医療系採用プロモーション動画の効果を解明 | 医療映像.jp

DUMMY

医療系採用プロモーション動画の効果を解明

医療界では、採用プロモーションが大変重要な意義を持っています。特に、動画を活用したプロモーションにおいて、情報量や拡散力に優れていることから、採用マーケティングのための手段として導入されています。今回は、採用プロモーション動画をどのような内容で説明すれば良いのかということや、医療系採用プロモーション動画から得られる効果などに関して、詳しいお話をしていきます。

① 医療界のあらゆる場面で動画が活用される背景

医療界では、基本的に動画が活躍するシチュエーションが非常に多く存在します。待合室やロビー、診察室にも動画を放送するためのモニターが設置されていることは、決して珍しいことではありません。その背景には、文字のみや静止画だけでなく、動画にして伝えるほうが素早く理解され、マーケティングに相応しいからであるという理由があります。勿論、採用活動を行うときにも、大いに活用されています。この他、学会でのプレゼンテーションでも使用されており、医療界において動画は伝わりやすさ、理解しやすさという点で、実にさまざまな場面で活用されているのです。

医療で動画を取り入れることのメリットとして、まず何よりも分かりやすく伝えることができるという点が挙げられます。医療について口頭説明のみで、その病院の全てを理解してもらうことは容易ではありません。また、きちんと分かっていないという事実が、求職者の負担となる可能性もあり得ます。こうしたときにこそ、動画を活用することによって、より理解してもらいやすくなり、求職者に不安を与えることもないというわけです。

また求職者は、自らの状況から緊張感を持ちながら就職活動を行っているため、希望とする病院をさらに詳しく知りたいという思いは、常に胸の中にあるものです。そうした際に、病院のパンフレットだけでは、どうしても実際の雰囲気までは掴みづらいところがあります。そのようなときにも、病院を紹介するプロモーション動画を配信することが効果的です。

病院の紹介動画には、アニメーション動画を導入することも有効です。アニメーション動画を取り入れると、伝えたい内容に絞って説明することができます。プロモーション動画を見る求職者に向け、病院の日常や空気感をリアリティー溢れる映像で発信することができます。この他、面接前に指定の動画を閲覧してもらうことにより、内容によっては求職者の緊張を和らげることができたり、他の病院との差別化を図ることも可能です。

②採用プロモーションに動画を導入する際のポイントとは?

病院の採用プロモーション動画と言っても、構成は病院により全く異なるため、その病院が一体どのような病院であるのか?ということや、求職者にどういうことを伝えたいのかということが、明確に示されるものとなります。そのため、ただ動画を制作することだけに限らず、その中で何をどのように伝えたいのか?ということを定め、求職者に理解してもらうためにベストな表現を心掛けながら検討をしていくと、最適な採用プロモーション動画を作り上げることができるでしょう。

採用プロモーション動画の具体的な内容として、病院の概要から歴史の紹介をしたり、経営理念や経営方針、サービス提供体制や勤務体制、働き方の種類などについての解説をすることが一般的です。病院では、どのような診療科目があって、どのように配属されるのかということは、丁寧に説明をする必要があるでしょう。また、病院経営者や医師、あるいはスタッフによる動画の積極的な発信も、求職者としては入職後の直接的なイメージに繋がるため、有益です。

動画の具体例でいうと、新人看護師の1年間の教育における解説においては、新人育成プログラムの説明から講義、実際の実技研修の様子を映し出すことも適切です。新人看護師支援システムを導入する病院は、その詳細や年間イベントの説明、その後のキャリアアップ等の内容を含む動画も相応しいでしょう。研究施設のある病院では、研究内容や開発実績、教育体制などを紹介することも効果的です。

採用プロモーション動画を活用するメリットとして、採用活動で人事担当者に発生する手間を大幅に減らすことができるという利点があります。採用活動では、病院の情報や詳しい説明を、就職説明会などで繰り返し伝えるプロセスを踏む病院もあるかもしれませんが、これからの採用活動では、動画を活用した採用活動を取り入れることによって、人事担当者の手間を大きく削減させることができます。それだけではなく動画を取り入れることにより、パンフレット等の紙媒体を削減したり、採用動画を再編集して病院紹介動画にすることもでき、そのような側面からも動画は巨大な効果を発揮するでしょう。

③求職者に響く採用プロモーション動画にするため

採用プロモーション動画を制作するときには、安心感に拘って制作をすることが大切です。常に緊張感をもって就職活動を行う求職者のため、構成や演出、動画の空気感を大事にする必要があります。また、動画を閲覧する環境次第では、音声を流さず見るという状況も考えられますので、そうしたことも含めて制作依頼をする際には、テロップを有効活用する方向で制作をしてもらうようにします。

医療系の就職活動を行う求職者の中には、病院に対し厳格な印象を持っていたり、あるいは自分に合わないかもしれないと、エントリーする前に諦めてしまう求職者もいないとは言い切れません。採用におけるプロモーション動画を制作するときには、親しみやすく、信用できるイメージを与えられるよう、また、求職者に伝えたいことを明確にしてから、動画制作を依頼する企業と綿密に相談をすることが必須でしょう。

短い時間で効率的かつ効果的に病院の紹介ができる動画の力は、多くの求職者に向けて正しい情報をスピーディーに伝えられるという点にあります。採用プロモーション動画の果たす役割は大きく、動画を活用したマーケティングは、人材を確保することにも寄与し、企業のイメージアップにも貢献します。動画を制作する際には、コンプライアンスやガイドラインという点において気を付けなければなりません。

医療系採用プロモーション動画の制作を検討する際には、映像制作企業に依頼を行うことが効率的です。映像制作企業は、まさに動画の専門家でありますので、相談から納品までの全ての工程を、スムーズに進めてくれます。また、どのような映像制作企業に依頼をするのか?ということも重要です。その企業独自の技術を保有していたり、コストの面でも相談にのって制作をしてくれる企業であれば、安心して任せることができます。

弊社では、医療系採用プロモーション動画の制作を致しております。医療系採用プロモーション動画の制作から映像配信サービス、動画コンサルティングなど、弊社オリジナル映像技術を、低価格でご利用いただけます。また、ドローン撮影業務やレンタルスタジオ運営事業も行っております。医療系採用プロモーション動画の制作のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています