストで納品まで行ってくれる良心的な会社もあります。このようなことから、映像制作会社に依頼を行うことのメリットは大きいと言えるわけです。

③季節性うつの予防対策に動画の力を

季節性うつの対策として、以下の点に気を付ける必要があります。

◇光療法(なるべく日光に当たる)
季節性うつの原因として、日照時間の短期化による日光浴時間の減少が該当します。これによる季節性うつの予防対策として、日光に当たる時間を意図的に増加させる工夫をすることの他、自宅や職場内を出来る限り明るくすることでも効果があります。

◇栄養バランスの良い食事
寒い時期には炭水化物や甘いものを欲したくなりますが、肉や魚・大豆などのタンパク質を意識して摂取するよう心掛けましょう。タンパク質には、セロトニンの生成に必要とされる必須アミノ酸の一つであるトリプトファンが多く含まれており、ビタミンやミネラル等の栄養素も十分に摂取することが大切です。

◇安定的な睡眠スケジュール
体内時計の乱れは、季節性うつに深く関係してくるものです。日照時間の短くなる冬は、時差ぼけに近い状態となります。そのため、できるだけ就寝時間や起床時間を定め、リズムの良い生活を送る事が重要です。

また近年、セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)というサプリメントが季節性うつにも作用するのではないかとの見方もありますが、厚生労働省の【「統合医療」に係る 情報発信等推進事業】によると、季節性情動障害に対し、以下のような記述があります。
「ごく一部の研究は、セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)がSADの症状を多少改善するかもしれないと示唆しています。しかし、セントジョーンズワートの摂取には関連リスクがあります。例えば、セントジョーンズワートは抗うつ剤、避妊薬、シクロスポリン、ジゴキシン、インジナビル、イリノテカン、抗凝固剤など、多くの薬剤の効果を弱める可能性があります。特定の抗うつ剤やその他の薬とセントジョーンズワートを一緒に摂取すると、セロトニンに影響してセロトニン関連の副作用の増加につながり、重篤化する恐れがあります。」(季節性情動障害に対する補完療法について知っておくべき6つのこと)
季節性うつの症状が長引いたりする場合には医療機関の診察を受けましょう。

季節性うつにおける対処、予防方法も、動画を使って理解しやすいものにすることが重要です。動画は、イメージ付けを容易に行うことができるだけでなく、人の目を引きやすいという特長があります。そのため対処、予防法などを覚えやすくなります。動画制作は季節性うつのアピールに相応しいと言うことができます。動画制作は、映像制作会社に依頼を行うことが必要です。分かりやすく美しい映像を、リーズナブルな価格で提供してくれます。

弊社では、季節性うつに関する映像制作のご依頼を承っております。季節性うつにおける動画のほか、多岐にわたる医療に関する映像制作を行っております。PR動画制作や映像配信サービス・ドローン撮影や動画コンサルティングなど、映像制作企業の中でもトップレベルの独自映像技術を、低価格でご利用いただけます。動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています